記者が取材と称して選挙応援する是非について


まずはこちらの写真をみてほしい。


スポンサーリンク

取材と称した選挙応援では?

この写真は青森県知事選に立候補した“大竹進候補”の応援に訪れた“福島瑞穂参議院議員”と記者としての“おしどり”の二人。

背後の暗雲が凄すぎる!と一部で話題になっていましたが、私が疑問に思ったのは“おしどり”って記者として「取材」に訪れてんだよね?ってこと。
『おしどり』の二人は、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の夫婦漫才コンビ。福島原発事故に伴う東電会見に記者として出席し、取材は芸人としての活動の一環ではなく、実際に記者として活動し、報じる側の人間であり、社団法人・自由報道協会の理事を務めている。
記者である二人が特定候補とこんな写真を撮って、それを参議院議員が選挙期間中にツイッターにアップする。新聞社やテレビ局の記者が選挙期間中にコレやったらそこそこの騒ぎになるでしょう。
自分たちはフリー記者だから?芸人だから?

メディアと政治家の適切な距離

個人的には大手メディアでも、支持政党を表明してもいいと思います。
選挙期間中の不自然な公平報道も気持ちが悪い。公平の名のもとに問題点が浮き彫りにならず候補者の主張が見えにくくなっている。
とはいえ、大手新聞社やメディアの幹部が、頻繁に首相と会食したりするのは好ましいとは言えず、論評が左右されているのではないかと疑ってしまう。

大手メディアと政権の関係は度々批判されるが、今回のようなフリー記者と政治家の関係も同様なのでは?
これが自民党候補と大手新聞社記者との写真で、それが選挙期間中にアップされていたら?一斉に大バッシング受けるんじゃないかと。
結局、一部のフリーランスメディアは異常なまでの山本太郎推しを行っており、この“おしどりマコケン”さんもガッツリとそちらに寄っているのだから、もう大手メディアの批判はできない。
いっそのこと、それぞれが支持政党や政治色を明らかにして報道しあえば良いんじゃないかと思った次第です。

【引用方法】

引用は半分程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、差別的なコメントを集める目的での引用禁止、動画での転載お断り

上記範囲外での利用料金

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。


KSL公式番組!時事問題・ニュース
通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス KSL-Live!ふわっち

仏僧また増田に釣られ、無宗教と信仰心について書いてみた

電車内でのタブレットと包丁どっちが迷惑なのか問題

KSL公式番組!時事問題・ニュース

通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス
KSL-Live!ふわっち



最近の記事

  1. 朝日新聞「運動部のみんな、熱中症「もうダメだ」の勇気を」津田大介「夏の甲子園は朝日の主催やんか」
  2. 安倍のライバルw黒川敦彦「選挙運動に関わる会計帳簿」を記載していない模様!現在、必死に誤魔化し中
  3. 立憲民主党支部長「5日夜はパーリィのダブルヘッダー」真山勇一「災害時、野党に権限はないのでOK」
  4. 災害デマ「自衛隊が支援物資をコンビニに輸送し販売された」深刻な食糧・水不足は避難所以外で起きている
  5. 最悪の取材方法!田中龍作が被災地住民を装って避難所に潜入、訪問の安倍首相を待ち伏せして直撃する
  6. 共産・宮本岳志が謝罪「オウム事件の犠牲者数と豪雨災害の犠牲者数を並べ論じたのは極めて不適切な誤り」
  7. 【迷惑行為】BuzzFeedが災害対応中の倉敷市に「ネットの話題」について取材、解答を求める
  8. 国民民主・大島九州男が災害デマに「その通り」ラサール石井は拡散協力、きっこはデマをパクツイして便乗
  9. 検証!災害デマ拡散「安倍首相が来るから風呂とクーラーが設置された、被害の少ない地域の避難所なのに」
  10. スクープ写真!蓮舫がタバコ片手に「やっぱり私、台湾人だから」もうひとつの雑誌インタビューが見つかる

人気記事






▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP