電車内でのタブレットと包丁どっちが迷惑なのか問題


LINEで送る
Pocket

老害: 子ども世代は逃れられない
写真:老害: 子ども世代は逃れられない

スマホやタブレットへの偏見はここまできたか。

タブレット端末めぐり口論 電車内に包丁男-ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/10212489/

電車内でタブレット端末操作してどんな迷惑がかかるというのだ。
包丁振り回して電車を緊急停止させ、乗客が線路へ逃げ惑うような事件を起こすほどタブレット端末が憎いんかい。

スポンサーリンク

実害無きマナー違反

自分が苦労したことは、後世の奴にも同じ苦労をさせたがる。

「わしらの時はタブレットもスマホも無かった」

で?なに?
便利なものを使ってなにが悪いの?

自分が味わった苦しみを後輩にも味あわせたいという感覚って、体育会系のシゴキやイジメの根源だと思うんですよ。
自分が先輩に殴られたから、自分も後輩を殴る。
この連鎖でしょう。

体育会系のシゴキなんかも、科学的には効果ないとされるような苦痛でしかない伝統的トレーニングだとか、部の儀式だとか。
この老人も、スマホやタブレットが何かも知らない、どんな弊害があるかも知らず、ただマスコミが垂れ流す「マナー違反」とやらに踊らされ、いざ注意したものの何が悪いかを説明できず困った挙句に包丁振り回す。

それもこれも左翼が悪い

実害無きマナー違反を叫ぶ人間の行き着く果ては暴力ですな。
左翼とかも、とにかく何でも反対反対!
論理破綻してくると、
「国会議事堂を包囲だ」
「スクラムを組んで阻止せよ!」
とか言い出して暴力的な行動になっていきます。
ひどい時にはヘルメット被ってゲバ棒振り回して警官を撲殺したり、内部で粛清とかしだすから怖い怖い。

そのくせ能天気な平和を語る左翼が今回の事件を起こした。
と、いうことにしておこう。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

取材・調査費支援のお願い

スポンサーリンク

記者が取材と称して選挙応援する是非について

韓国人天才少女?全部捏造と判明、国策か?ただの嘘つき家族?

関連記事

  1. LINEで欠勤届

    LINEで欠勤届はマナー違反?ダメと伝えとくのもマナーだよ。

    LINEで欠勤届はアリか?が話題になっているようです。Yahoo!ニュースではものすごいコメ…

  2. だんだん占いババに似てきた浜矩子の大予言2016!

    似てますね・・・毎年恒例の「浜矩子さんの大予言」が発売されているという情報をツイッターで得た…

  3. 森友学園理事長と民進党議員ら

    【速報】森友学園理事長と民進党議員らの親密写真が発掘される!

    写真:スパイ防止法の制定を求める会HPより衝撃的な写真だ。中央に写る男性は森友学園の…

  4. 蓮舫代表、宋濤・中国共産党中央対外連絡部長と会談 - 民進党

    蓮舫が中国共産党中央対外連絡部長と会談という「ネタ」に釣られた人…

    民進党の蓮舫代表が7日、中国共産党中央対外連絡部の宋濤(ソウ・トウ)部長と会談したことに関し…

  5. ベビースターの新キャラはパラッパラッパーと恋ダンスのパクリ?

    ベビースターラーメンでおなじみの「おやつカンパニー」は、2017年1月31日に完全引退となるベイちゃ…

  6. 5月13日新宿駅南口沖縄県民の偽物が街頭宣伝

    左翼が沖縄県民を装う→ハイサイおじさんと変なおじさんを間違え正体…

    今年3月に関東在住の左翼活動家らが沖縄県民に成りすまし、基地反対を訴えながら共謀罪反対の署名…

  7. 緊急車両スペースで街宣した共産党ぬかが和子議員、やっぱりブログで…

    西新井駅西口の緊急車両スペースに街宣車を停めて宣伝活動したことでバッシング(当然)を受けた、日本共産…

  8. 教師が「昆虫ゼリー」を生徒に食わせたようですが・・・

    2014年に書いた記事へのアクセスが急増している。→昆虫ゼリーの真実、人間が食べるのは危険です。…




最新の記事

  1. 今治加計反対デモ大本営発表「四百名ノ行軍ガ今治二於テ、安倍独裁ヲ撃破セリ!」(60名が複数回参加)
  2. サンモニ谷口真由美「拉致被害の話はもう分かってる、この局面で出すなよ!」トランプ国連演説を批判
  3. 加計反対デモが大失敗!地元市民が参加の呼びかけに応じず→田中龍作「デモは穏やかに行われた」
  4. 福島瑞穂が北朝鮮プロパカンダ鵜呑み投稿をシェア、北朝鮮「普通に人が暮らしている、国なら日本も酷い」
  5. 菅野完の暴言を見た反安倍の人「それは成りすましだ!凍結してやる!」都合悪い事は直視しないスタイル

▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

PAGE TOP