元少年A「絶歌」を薦める長谷川豊氏の無知と無神経ぶり


ライターの火
元フジテレビアナウンサー長谷川豊さん。
自ら炎上する記事をアップしておいて、批判に対して逆に「炎上商法だ!」と反論する炎上コントでお馴染みの方です。
今回もキャンプファイヤー的な気持ちで炎上を誘ったようですが、思ったほど炎は大きくならず、さぞガッカリされたことでしょう。

今回の記事が炎上しないのは、あまりのも無神経でドン引きされたからだと、本人は判っているのでしょうか?

【「絶歌」読了】 元少年Aの手記を、私は評価したい – 長谷川豊 公式ブログ 『本気論 本音論』
http://blog.livedoor.jp/hasegawa_yutaka/archives/44422709.html

いくらなんでも酷い内容です。

スポンサーリンク

被害者の父は本の回収まで望んでいる

殺害された被害者の父は弁護士を通じて『絶歌』を出版した太田出版に出版の中止と回収を求めている。

少年Aの手記「今すぐ出版中止を」遺族が訴える 神戸連続児童殺傷事件
http://www.huffingtonpost.jp/2015/06/10/statement-against-sakakibara-seito_n_7549892.html

これが全てです。遺族が「読まないで欲しい」と言っているのです。
この思いに反する理由がどこにあるのでしょうか?
私はこの本を絶対に読まない。被害者の父の思いは、好奇心・資料的価値・文学的評価よりも優先すべきことだから。
加害者の心理や意識についての研究などは専門家が行えば良いのであって、商業的に出版し一般人の好奇心の的にする必要はないはずです。
それがどれだけ遺族を苦しめる結果となるかを考られないのか。

長谷川豊が主張する「文章力・表現力」「読み応え」「貴重なサンプル」などは長谷川豊個人の好奇心を満たしたに過ぎず、遺族の意思に反してまで他人に薦めるようなものではない。

法的に罪を償っても加害者は加害者

まず、この長谷川豊という男は、法律を理解していない。

元少年Aはすでに、日本国の定めるところのルールに従い「罰」を受けている。

それに対して文句が言いたいのであれば、まずは司法に対して文句を言い、彼の更生のために様々尽力した人間たちに言えばいい。それ以上に文句があるのであれば、先ほども言ったように、まずは法を改正すべきだ。少なくとも、罪を犯し、それに対する「罰」を受けた元少年Aが、本も読んでいない外野席のヤジに批判される必要はない。せめて文句があるのであれば、この本を全文しっかりと読んでから言え、と言いたい。本当に、読む前に思っていた通りの感想であるのであれば、だ。
出典:【「絶歌」読了】 元少年Aの手記を、私は評価したい – 長谷川豊 公式ブログ 『本気論 本音論』
http://blog.livedoor.jp/hasegawa_yutaka/archives/44422709.html

加害者に代わって開き直るこの態度。醜悪で無知。
当該事件の罪を法的に償っているのであって、その後は遺族を苦しめて良いという免罪符を受けた訳ではありません。
加害者側が遺族へ精神的苦痛を与えた場合は、損害賠償の対象になりえる。それは加害者側が刑事罰を受けているかどうかが本筋ではない。
法的に見て罪を償ったものに対しこれ以上の罪を問う事はできないが、新たな犯罪を犯したり、損害が生じさせれば別件として問われるのは当然である。

忘れられる権利と「元少年A」

最近は、罪を償った後にもインターネットに痕跡が残ることに対し、「忘れられる権利」として削除を求める動きがあります。
この主張に関しては一定の合理性があり、理解できる部分が多い。
で、この「元少年A」に関してはどうだろうか?
長谷川氏の主張するように、法に則り罪を償っているのであれば一般人として静かに暮らす権利はある。それであれば、自ら本を出版して世に出た時点で「忘れられる権利」を放棄しているとも言える。
自らの意思で世に出て遺族や社会と対峙する覚悟があるならば、「元少年A」というのはおかしい。実名で出てくるのが筋だ。
加害者である自分のプライバシーを守る権利だけは行使しておいて、被害者側の人間は実名での報道を掘り起こされる。あまりにも理不尽だ。
そういう部分には一切触れず、加害者「元少年A」の著書を絶賛し他人に薦めるという長谷川豊という男の神経が理解できない。

とにかく読まないでほしい

私が長々と説明しなくともお判りいただけたかと思いますが、とにかくこの本は手に取るべきではありません。
長谷川豊という男がマスコミで培った無神経さを恥ずかしげもなく披露していますが、今回ばかりは長谷川豊が笑われるだけでは済まされない。
自分を追い出したフジテレビへの恨みでコメンテーターを批判するのは自由だが、被害者や遺族をぶった切るような炎上商法は謹んで欲しい。

【全文転載は禁止、引用方法は】

引用は半分程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、動画での転載お断り

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

公式番組放送局→[ツイキャス][ふわっち]

スポンサーリンク

佐高信の差別発言を絶賛し、存在もしない徴兵制に涙する人々

哀川翔さんのギネス更新カブトムシはどれだけスゴイのか?

関連記事

  1. サンモニ谷口真由美「拉致被害の話はもう分かってる、この局面で出すなよ!」トランプ国連演説を批判

    サンモニ谷口真由美「拉致被害の話はもう分かってる、この局面で出す…

    24日に放送されたTBS系列「サンデーモーニング」において、谷口真由美(大阪国際大学准教授)が、…

  2. 覚せい剤

    覚せい剤は身近な脅威ではありません。騙されないように。

    シンガーソングライターのASKAが覚せい剤取締法違反(所持)の容疑で逮捕。過去にも多くの芸能人・…

  3. 【速報】毎日新聞が誤報を隠蔽、こっそり記事を改ざんして逃亡

    全く別人である編集者に殺人事件での逮捕誤報をやらかしておいて、毎日新聞は記事を改ざんして逃亡した。…

  4. 椿事件は氷山の一角、偏向報道は今も続いている

    放送の公正と真実を問う―テレビ朝日の偏向報道問題TBS「サンデーモーニング」で張本勲氏が…

  5. 東京新聞は福島瑞穂に自著を宣伝してもらった望月記者を処分しないの…

    ニュース女子の司会である長谷川幸洋氏を罵倒して主幹様に媚び、東京新聞への忠誠心を恥ずかしげもなく…

  6. マイクスタンド

    高畑淳子さんはなぜ息子の事件で謝罪しなければならないのか?

    俳優の高畑祐太が強姦致傷罪の容疑で逮捕され、母親で女優の高畑淳子さんが26日に会見を行った。…

  7. 宜保 晴毅

    琉球新報「ポケモンGO」を試した自民推薦市長を叩く

    写真:https://www.facebook.com/haruki.mayorこれが共…

  8. 神奈川新聞支社長がスカート内盗撮で懲戒解雇 同社紙面で伝えるもウェブ版では未掲載

    神奈川新聞支社長がスカート内盗撮で懲戒解雇 同社紙面で伝えるもウ…

    神奈川新聞は23日付けの紙面で、横須賀支社長の男性(59)が女性のスカート内を盗撮した容疑で…

公式番組放送局→[ふわっち]→[ツイキャス]




最近の記事

  1. 東京新聞の「立憲民主党より自民党が架空フォロワー多い」は本当か?最新データで比べてみたら意外な結果
  2. 朝青龍「よっぼど中国人がましや」白鵬「残念ですね、子供が見る」子供向け漫画でチンギス・ハーンを侮辱
  3. また捏造!ワイドナ松本「路上で頑張れ、ちゃんと働いて」ネカフェ難民以外への発言、放送文字起こし検証
  4. 国会で話題!韓国人女性ツアー客7名が金塊を直腸に隠して密輸!委員会での説明に自民党議員が苦悶の表情
  5. テレビ朝日がカーリング人気に便乗し安倍批判のコラ動画放送!の、つもりがルールを知らず安倍勝利動画に
  6. 安倍首相「佐川を絶対に守れ!佐川君こそ官僚の鑑」という、素晴、らしい情報が出回っているので紹介する
  7. 北九州市議「櫻井よしこ氏の講演会に教育委員会が関わってる」過去の姜尚中、高橋源一郎、浜矩子はスルー
  8. スパイに詳しいTBS記者がスリーパー議員を指摘「本物のスリーパーだ。たしかにこれは国益を害するね」
  9. 警察官「止まれ」刃物男「撃つんなら撃て」→マジで撃たれて太腿を貫通、職質にサバイバルナイフで抵抗
  10. 「日本人スゴイじゃなくて」で炎上の江川紹子、過去発言掘り起こされ終了!にわか発言で番組降板の過去も

人気記事






▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP