元少年A「絶歌」を薦める長谷川豊氏の無知と無神経ぶり


LINEで送る
Pocket

ライターの火
元フジテレビアナウンサー長谷川豊さん。
自ら炎上する記事をアップしておいて、批判に対して逆に「炎上商法だ!」と反論する炎上コントでお馴染みの方です。
今回もキャンプファイヤー的な気持ちで炎上を誘ったようですが、思ったほど炎は大きくならず、さぞガッカリされたことでしょう。

今回の記事が炎上しないのは、あまりのも無神経でドン引きされたからだと、本人は判っているのでしょうか?

【「絶歌」読了】 元少年Aの手記を、私は評価したい – 長谷川豊 公式ブログ 『本気論 本音論』
http://blog.livedoor.jp/hasegawa_yutaka/archives/44422709.html

いくらなんでも酷い内容です。

スポンサーリンク

被害者の父は本の回収まで望んでいる

殺害された被害者の父は弁護士を通じて『絶歌』を出版した太田出版に出版の中止と回収を求めている。

少年Aの手記「今すぐ出版中止を」遺族が訴える 神戸連続児童殺傷事件
http://www.huffingtonpost.jp/2015/06/10/statement-against-sakakibara-seito_n_7549892.html

これが全てです。遺族が「読まないで欲しい」と言っているのです。
この思いに反する理由がどこにあるのでしょうか?
私はこの本を絶対に読まない。被害者の父の思いは、好奇心・資料的価値・文学的評価よりも優先すべきことだから。
加害者の心理や意識についての研究などは専門家が行えば良いのであって、商業的に出版し一般人の好奇心の的にする必要はないはずです。
それがどれだけ遺族を苦しめる結果となるかを考られないのか。

長谷川豊が主張する「文章力・表現力」「読み応え」「貴重なサンプル」などは長谷川豊個人の好奇心を満たしたに過ぎず、遺族の意思に反してまで他人に薦めるようなものではない。

法的に罪を償っても加害者は加害者

まず、この長谷川豊という男は、法律を理解していない。

元少年Aはすでに、日本国の定めるところのルールに従い「罰」を受けている。

それに対して文句が言いたいのであれば、まずは司法に対して文句を言い、彼の更生のために様々尽力した人間たちに言えばいい。それ以上に文句があるのであれば、先ほども言ったように、まずは法を改正すべきだ。少なくとも、罪を犯し、それに対する「罰」を受けた元少年Aが、本も読んでいない外野席のヤジに批判される必要はない。せめて文句があるのであれば、この本を全文しっかりと読んでから言え、と言いたい。本当に、読む前に思っていた通りの感想であるのであれば、だ。
出典:【「絶歌」読了】 元少年Aの手記を、私は評価したい – 長谷川豊 公式ブログ 『本気論 本音論』
http://blog.livedoor.jp/hasegawa_yutaka/archives/44422709.html

加害者に代わって開き直るこの態度。醜悪で無知。
当該事件の罪を法的に償っているのであって、その後は遺族を苦しめて良いという免罪符を受けた訳ではありません。
加害者側が遺族へ精神的苦痛を与えた場合は、損害賠償の対象になりえる。それは加害者側が刑事罰を受けているかどうかが本筋ではない。
法的に見て罪を償ったものに対しこれ以上の罪を問う事はできないが、新たな犯罪を犯したり、損害が生じさせれば別件として問われるのは当然である。

忘れられる権利と「元少年A」

最近は、罪を償った後にもインターネットに痕跡が残ることに対し、「忘れられる権利」として削除を求める動きがあります。
この主張に関しては一定の合理性があり、理解できる部分が多い。
で、この「元少年A」に関してはどうだろうか?
長谷川氏の主張するように、法に則り罪を償っているのであれば一般人として静かに暮らす権利はある。それであれば、自ら本を出版して世に出た時点で「忘れられる権利」を放棄しているとも言える。
自らの意思で世に出て遺族や社会と対峙する覚悟があるならば、「元少年A」というのはおかしい。実名で出てくるのが筋だ。
加害者である自分のプライバシーを守る権利だけは行使しておいて、被害者側の人間は実名での報道を掘り起こされる。あまりにも理不尽だ。
そういう部分には一切触れず、加害者「元少年A」の著書を絶賛し他人に薦めるという長谷川豊という男の神経が理解できない。

とにかく読まないでほしい

私が長々と説明しなくともお判りいただけたかと思いますが、とにかくこの本は手に取るべきではありません。
長谷川豊という男がマスコミで培った無神経さを恥ずかしげもなく披露していますが、今回ばかりは長谷川豊が笑われるだけでは済まされない。
自分を追い出したフジテレビへの恨みでコメンテーターを批判するのは自由だが、被害者や遺族をぶった切るような炎上商法は謹んで欲しい。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

取材・調査費支援のお願い

スポンサーリンク

佐高信の差別発言を絶賛し、存在もしない徴兵制に涙する人々

哀川翔さんのギネス更新カブトムシはどれだけスゴイのか?

関連記事

  1. 「共産党の議席が倍増」は、民主と社民から議席を奪っただけだった。…

    25日に投開票された宮城県議選、東京新聞や毎日新聞では「共産党が議席倍増」というキーワードで、あたか…

  2. 朝日新聞が若手ヤクザを勧誘するお得プラン

    朝日新聞がヤクザの高齢化を憂い、裏盃というお得プランで若手勧誘

    朝日新聞が無批判に暴力団の窮状を伝えている。ご丁寧に暴対法を逃れるために若手が組長と交わ…

  3. 岩上安身、朝日へ「未練、完全になくなりました。」と絶縁宣言

    あらかじめ裏切られた革命https://twitter.com/iwakamiyasum…

  4. 望月衣塑子

    「辛淑玉動画は捏造?」東京新聞望月衣塑子記者の擁護が苦し過ぎる

    写真:ツイッター@ISOKO_MOCHIZUKI「ニュース女子!」へ出演したことで、所属…

  5. NHK

    あのNHKが奨学金返済に困っている人を募集しています

    8月中旬にNHKが放送した「貧困女子高生」が大炎上したのは記憶に新しい。この件についてはne…

  6. 日本共産党浅賀由香公職選挙法違反

    東京新聞が共産党の公選法違反をモザイク処理で報じる

    写真:東京新聞より東京新聞は6月2日付の記事で、日本共産党候補の公職選挙法違反の写真をモ…

  7. 「美味しんぼ」休載で、飯田哲也氏は朝日の印象操作に乗せられた?

    東京電力福島第1原発の事故を巡る表現で批判が殺到した「美味しんぼ」が一時休載となった。これを受け…

  8. ネトウヨに媚びる産経新聞とSEALDs界隈の独善的ヘイト

    産経新聞のネトウヨ化が目に余る。【野口裕之の軍事情勢】安保法反対デモに見る若者の政治利用を憂う …




最新の記事

  1. 民進党をクビになった木内孝胤議員がツイッターで暴発!「玉木は無責任」「ツイ垢、略して口座だ」3
  2. 森友がんばれおばさん池本奈央氏が東スポデビュー!有田芳生議員らの落選運動に法的問題は無かったのか?
  3. 民進党の杉尾秀哉議員「北のミサイル、解散が近いから、犯罪者レイプ犯でも勝てる」投稿に「いいね!」3
  4. 解散風、民進党で海江田万里だけ嬉しそう「野党の浪人の身ですので、解散は早いに越したことはない」

▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

PAGE TOP