永山則夫や元少年Aの「人殺し文学」なんてクソくらえです。


刑務所
この『絶歌』を巡る論争について書くのは4回目。
元少年A「絶歌」を薦める長谷川豊氏の無知と無神経ぶり
元少年A「絶歌」を高値で転売する人が続出
【絶歌】長谷川豊「病気は不良品」とシバター以下の暴言

「殺人犯に手を差し伸べる俺カッケー」「文学わかる私ステキ」
みたいな連中はどうしようもねえな。

さて、ジャーナリストの江川紹子さんがこんな記事を寄稿しています。
非難轟々の【元少年Aの手記『絶歌』】で軽視される「言論の自由」と出版の意義
http://biz-journal.jp/2015/06/post_10453.html
さすが長谷川豊とは違いますね。ですが、やっぱり加害者の権利と被害者の権利がバッティングした場合は、問答無用で被害者が優先されるべきじゃないかと思う訳です。

スポンサーリンク

表現の自由とは

概ね江川さんの意見は真っ当だと思います。短絡的な報じ方やコメントも実際に見受けられるし、どこまで考えて発言しているのか?と思う事も。
ですが、腑に落ちない部分もある。

私が気になるのは、「遺族の許可なく出版すべきでない」「印税収入はすべて被害者に渡すための法律を作れ」などと出版に対する規制を求める動きや、行政が本の販売や購入の自粛を求めたり、貸し出し制限をする図書館も出るなど、表現の自由にもかかわる動きが出ていることだ。
出典:非難轟々の【元少年Aの手記『絶歌』】で軽視される「言論の自由」と出版の意義
http://biz-journal.jp/2015/06/post_10453.html

守られることを前提とした表現の自由なんて価値がありますか?
なんの制約も受けず場所と媒体も選ばず表現できる『自由』ってワガママとか迷惑行為になるんじゃないかと。
責任とれないような『自由』は傍若無人で他社の権利を無視している。
当然、江川さんがそんな極論を言っているのではないと理解できますが。

本を出版する「表現の自由」もあれば、意思表示をする「表現の自由」もあるんじゃないかと思う。その自由として一部書店が取り扱わないと判断したり、貸出制限したりする図書館がでてきても何もおかしくない。
それぞれの自由が他の自由とバッティングしちゃうことってあると思います。まさに今回のケースはそれにあたるし、バッティングはほぼすべての「自由」に起こり得るのではないでしょうか?

自業自得に同情はしない

ちょっと、江川さんの意見としては無茶かな?と思う点。

先の「週刊文春」によれば、Aは執筆している間の生活費を出版社から借りているらしい。また、これだけの騒ぎになれば、しばらくアルバイトをすることも難しいだろう。それを考えると、全額召し上げろというのは酷に過ぎるような気がする。

コイツのアルバイトの心配とか同情する余地もありません。
自ら出版しておいて「騒がれた」もないでしょう。
静かに暮らす権利はあったのに、出版を強行した本人の自業自得。
賠償金の支払い目的なら手記ではなく、専門家を間に挟む形での出版も可能であった。それを自己主張として手記にしたコイツの責任は大きい。

人殺し文学などクソでも喰らっとけ

永山則夫を引き合いに出す論調は反吐が出そうです。

これまでも、加害者が手記を書いた事件はいくつもある。連続ピストル射殺事件の永山則夫は、手記『無知の涙』(合同出版、のち河出文庫)を発表して注目され、以後、死刑が執行されるまで獄中作家として執筆を続けた。文学賞も受けている。遺族が出版を批判したという報道に接したことはないが、永山は日本文藝家協会への入会を拒否された。そのことに抗議して、柄谷行人、中上健次、筒井康隆、井口時男らが同会を脱会している

で、なに?
永山則夫は人殺しですよ。
なにかの弾みや衝動で過ちを犯したのではなく、半年間の間に東京、京都、函館、名古屋で4人もピストルで射殺した凶悪犯です。
この永山が獄中で優れた作品を書いたから何かが許されるのか?
そして、この永山が人を殺さなければ書けなかった作品とは言えないか?
もっと言えば、文才のない他の殺人者と区別するべきなのか?
永山則夫の価値がどうとか言う問題ではない。
文学作品を生み出した永山だけが、生い立ちなどで同情されたりするのは全く理解できないこと。同じ生い立ちのひとが人殺してますか?ってことだ。
人殺しの文学などクソくらえだ。

余談

Business Journalは、中川淳一郎さんの記事も掲載している。
『絶歌』と版元の太田出版は、ただの外道である いまだに悲劇の主人公ぶる幼稚な酒鬼薔薇
http://biz-journal.jp/2015/06/post_10431.html

ある意味、表現の自由は守られている。

ところでBusiness Journalさん。
以前、非科学的なトンデモ記事に関して質問させていただきましたが、お答えを頂いておりません。貴社の信用問題ですよ。
昆虫飼育で悪魔のウイルス?偏見と風評被害を助長する記事への反論

【全文転載は禁止、引用方法は】

引用は半分程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、動画での転載お断り

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

公式番組放送局→[ツイキャス][ふわっち]

スポンサーリンク

既読無視?忙しいのにチラ見してくれてありがとう!だろ?

ジャーナリスト吉田典史が暴力団を肯定する炎上芸を披露

関連記事

  1. 野球少年

    北海道不明男児、発見後は実名報道と映像公開を自粛しろ

    北海道七飯町の林道で行方不明になっていた件。最悪の事態も囁かれる中、6日後に自衛隊施設で無事に保…

  2. 【支持率調査】日本共産党が大躍進!支持するが3%!支持しないが97%!

    【支持率調査】日本共産党が大躍進!支持するが3%!支持しないが9…

    日本共産党の支持率が、当サイトの調査ではマスコミの調査より高い「3%」をマークした。しんぶん…

  3. 毎日新聞記者が暴行容疑で書類送検、他人の不祥事に「氏名公表を」と迫るも自分が実名報道されるブーメラン

    毎日新聞記者が暴行容疑で書類送検、他人の不祥事に「氏名公表」を迫…

    27日、福岡県警は、毎日新聞福岡南支局の勝野昭龍記者(62)を暴行容疑で書類送検してことが朝…

  4. 安倍首相「佐川を絶対に守れ!佐川君こそ官僚の鑑」という、素晴、らしい情報が出回っているので紹介する

    安倍首相「佐川を絶対に守れ!佐川君こそ官僚の鑑」という、素晴、ら…

    これは素晴、らしい情報ですね。なんと、安倍首相が「佐川を絶対に守れ!」と官僚にハッパをか…

  5. 神奈川新聞支社長がスカート内盗撮で懲戒解雇 同社紙面で伝えるもウェブ版では未掲載

    神奈川新聞支社長がスカート内盗撮で懲戒解雇 同社紙面で伝えるもウ…

    神奈川新聞は23日付けの紙面で、横須賀支社長の男性(59)が女性のスカート内を盗撮した容疑で…

  6. 沖縄タイムス誤報伊江島の着陸帯、拡張工事を村長・議会・地主が刺殺

    沖縄タイムスが大誤報「村長・議会・地主が刺殺」と痛恨の誤変換

    沖縄タイムスがタイトル誤変換で大誤報を飛ばした。島袋秀幸伊江村長や村議会、村軍用地等地主会が、8…

  7. 自民党本部

    産経が報じない「マスコミ懲らしめを」自民勉強会での発言

    自民党の若手議員が立ち上げた勉強会「文化芸術懇話会」での発言内容が問題となっている。内容が事実な…

  8. 辞任の前事務次官「違反の認識なかった」|日テレNEWS24

    朝日新聞が前川喜平の提灯記事を書いていた!天下り問題で退任の日

    写真:日テレNEWS24朝日新聞に『総理の意向』と記述された文章を持ち込み、5月25日夕…

公式番組放送局→[ふわっち]→[ツイキャス]




最近の記事

  1. テレビ朝日がカーリング人気に便乗し安倍批判のコラ動画放送!の、つもりがルールを知らず安倍勝利動画に
  2. 安倍首相「佐川を絶対に守れ!佐川君こそ官僚の鑑」という、素晴、らしい情報が出回っているので紹介する
  3. 北九州市議「櫻井よしこ氏の講演会に教育委員会が関わってる」過去の姜尚中、高橋源一郎、浜矩子はスルー
  4. スパイに詳しいTBS記者がスリーパー議員を指摘「本物のスリーパーだ。たしかにこれは国益を害するね」
  5. 警察官「止まれ」刃物男「撃つんなら撃て」→マジで撃たれて太腿を貫通、職質にサバイバルナイフで抵抗
  6. 「日本人スゴイじゃなくて」で炎上の江川紹子、過去発言掘り起こされ終了!にわか発言で番組降板の過去も
  7. 立憲民主党が日本メダル獲得に「日本、別に凄くない、総理大臣関係ない」批判受け取り消し→無かった事に
  8. 小泉純一郎「拉致問題に一番真剣に取り組んできた政治家は安倍さん」新著で電撃訪朝の舞台裏などを明かす
  9. 朝日新聞クソ社説「尖閣は我が国固有の領土?領土問題は存在しない?これを正解として教え込むのか?」
  10. 高須克弥院長「警察に届けました。なう」Twitter殺害予告投稿に対処、凍結済アカウント投稿の中身

人気記事






▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP