KSL-Live!

メディア業界21世紀枠!KSLで背が伸びた!


バカのエラー、菌床飼育における試行錯誤

      2015/05/02

LINEで送る
Pocket

トライ・アンド・エラー
正確にはトライアル・アンド・エラーと言うらしい。
日本語に訳すと試行錯誤。
トライでもトライアルでも大きなことを成し遂げる人はこれを繰り返している。
特に科学の分野ではこの過程での偶然も「発見」を生む。

記事の続きは下部へ

スポンサーリンク

昆虫飼育においても試行錯誤の末、飼育法は確立され、現在も難関種とされる種では試行錯誤が繰り返されている。
しかし一言にトライ・アンド・エラーと言っても、結果を出している人は闇雲にトライしたわけではない。
高度な知識で結果を予測してからトライする。エラーからはエラーなりの結果を分析する。
この繰り返しが成果につながっている。

しかし、この「トライ・アンド・エラー」を都合よく使う人も多い。
菌床飼育における添加剤などは特に酷い例が散見される。
なんの当てもなく「新しい粉」を投入し、失敗を繰り返す。無論その過程で無駄に殺される生き物がいる。
また、その「結果」も比較対象もないデタラメなものが多く、自称成功例と言われるものには、錯覚と思われるものが少なくない。
一番多く感じるのが、追添加なしの既製品と比較していないパターン。
闇雲に添加を繰り返し、幼虫の死亡、カビの発生などを連発し、やっとのことで死亡もカビもないものができたと勘違いする。
それは単に影響が少ない添加剤に落ち着いただけで、良い添加剤が見つかった訳ではなかったりする。
追添加しない既製品と比較しなければ、ここで大きな勘違いをしてしまい無駄なエラーを繰り返すこととなる。

こういった「宝くじで一攫千金」程度の実験ごっこをネットで披露して識者を気取る人が最近また増えてきたように思う。
結果の予測が一定の科学知識に基ずく人と、宝くじ程度の神頼みしかしない人は区別して見たほうが良い。

「トライ・アンド・エラー」は識者が行う、尊い犠牲である。

そこに「バカのエラー」を含めてはいけない。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

関連記事とSNSボタンは下部へ

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

 - 昆虫・生物関連 ,

  おすすめ記事

【速報】マルバネクワガタ属の特定外来生物指定が検討される

写真:日本のマルバネクワガタ (月刊むし・昆虫図説 …

no image
Dorcus sp. の真実

「Dorcus sp.」 新種か?新亜種か?地域変 …

no image
クワガタにおける極太とはなにか?

昆虫業界で論争がやまない「極太個体」 記事を書くに …

カブトムシはスイカ食っても下痢しませんよ、マイナビさん。

今に始まった事ではないが、マイナビニュースのクオリ …

no image
昆虫誌2誌と自称昆虫誌も購入

今月の「月刊むし」「昆虫と自然」「昆虫フィールド」 …

ミヤマクワガタはノコギリクワガタに圧倒されたのか?

ミヤマクワガタ:環境変化で急減 「ノコギリ」に敗れ …

東大君が苦しそうに奇声を発しているので、なんだか可哀想に思えてきた

小保方さんよりデタラメなことで有名な、自称「東大大 …

no image
密輸昆虫を買うと逮捕される

ハナムグリを中心とした昆虫密輸、これらは半ば公然と …

no image
恫喝【暴力団お断り】

今のところ、どこの誰とは言いませんが・・・ 恫喝や …

「顔のないカブトムシ」は放射能による奇形ではない。

以下の動画をご覧いただきたい。 2014盛夏!フク …