業界用語と学術用語 -飛行機は根性で空をとべるか?-


LINEで送る
Pocket

クワガタ・カブトムシ業界の累代表記等が学術的なものではない事がよく指摘されます。
なぜ、正式な用語や記号を使わないのか?

これはクワガタ・カブトムシのブリーダーが「競馬」の用語を参考にしているからではないかと思います。
交配の事を「配合」と記述されるブロガーが多いのも競馬の影響のような気がします。
競馬においては、異なる特徴を持つ馬を掛けあわせて、より強い馬を生み出すため「配合」は重要キーワードであり、予想においても親から受け継いだ特徴は重要です。

スポンサーリンク

学術的ではない用語を「誤用」と指摘しても、そもそも参考にしているものが違うので議論は平行線のままでしょう。
より大きく、より太くと言った自然とはかけ離れた要素に魅力を感じる人は、価値観の近い競馬や金魚の世界を参考にしているからです。
自然とは異なるものを産み出すため、異なる2種の要素を「配合」する人に、学術用語や、自然の姿を求める価値観を語っても議論にはならないのです。
この価値観の違いを埋めようとしても、争いの火種になるだけですので、スルーが良いでしょう。

かといって競馬業界も決して科学を軽視しているわけではなく、あくまで「学術用語」を「業界用語」に置き換えているだけなのです。
クワガタ業界の一部では、実証されていない事柄を定説として記事にしたり、心の問題を持ち出しがちな傾向にあります。

私がこの趣味の世界に入ったころは、
「半端な気持ちで黒虫やってんじゃねーよ!バッキャロー!」
みたいな、珍走団の親玉気取りで、実に暑苦しい面々が闊歩していました。

確かに「心」は大切な要素です。心なくしては、科学的な実証に辿りつくまで挫折してしまうでしょう。
ですが、心で科学が覆ることはあり得ません。
「心が清い人に良い虫が寄ってくる」みたなオカルト発言も重症です。
これで血統に付加価値付けたとしたら、それは霊感商法紛いです。

非科学的な事に魅力を感じる事も理解できないわけではないですが…

ヒーターは情熱では熱くならないし、飛行機は根性で空を飛んではいません。

科学です。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

取材・調査費支援のお願い

スポンサーリンク

バカのエラー、菌床飼育における試行錯誤

昆虫飼育における「放置」は悪か?

関連記事

  1. クワガタ・カブトはなぜ「余品」と呼ばれるのか?

    「余品」読み方は「よひん(余品)」または「あまりひん(余り品)」である。この言葉、実はク…

  2. 消えた「キロン」の謎と「シノニム」の商用利用

    みなさんは「キロンオオカブト」を覚えているだろうか?数年前、あたかも新種かのように販売されていた…

  3. 論点整理とミミ氏への謝罪の要求

    私がこれまで記してきた「ミミ氏」に関する意見は、以下の目的と権利・表現の自由において行ったものであり…

  4. 串間市で発見されたヒラタクワガタ

    串間市で巨大クワガタ発見!その正体はダイオウヒラタ

    宮崎県串間市で巨大なクワガタが発見され、宮崎日日新聞がその個体を「ヒラタクワガタ」と報じていますが、…

  5. 【絶叫動画】巨大なタガメに女性が襲われる(襲わせる?)

    タガメの飛翔能力を甘く見てはいけません。タガメは半翅目(はんしもく)に分類され、所謂「カメムシ」…

  6. 逸出は一流の証ではない!中国オオクワガタ相知町で発見

    中国オオクワガタ 相知町で発見 在来種の危機か/佐賀のニュース :佐賀新聞の情報コミュニティサイト …

  7. 密輸昆虫を買うと逮捕される

    ハナムグリを中心とした昆虫密輸、これらは半ば公然と取引されている。無論密輸した本人は摘発の対象と…

  8. 恫喝【暴力団お断り】

    今のところ、どこの誰とは言いませんが・・・恫喝や圧力で言論の自由と権利を奪おうとする人間が、…




最新の記事

  1. 加計反対デモが大失敗!地元市民が参加の呼びかけに応じず→田中龍作「デモは穏やかに行われた」
  2. 福島瑞穂が北朝鮮プロパカンダ鵜呑み投稿をシェア、北朝鮮「普通に人が暮らしている、国なら日本も酷い」
  3. 菅野完の暴言を見た反安倍の人「それは成りすましだ!凍結してやる!」都合悪い事は直視しないスタイル
  4. 菅野完「旦那以外の〇〇〇咥えた山尾志桜里」ツイッター凍結に抗議してる人々がぐうの音も出なくなる投稿
  5. 摘発逃れか?白タク問題の加計告発プロジェクトがカンパ中止するも、黒川敦彦が自分の口座で集金を始める

▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

PAGE TOP