哀川翔、82歳に敗れる?90ミリ越えのカブトムシが羽化


山陽オオクワ倶楽部 天然国産カブトムシ 生体 (♂Lサイズ♀フリーサイズ2ペアセット)
写真:山陽オオクワ倶楽部 天然国産カブトムシ 生体 (♂Lサイズ♀フリーサイズ2ペアセット)

またもや昆虫業界にビッグニュースが舞い込んできた。
90ミリの巨大カブトムシが羽化したというのだ。これは6月に報じられた哀川翔さんの88ミリのカブトムシを超えているものと思われる。


KSLのツイッターアカウント経由だけでも、当日中に5000人ほどがこのニュースに反応しており、その高い注目度からは「ブーム」の予感がする。

スポンサーリンク

亡き妻が送り出してくれたカブトムシ

熊本日日新聞によると、この巨大カブトムシを羽化させた菅健一郎さん(82)は年間1万~2万匹を奥様とともに飼育し出荷してきたという。その奥様を3月に亡くされ、引退を考えたとき、この巨大なカブトムシが羽化。「哀川翔の88ミリ」で日本のカブトムシが注目されたこの時期に“特別な”サイズのカブトムシが羽化したことは、格別の思いと意味があるのではないだろうか。

カブトムシブーム到来か?

先日、哀川翔さんがギネス越えの88ミリ巨大カブトムシを羽化させたニュースは、昆虫業界のみならずエンタメニュースとしても注目され話題となった。私の記事に対しても検索から多数の流入があり“カブトムシバブル”が起きている。
さらに哀川翔さんは今月、体の左半分がオスで右半分がメスという珍しい個体を羽化させニュースになっている。


これは一般的に「雌雄モザイク」とか「雌雄同体」と言われるが、雌雄同体とはオスとメスの生殖器を同時に有する個体をさす言葉であり、哀川さんの個体はそれとは異なる『雌雄嵌合体』と呼ばれる個体。
クワガタやカブトムシでは、の部分ごとに雌雄異なる特徴が発現する「雌雄モザイク」が度々報告されているが、このようにキレイに左右が分かれる個体は大変珍しい。この個体は東京スカイツリーで開催中の「大昆虫博」に展示されているということで、この個体のためだけでも足を運ぶ価値は十分あるでしょう。

88ミリ→雌雄嵌合体→90ミリと連続してのビッグニュース。昆虫の王者「カブトムシ」が、あらたなムーブメントを巻き起こしているのは間違いないようだ。

ギネスに登録認定されるのか?

以前の記事でも書きましたが、カブトムシのギネスは「むし社」が発行する専門誌「ビークワ」へ申請するのが業界では主流となっています。
哀川翔さんのギネス更新カブトムシはどれだけスゴイのか?

この「むし社」のルールでは、カブトムシは標本にした状態での正式計測が必須条件となっている。自然死したカブトムシは腐ったり部位欠損が起こりやすいため、
綺麗な標本にするとなると、元気なうちに「毒ビン」と言われる薬品を入れた容器で殺す必要がある。
おそらく、哀川翔さんも菅健一郎さんも、意図的に殺して標本にすることはせず、ギネス申請はしない(できない?)のではないだろうか。
むし社「ビークワ」編集長に確認したところ、6月中旬時点では哀川翔さんは申請をしていないということなので、今後もしないのかもしれない。
この巨大カブトムシたちが天寿を全うしたときには、なんとか標本にして申請をしてほしい。日本のカブトムシが世界最大のヘラクレスオオカブトに負けず、注目を集めてくれるのは本当にうれしい事です。

※その後の報道によると哀川翔さんは申請を決意したとのこと

【全文転載は禁止、引用方法は】

引用は半分程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、動画での転載お断り

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

公式番組放送局→[ツイキャス][ふわっち]

スポンサーリンク

パトカーグリル昆虫密輸や規制昆虫飼育をカッケーと思ってる人達

農林水産省ミツノsp.は規制種、なんでも新種の「sp.商法」にご注意!

関連記事

  1. バニーガール姿で窃盗、容疑者はクワガタを販売していた

    高品質コスプレ衣装■バニーガール*男S-男LLオーダーサイズ可能※写真は本事件容疑者とは関係…

  2. 【経験者は語る】ムシキングによる昆虫ブームなんて無かったよ。

    2003年から2010年にかけ大ブームとなった「甲虫王者ムシキング」が2015年夏に…

  3. 【閲覧注意!】なんだけど貴方の家にも棲んでます。マジで。

    シミです。漢字で"紙魚"と書いてシミと読みます。英語では"silverfish"銀の魚という意味…

  4. 【絶叫動画】巨大なタガメに女性が襲われる(襲わせる?)

    タガメの飛翔能力を甘く見てはいけません。タガメは半翅目(はんしもく)に分類され、所謂「カメムシ」…

  5. ホワイトアイ詐欺はメンデルの法則で証明できない

    「ホワイトアイ詐欺」WW×WWから得られた幼虫が黒目で羽化したという問題。現在も稀に話題…

  6. ファッション理系のコピペ盗用記事ではクワガタもカブトムシも育たな…

    研究者でなくとも正しい分類や学名の確認、化学的論拠を示すためには学術論文や文献を確認することは少なく…

  7. 【昆虫密輸】ゴライアスオオツノハナムグリを密輸した男を書類送検

    平成27年5月1日、北海道警察札幌方面北警察署は植物防疫法違反の疑いで、札幌市北区の調理師の男(48…

  8. ゴケグモ属全種が特定外来生物に指定される

    写真:セアカゴケグモ(環境省HPより)21日、「特定外来生物による生態系等に係る被害の防…

公式番組放送局→[ふわっち]→[ツイキャス]




最近の記事

  1. スパイに詳しいTBS記者がスリーパー議員を指摘「本物のスリーパーだ。たしかにこれは国益を害するね」
  2. 警察官「止まれ」刃物男「撃つんなら撃て」→マジで撃たれて太腿を貫通、職質にサバイバルナイフで抵抗
  3. 「日本人スゴイじゃなくて」で炎上の江川紹子、過去発言掘り起こされ終了!にわか発言で番組降板の過去も
  4. 立憲民主党が日本メダル獲得に「日本、別に凄くない、総理大臣関係ない」批判受け取り消し→無かった事に
  5. 小泉純一郎「拉致問題に一番真剣に取り組んできた政治家は安倍さん」新著で電撃訪朝の舞台裏などを明かす
  6. 朝日新聞クソ社説「尖閣は我が国固有の領土?領土問題は存在しない?これを正解として教え込むのか?」
  7. 高須克弥院長「警察に届けました。なう」Twitter殺害予告投稿に対処、凍結済アカウント投稿の中身
  8. 横田早紀江さん「韓国大統領は北朝鮮に騙されないで」安倍首相と金永南との会話については「ありがたい」
  9. 変態五輪金メダリスト!神奈川新聞支社長が盗撮で逮捕、女性宅侵入やトイレに小型カメラ仕込むプロの手口
  10. 共産党議員が赤旗配達中に電柱激突!呼気からアルコール検出も逮捕はなし、苦手な右折でハンドル操作誤る

人気記事






▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP