ミツノsp.は規制種、なんでも新種の「sp.商法」にご注意!


農林水産省
最近、ミツノsp.という表記で外国産カブトムシであるミツノカブトが販売されていますが、その多くが密輸であり、日本では害虫として植物防疫法の規制を受ける種です。当然、飼うことはできません。
Dorcus属(オオクワガタ属)などは属で非有害の判定がでているのでDorcus sp.での販売も飼育も問題ありませんが、Strategus属は種ごとの判定が必要で多くの種が規制有となっています。

スポンサーリンク

飼育可能なミツノカブト

Strategus属で非有害の判定が出ているのは、

Strategus aenobarbus
※アエノバルバスミツノカブト
Strategus longichomperus
※ロンギチョンペルスミツノカブト
Strategus surinamensis
※スリナムミツノカブト

この3種以外のミツノは飼うことができません。そもそも密輸品です。
ちなみに、奈良オオクワセンター社長が逮捕された「パプアミツノカブト」はStrategus属ではありません。※今でも規制種

なんで”sp.”なの?

なぜ、ミツノsp.で販売するのか?
それは、規制種であることを隠すためです。ミツノsp.Strategus sp.と表記するのが正しいのですが、意味としては「Strategus属の一種」となります。こういった曖昧な表記を使うことによって、規制の無い種か規制種かをぼかしているのです。
参考→Dorcus sp. の真実
しかし前述のとおり、ミツノカブトは属では非有害の判定は出ておらず、種毎に判定する必要があります。即ち、種を特定しないsp.という記載での輸入はできず、これらは未判定種として規制種と同じ扱いを受けるのです。
それどころか、ミツノsp.と表記されているものの大半が明確に「規制有」となっていることが産地からも確認できる。
ある意味でこれよりたちが悪いのは、「新産地」を「未記載の新種」としてsp.表記して法外な値を付けていることもある。
なんだかんだと付加価値をつける「sp.商法」にはご注意を。
それを知ってて「密輸カッコイイ」という中二病オヤジは、関税贓物犯で逮捕されればいい。

知らずに密輸種を販売する業者も

先日も、ある販売業者がStrategus jugurthaのWF1幼虫を高額で売りに出していた。「ユグルサ?ミツノカブト」というオリジナルの和名付で売りに出していた。WF1ということは、密輸されたStrategus jugurtha成虫から幼虫を得ている可能性が高い。
おそらく密輸とは知らずに「激レア」として密輸業者に掴まされ、手探りで学名を調べ日本に未入荷であると知って舞い上がり数万円の値を付けたのだろう。
しかし私の指摘後、すぐに学名を削除し「ミツノsp.」に書き換え、その数時間後にはページごと削除していた。販売業者がこの程度の知識では購入者が知らずに密輸個体や規制種を手にしてしまうのは無理もない。
余談ではあるが、Strategus jugurthaは、学名の由来がヌミディア王「ユグルタ」とすれば、ユグルではなくユグルと読むのが適切な表記ではないか?

一般飼育者はどうすればいいのか?

このような規制種に関わる記事を何年も書き続けたが、一般の飼育者が全てを把握するのは極めて困難である。かくいう私の運営するKSLオークションでも過去に「ミツノsp.」が出品され落札されている。
全て把握しきれないとしても「知ってからの対応」は大切。
下手な知ったかぶりで屁理屈をこねたり、某むし図鑑サイトの管理人みたいに販売チラシの記事を切り貼りして通関の報を捏造してまで「適法だ」とか駄々をこねるのは実に無様であり、昆虫飼育者の認識を疑われることとなりかねない。

【全文転載は禁止、引用方法は】

引用は半分程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、動画での転載お断り

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

公式番組放送局→[ツイキャス][ふわっち]

スポンサーリンク

哀川翔、82歳に敗れる?90ミリ越えのカブトムシが羽化

テレビカメラ視聴率という空虚な数字に大金をつぎ込む企業は馬鹿だ!

関連記事

  1. バニーガール姿で窃盗、容疑者はクワガタを販売していた

    高品質コスプレ衣装■バニーガール*男S-男LLオーダーサイズ可能※写真は本事件容疑者とは関係…

  2. 超絶技巧でカブトムシを描く女性アーティストのテクニックとは?

    絵の上手い人は世界中に巨万といますが、この人は「上手い」を超越しています。なんと「小さな文字」そ…

  3. 昆虫飼育における「放置」は悪か?

    ギアスポリオン(Megasoma gyas porioni Nagai, 2003)幼虫のマット交換…

  4. 虫ナビによる自作自演とデマ、捏造コラ画像まで・・・

    12月22日追記あり虫ナビ掲示板にて「デマに対する注意喚起」というスレッドが管理人により作成…

  5. ジャポニカ学習帳を巡る騒動は「ほっしゃん。」の勘違いが発端?

    ショウワノート 歴代ジャポニカ学習帳 復刻版5冊セットジャポニカ学習帳から昆虫が消えた。…

  6. 逸出は一流の証ではない!中国オオクワガタ相知町で発見

    中国オオクワガタ 相知町で発見 在来種の危機か/佐賀のニュース :佐賀新聞の情報コミュニティサイト …

  7. 趣味の標本オークション出品で有田市の課長を処分

    【社会】和歌山県:カミキリムシなどの標本をネットオークションに出して収入を得たとして、市水道事務所の…

  8. 産卵木の水没は必要か?と実験依頼

    非常に難しい問題です。雑虫対策としての水没に関しては今回は除外します。なぜなら私自身、雑虫と…

公式番組放送局→[ふわっち]→[ツイキャス]




最近の記事

  1. スパイに詳しいTBS記者がスリーパー議員を指摘「本物のスリーパーだ。たしかにこれは国益を害するね」
  2. 警察官「止まれ」刃物男「撃つんなら撃て」→マジで撃たれて太腿を貫通、職質にサバイバルナイフで抵抗
  3. 「日本人スゴイじゃなくて」で炎上の江川紹子、過去発言掘り起こされ終了!にわか発言で番組降板の過去も
  4. 立憲民主党が日本メダル獲得に「日本、別に凄くない、総理大臣関係ない」批判受け取り消し→無かった事に
  5. 小泉純一郎「拉致問題に一番真剣に取り組んできた政治家は安倍さん」新著で電撃訪朝の舞台裏などを明かす
  6. 朝日新聞クソ社説「尖閣は我が国固有の領土?領土問題は存在しない?これを正解として教え込むのか?」
  7. 高須克弥院長「警察に届けました。なう」Twitter殺害予告投稿に対処、凍結済アカウント投稿の中身
  8. 横田早紀江さん「韓国大統領は北朝鮮に騙されないで」安倍首相と金永南との会話については「ありがたい」
  9. 変態五輪金メダリスト!神奈川新聞支社長が盗撮で逮捕、女性宅侵入やトイレに小型カメラ仕込むプロの手口
  10. 共産党議員が赤旗配達中に電柱激突!呼気からアルコール検出も逮捕はなし、苦手な右折でハンドル操作誤る

人気記事






▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP