「若者の意見を取り入れる」のはジジイである


電車の座席
ジジイに騙されてはいけません。
「若者の意見を取り入れる」ということは、その主導権はジジイどもが握っているということです。ジジイが中心に組織される集団だからこそ「若者の~」という発想が生まれるのであって、若者が中心になっていればこんな発想は生まれません。

スポンサーリンク

選ぶ側が年配なら意味がない

広島県は、県営トイレの建て替えで、若手設計者を対象としたコンペ「ひろしま建築設計コンペU-40」を実地するらしい。参加要件は40歳以下であること。
広島県が40歳以下の若手設計者を対象にコンペ  :日本経済新聞
このコンペは「若手の意見を取り入れよう」という趣旨ではなく、若手設計者の育成というのが目的のようです。こうやって機会を与えて育成することは重要で、若手も先輩から与えられるチャンスを無駄にしないよう努力し先輩を敬い、学ぶ姿勢にもつながるでしょう。
他方では「若者にウケるデザイン」を主目的にしたコンペや公募があります。
こういった企画は往々にして“ジジイ”が企画して“ジジイ”が選考している。これでは意味がない。本来は「若手が選ぶコンペ」でなくてはなりません。
どんなに若手のアイデアを募っても、選考する側がジジイではいかにもジジイが好みそうな案を採用してしまいます。または“ジジイが考える若者のセンス”という、最高にダサいものが選ばれる最悪の結果を招きかねません。

若さをご所望なら主導権を若手へ

発想の起点がジジイである以上、ジジイ的なものしか生まれません。
若者にウケることが肝心だと思うなら、主導権をさっさと渡せば良いのです。自らの地位や利権を維持しつつ若返りを図ることは不可能です。
人間は年を追うごとに老化します。表面的な若返りは可能かも知れませんが、実際は老いて体力・判断力などあらゆる能力が低下していく。これが現実なのです。組織を若返らせるには若手の起用しか手はなく、組織や社会の根底から若返らせるには、中心に若手を置くしかありません。

若者が老人に席をゆずるのは電車やバスだけでいい。
それ以外では老人から“席”を奪うこと。
それが社会や組織を若返らせ、ひいては”ジジイ”の老後を支える礎となる。

【引用方法】

引用は半分程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、動画での転載お断り

上記範囲外での利用料金

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。


KSL公式番組!時事問題・ニュース
通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス KSL-Live!ふわっち

野球「高校野球は残酷ショー」というド直球な指摘にどう答える?

男性トイレトイレをノックするのは日本でもマナー違反なんじゃないか?

KSL公式番組!時事問題・ニュース

通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス
KSL-Live!ふわっち



最近の記事

  1. 救う会:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会
  2. 安倍のライバルw黒川敦彦「選挙運動に関わる会計帳簿」を記載していない模様!現在、必死に誤魔化し中
  3. 高須院長の請求棄却を「朗報」と伝える情報速報ドットコム、内容はデタラメでコメント欄は差別発言満載
  4. 警視庁が謝罪「猥褻犯は星野源に似た男」無言で女子生徒のスカートをまくり上げる事案で不適切なメール
  5. サヨク悲報!日刊ゲンダイ「天下り前川に退職金8000万円?逮捕すべきだ」赤旗「前川が行政を歪めた」
  6. 野党爆破!金子恵美「初鹿セクハラ議員っていましたよね?」#Metoo祭りの喪服議員がお通夜状態に
  7. 日本一早い公選法違反!共産党が来年夏の参院選選挙活動を開始、小池晃が吉良よし子の再選を呼び掛ける
  8. 山本太郎後援会が中傷投稿「妖怪女、小野田紀美議員」国会前デモに疑問を呈したことに対する報復投稿か?
  9. 唖然!週刊金曜日から悲しいお知らせ「安倍政権を批判し憲法を守るため、定期購読の再開を」故人に送付
  10. 動画!事務次官セクハラ問題で共産党にブーメラン!田村智子「実名明かさないセクハラ告発に怒ってます」

人気記事






▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP