子どもを殺された親に「過失」なんてありえんと思うわけだが。


深夜の公園と少年
大阪府高槻市で中学1年の少女の遺体が発見され、容疑者が逮捕されるも行方不明だった中学1年の少年も遺体で発見。最悪の事件だ。
今後の捜査で経緯や動機が明らかにされるのだろうが、目を逸らし耳をふさぎたくなる。それくらい酷い。

未成年が犠牲になる事件で必ず議論されるのが「事件は防げなかったのか?」ということ。これは重要なことで社会全体が考えなければならない。
一方で、事件を防ぐという議論に紛れて巻き起こる「家庭の問題」の詮索と親への過失追及。特にネット界隈で起こりがちだが、テレビなどでも「家庭でもっと・・・」などというコメントが散見され、毎度首を傾げる。

スポンサーリンク

子供を殺されたうえ批判される家族

はっきり言えることは「犯人がイカレテいる」ということ。犯罪歴もある。
極端な犯罪傾向にある人物が社会に放たれ、結果としては、いつ誰が被害に遭うか解らない状態が続いていたということだ。
少し語弊があるかもしれないが、殺害された二人は「たまたま」この男に捕まってしまったのだ。深夜に徘徊していたとはいえ、思春期の少年少女らしい行動であったし、この男さえいなければ後で怒られて済むはずだった。
それがどうでしょう?残酷な殺され方をした被害者とその家族は、日頃の行動や言動、家庭環境まで詮索されて日本中の晒し者にされている。
繰り返すが、この男さえいなければ他愛もない家族の歴史の一ページだったはずだ。中学時代の家族との確執や軋轢なんて、10年もすれば笑い話だ。

テレビなんかで「家庭でもっと対話を」とか「子どもの気持ちを大人が・・・」なんてことを平気で抜かしてる馬鹿どもは、事件の過失が家族にあったとでも言いたいのか?いったい何様になったつもりなんでしょうか?
考えなくても解るだろう。悪いのは子供を殺す鬼畜野郎だ。

被害者家族へのお説教は酷

冒頭にも書いたが、事件を未然に防ぐ対策は必要です。
しかし今回に限った事ではないが、いつも被害者の名前、顔は大々的に報道され家族まで特定される。そのような状態で「子供を守る」という事をテレビで議論すれば、それは即ち被害者家族をサンプルにすることとなる。
子供を殺された親にとっては二度目の地獄であり、何を聞いても自分の過失だと言われてるような気分になるでしょう。「こうすればいい」と言われれば、親として「なぜそうしなかったのか」と自分を責めることでしょう。あまりにも酷だ。
社会を震撼させ、すべての親が不安になる事件であるが、そんなことテレビで言われなくてもわかってる。わかっていても上手くいかないのが思春期なんだし。
子供と親の関係や、社会と子供の関係なんて、おそらく有史以来語られ続けた問題であり今回のような特殊な事件と結び付けて語っても意味はないのではないか?
「夜出歩くと殺人鬼に殺される」みたいな説教は教育か?
意味のない不毛な議論で被害者家族を追い詰めてどうする?

子育てや思春期の問題なら、どこの家庭でも起きている問題であり、別に被害者家族をサンプルに語る必要なんてないはずだ。

この事件は家族の問題ではない。特殊な犯罪傾向にある人物を今後どう扱うか?犯罪を犯した人物の人権と、再犯で被害に遭う被害者とその家族の怒りに社会はどう応えるのか?
そういう問題ではないだろうか。

掲示板、まとめ転載歓迎(全文転載の場合、冒頭と最後の2か所に出典リンク、URLはテキストではなくリンクで)動画での転載お断り

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク

ゴケグモ属全種が特定外来生物に指定される

武藤貴也という逸材をマスコミが放っておくはずがない

関連記事

  1. 田中龍作、そこまで言って委員会出演

    復興大臣を怒らせた記者は絶賛、時事通信記者は叱責する田中龍作のダ…

    4日の会見で今村雅弘復興大臣を意図的に怒らせた記者の正体は当サイトで報じた通り「活動家」であ…

  2. 「現実的なテロ対策強化法案を提出する」蓮舫代表記者会見

    【暴露写真】民進党蓮舫の定例会見がガラガラであると身内にバラされ…

    毎度、薄っぺらいことをキリッとした顔で言い放つ蓮舫代表の定例会見。二重国籍問題が取り沙汰…

  3. 経歴詐称ショーンKにIntelは入っていなかった。

    「自分力」を鍛えるCM「Intel入ってる」の声の主、ショーンKことショーン・マクアード…

  4. ルサンチマンを誤用する左翼に絡まれるの巻(サンデーモーニングのせ…

    「ルサンチマン」主に弱者が強者に対して、「憤り・怨恨・憎悪・非難」の感情を持つことを言う…

  5. 舛添都知事とのヤフオク取引をベラベラ喋る出品者

    舛添要一 朝までファミコンもう舛添都知事は救いようがない。早めに辞任すべき。次から次…

  6. BLOGOS(ブロゴス)- 意見をつなぐ。日本が変わる。

    BLOGOSは放置?特定候補を記事にして寄付を受ける田中龍作

    写真:BLOGOSバナー田中龍作が富山市議会補選の告示後に特定候補を記事にして寄付金を求…

  7. 覚せい剤

    覚せい剤は身近な脅威ではありません。騙されないように。

    シンガーソングライターのASKAが覚せい剤取締法違反(所持)の容疑で逮捕。過去にも多くの芸能人・…

  8. 毎日新聞記者が暴行容疑で書類送検、他人の不祥事に「氏名公表を」と迫るも自分が実名報道されるブーメラン

    毎日新聞記者が暴行容疑で書類送検、他人の不祥事に「氏名公表」を迫…

    27日、福岡県警は、毎日新聞福岡南支局の勝野昭龍記者(62)を暴行容疑で書類送検してことが朝…




最新の記事

  1. 民進・有田芳生議員が離党!ネットの声「どこに行ってもワルは、ワル」上杉隆「オプエド既報!ドヤッ!」
  2. 増山麗奈「ビビアン・リーと同じ台湾原住民の女優さんと写真撮ったで」←節子、それ、ビビアン・スーや
  3. 【子連れ市議】緒方夕佳市議の政治資金収支報告書に謎?視察同行者は自費と説明も政治活動費で支出の履歴
  4. 黒川敦彦「安倍事務所のオーナーは帰化した在日、指定暴力団が出入りしている」下関で差別材料を漁る
  5. 民進・徳永エリ「メディアは民進党を潰したいのか!」→自身は立憲民主党のジャンパーをスタンバイ完了!2
  6. 吉田照美「ツイッター社の不正だ!閲覧数が減ってる!」←何が不正なのかは不明だがラジオで話すらしい
  7. サッカーE-1選手権「北朝鮮には賞金を払わない」連盟の対応はスポーツへの政治介入か?
  8. 悲報!女子マネージャー山尾志桜里・前原誠司主将の野球チーム、会合の出席者が僅か7名でチーム組めず
  9. 辻元清美は「二重国籍は日本国籍を剥奪し追い返すべき」と主張したのか?資料をまとめて検証してみた
  10. 安倍のライバルw黒川敦彦「選挙運動に関わる会計帳簿」を記載していない模様!現在、必死に誤魔化し中

▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP