増山れな氏はスラップ訴訟の意味を理解していない


LINEで送る
Pocket

社会民主党公認で東京選挙区から立候補予定の増山れな氏(@renaart)が、経産省前の「脱原発テント」の撤去を求める訴訟について「スラップ訴訟だ」と批判している。


どうやらこの人はスラップ訴訟の意味を勘違いしているようだ。
経産省前の敷地内に無断でテントを張り、その後数年間にも及び同敷地を不法に占拠している者に対し、撤去を求める訴訟が起きるのは当然でありスラップ訴訟ではない。

スポンサーリンク

スラップ訴訟とは「恫喝や威圧」を目的とする訴訟

スラップ訴訟とは、経済的に優位で力のある企業や団体、または自治体などが恫喝や威圧を目的に訴訟を起こすことを言う。
おそらく増山れな氏は、政府や大企業が起こす訴訟イコールで「スラップ訴訟」だと思っているのでしょう。これは大きな勘違いである。
スラップ訴訟の定義は明確にされてはいないが、大前提としてその訴訟が「言論封殺・表現の自由への圧力」など、不当な目的であることが挙げられます。
度々スラップ訴訟として問題視される代表例としては、企業や団体の不祥事や不適切な行いを批判したジャーナリストが、その企業から名誉棄損などで訴えられるという事例がある。特にフリーランスのジャーナリストがスラップ訴訟を起こされるケースが多く、裁判で争う潤沢な資金をもたない個人は記事を撤回して謝罪をするという不条理を迫られる。
また、企業内では内部告発や公益通報を行った社員に対し、会社が社員を名誉棄損で訴えるというケースもある。これは他の社員に対する見せしめも視野に入れた悪質なスラップ訴訟で、事例としても少なくない。

ここでポイントとなるのが、社会的に批判される側正義を重んじる側を訴えているということ。裁判で勝ち目がなくとも訴訟を起こせば相手に経済的な負担を強いることができ、精神的にも追い詰めることができてしまうということ。
逆を考えれば、このような事態に見舞われた人間を経済的にサポートすれば裁判で戦うことができ、スラップ訴訟の大半が不条理な訴えであるため勝算は高い。
最近は日本でも、スラップ訴訟を起こされた人を支援する人たちが増え、訴えた企業や団体が敗訴し、結果的に更なる批判を浴びることもある。

脱原発テントは明確に違法行為

目的がどうあれ、経産省前の敷地にテントを設営し24時間体制で居座ることは不法占拠である。これが民間の敷地であれば不法侵入で現行犯逮捕される事案。
この団体は、表現の自由を楯に裁判で争っているようだが、到底認められるような言い分ではない。アーティストが無断で他人の敷地にオブジェなどの作品を設置することは表現の自由ではないし、他人の庭先に侵入して歌ったり語ったりすることは迷惑な不法行為である。
表現の自由は、他人の権利や人権を侵害してはならないのだ。

2015年8月11日にJ-CASTニュースが掲載した記事に、脱原発テントに関するアンケートが設置されている。その途中経過をみれば世間の常識的な反応が伺える。
経産省前の「脱原発テント」 4年間も撤去されないのはどうしてか
脱原発テントアンケート
画像:J-CASTニュース
現在も進行中のアンケートではあるが、実に9割の投票者が「違法」と回答、「表現の自由の形として許容すべき。問題ない」と回答した投票者は1割にも満たない。
これは「脱原発」を訴える多くの市民からも「違法」と認識され、撤去すべきという声が上がっているからではないだろうか?
このアンケート結果について、私は増山れな氏に見解を求めたが、相変わらず都合の悪いものは見えないようだ。完全無視である。


私より先に他の方からも同様の指摘があったようだが、そちらも無視されている。

このように、社会的にも不法行為と認められる事案に対し訴訟が行われるのは当然であり、原告と被告の地位や資金の差だけで「スラップ訴訟」などと騒ぎ立て、法を犯し続けながら抗う姿は実に見苦しい。
表現の自由を楯に傍若無人に振る舞い、他人の権利を侵害するような行為は断じて許されない。
増山れな氏は立候補する前に「憲法」とはなにか?自由とはなにか?をもう少し勉強する必要がありそうです。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

取材・調査費支援のお願い

スポンサーリンク

自民党本部朝生で「ヤラセ」があったのか山本一太議員に質問してみた。

拝啓ベッキー様、ホテルで共に過ごす「お友達」ってセフレだよ

関連記事

  1. SEALDsの皆様、スイスは「一億総火の玉だ」的な国家なんですけ…

    SEALDs(シールズ)や安保法案に反対するママの会の主張を実現化するには、スイスのような永…

  2. ガラの悪い、サングラスを描けた暴力団の人(ヤクザ・チンピラ)

    佐高信「共謀罪反対のためヤクザとも手を組む」過去にもヤクザ発言

    評論家の佐高信氏が、テロ等準備罪の新設に反対する集会でトンデモ発言をして猛烈な批判を浴びてい…

  3. 情報速報ドットコムが報じた稲田疑惑投稿

    左翼発狂中!稲田防衛相「森友学園の顧問弁護士であった事実はない」…

    写真:情報速報ドットコムに掲載された投稿数日前から左翼界隈が徹底的に叩いていた「稲田防衛…

  4. 志葉玲さんこれもナチスでは?増山麗奈の絵と衣装をご覧ください

    フリージャーナリストの志葉玲さんが、欅坂46の「ナチス風衣装問題」で秋元康さんをこれでもかってくらい…

  5. 志葉玲「鳥越は神輿」担ぐ神輿は軽くてパーがいい?

    ジャーナリストの志葉玲氏がまた暴言で物議を醸している。8月3日、自身のフェイスブックに都…

  6. 福島瑞穂さん辺野古で機動隊に排除される→あっさり諦めて沖縄観光を満喫「シーサーかわええなぁ」

    福島瑞穂さん辺野古で機動隊に排除される→「シーサーかわええなぁ」…

    写真:機動隊員に抱えらえて満足そうな福島瑞穂さん「久しぶりや・・・」18日、社民党の福島…

  7. 戦争法の廃止を求める2000万人統一署名

    カルト化する共産党、小学生を脅し安保法案反対署名を集める

    共産党運動員が下校中の小学生に「お父さんやお母さんが戦争で死んだら困るでしょ」「爆弾が落ちてきた…

  8. 横断歩道で共謀罪反対

    危険!横断歩道をふさぎ「NO!共謀罪」陸橋の上から「NO!共謀罪…

    出典:https://www.facebook.com/media/set/?set=a.131…




最新の記事

  1. 共産党・池内さおり議員が公選法違反か?公示前に名入りタスキで街宣活動、志位委員長も選挙戦と認める
  2. あずみん「官邸会見室、テロリストはいない」田中稔「望月衣塑子さんのことかー!」あずみん「ちゃうで」
  3. 中山成彬が小池新党を批判「小池と細野の連携、自分ファーストだ」→嫁の恭子に連れられて小池に命乞い
  4. 今治加計反対デモ大本営発表「四百名ノ行軍ガ今治二於テ、安倍独裁ヲ撃破セリ!」(60名が複数回参加)
  5. サンモニ谷口真由美「拉致被害の話はもう分かってる、この局面で出すなよ!」トランプ国連演説を批判

▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

PAGE TOP