社民党の予定候補が、誤った日本批判を海外記者に伝える。


発言する安倍総理1
出典:首相官邸HPより

話題沸騰の増山れな氏、とんでもない失態を世界に晒してくれました。
外国人記者が日本の「閣僚」「男女共同参画会議議員」を見誤ってツイッターに批判投稿しているのをみて「too many men. (すごく男性が多い)」と誤った返信をしていたのです。
先日も北朝鮮に関する質問を改変するという愚行に出たばかり。
増山れな、質問から「拉致被害者」の文字を削除して回答
それでは、その恥ずかしい投稿を見てみましょう。

スポンサーリンク

増山れな氏は日本の閣僚を知らないのか?


https://twitter.com/Noahpinion/status/680623701214105601
この記者は、「Here is a picture of a conference at Japan’s Gender Equality Bureau. Notice anything? (日本の男女共同参画局の会議の様子です。何かに気付きましたか?)」と言っている。
男女共同参画会議なのに女性が2名だけだと言いたいのだろう。
おそらく増山れな氏は、孫崎享(まごさきうける)氏のツイートからネタをパクッて、精一杯の英語で海外記者に返信したものと思われる。


しかし、パクッた元は男女の比率については言及していない。
それを何も考えずに飛びついて、誤ったクイズに回答してしまう増山れな。

「はい、はーい!女性が少ないでーす!」

いやいや、この写真、男女共同参画会議に出席した「閣僚」の写真です。
正確に言えば、メンバーではない大臣もいる閣僚一同の席側だけを写したものであり、男女共同参画会議議員一同ではない。
この対面には閣僚以外の女性メンバーが座っている。このメンバーは閣僚でも国会議員でもない民間から選ばれたメンバーであり、内閣府のHPによると男性が5名、女性が7名の構成となっている。
安倍総理大臣を含む日本の閣僚と、一般から集められた男女共同参画会議議員とを見間違えるような人物が、社民党公認で参議院選挙に打って出るというのだから驚く。いや呆れる。
海外の方達なら間違えても仕方ないですが、日本人が、しかも参議院議員予定候補がこれを間違えるとは社民党も落ちるところまで落ちた。

この会議の模様は内閣府のHPでも確認でき、対面の写真も掲載されている。
発言する安倍総理2
出典:首相官邸HPより
首相官邸HP平成27年12月25日男女共同参画会議

増山れな氏は、とにかく自分で調べない。すぐにツイッターで「誰か教えてください。」と質問し、毎度の如く炎上。自分で調べてるのが筋であるし、議員になるなら勉強してからにしてほしい。
閣僚と他の一般人を見間違えるような失態を犯し、海外にまで事実無根の日本批判を垂れ流すような人間は、そもそも議員には向かない。

【引用方法】

引用は半分程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、差別的なコメントを集める目的での引用禁止、動画での転載お断り

上記範囲外での利用料金

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。


KSL公式番組!時事問題・ニュース
通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス KSL-Live!ふわっち

増山れな、質問から「拉致被害者」の文字を削除して回答

増山、マジメやめるってよ。社民党公認取り消しないんで。

KSL公式番組!時事問題・ニュース

通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス
KSL-Live!ふわっち



最近の記事

  1. 告発!フジテレビ「グッディ!」が麻原死刑報道で捏造か?情報提供者「全く事実と異なる説明をされた」
  2. 山本太郎が暴行!内閣委員長の腕に掴みかかりマイクを損壊する暴挙、質疑では終始暴言パフォーマンス
  3. 社民党の増山麗奈と福島瑞穂参院選演説
  4. 【祝】ネットギークさんが左翼に転向!田中龍作が被災住民に成りすまし隠し撮りした写真を絶賛
  5. 菅直人、総理だった記憶を消去「安倍総理は東日本大震災の時も超党派で対処せず」その時の総理はお前だ!
  6. 朝日新聞「運動部のみんな、熱中症「もうダメだ」の勇気を」津田大介「夏の甲子園は朝日の主催やんか」
  7. 安倍のライバルw黒川敦彦「選挙運動に関わる会計帳簿」を記載していない模様!現在、必死に誤魔化し中
  8. 立憲民主党支部長「5日夜はパーリィのダブルヘッダー」真山勇一「災害時、野党に権限はないのでOK」
  9. 災害デマ「自衛隊が支援物資をコンビニに輸送し販売された」深刻な食糧・水不足は避難所以外で起きている
  10. 最悪の取材方法!田中龍作が被災地住民を装って避難所に潜入、訪問の安倍首相を待ち伏せして直撃する

人気記事






▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP