ゲスの極み長谷川豊がまた炎上狙いのボヤ騒ぎを起こしたらしい。


両成敗 【初回生産限定盤CD+DVD】 【Loppi・HMV限定オリジナルトートバッグ&手拭いセット】
画像:両成敗 【初回生産限定盤CD+DVD】 【Loppi・HMV限定オリジナルトートバッグ&手拭いセット】

あの、長谷川豊がまたやらかしたらしい。
昨日から「長谷川豊 逆張り」「長谷川豊 炎上商法」など、ネガティブなキーワードで当ブログに訪問される方が増えていたので、ちょっと調べてみたら・・・
長谷川豊氏がベッキー騒動で断言「一番悪いのは川谷絵音の妻」
※長谷川豊はゲス川谷の奥さんを「犯罪者と断定」と記述していた部分を含め複数箇所を改変し逃亡した模様
http://alfalfalfa.com/articles/143981.html

前回の「絶歌」問題以来、長谷川豊のブログは全部スルーしてきた。
元少年A「絶歌」を薦める長谷川豊氏の無知と無神経ぶり
自らの逆張りに酔いしれる姿はもう笑えないレベルに達していたからだ。
今回も長谷川豊は、基本のキとも言える部分で間違った認識を披露している。

スポンサーリンク

ベッキー不倫騒動を罪の軽重で並べる愚

もう、気分が悪くてじっくり読み込む気にもならなかった。
ほとんど流し読みであったが、今回も炎上(ボヤ程度)した原因と、常識的な認識をもつ大多数が怒っている部分は明白だった。
長谷川豊のこの一文だ。

この3人の中で、完全にダントツで一番ダメな行為をしているのはゲス谷君の奥さんであることは法治国家日本において明白です。
出典:1月に起きた3大ニュース ~ベッキーさん騒動を整理しておく~ – 長谷川豊 公式ブログ 『本気論 本音論』

誰得?と言いたくなるような逆張りです。
私の見解ではあるが、ゲス川谷の奥さんがLINEの情報を不正に入手したのならば、それは相応の法的な責めを受けることになるでしょう。
長谷川豊も同じことを書いているが、この人の勘違いしている部分は、ゲス川谷の奥さんの問題点がベッキーと川谷の行為を相殺できると思っているところだ。
これは相殺法といって、詭弁の一種。長谷川豊が得意とする逆張りも詭弁の一種と言えるだろう。
相殺とは「双方に損失があったので互いの損失を帳消しにする」とか「AがBを2回殴ったが、Bも一回殴っている。A2回からB1回を差し引いてAがBを殴った1回分の罪」という考え方です。
しかし、これは犯罪においては適応されません。双方がそれぞれの罪に問われます。民法では双方の債務を相殺することがありますが、「誰が悪いか」という判断においては、その個々人が行った行為がそのまま裁かれることになっています。
もちろん、刑事裁判においては犯行の動機となった被告の被害なども考慮されますが、これをもって罪が相殺されているのではなく、動機を作った人間の行為が不法行為であれば、その罪は相殺されずに裁かれるのです。
この「相殺」を許してしまえば報復殺人はすべて無罪になってしまいます。

今回のベッキー不倫騒動にも同じことが言え、ゲス川谷の過ちとベッキーの過ちは相殺されることなく責められる。
ゲス川谷の奥さんがもし、不法な行為を行っていればそれも責められる。
刑事事件においては不法な行為で得られた証拠について、その証拠能力を認めるかどうかは判例もまちまちのようだ。ただ、傾向としては犯罪の事実が明白であった場合には、その証拠能力を問うよりも出てきた事実が優先されるように思える。

余談ではあるが、今回クローズアップされたワード「両成敗」は双方とも成敗されるので相殺ではありません。

騒動はそれぞれに過ちがある

話を本題に戻してみる。

ゲス川谷はミュージシャンであり、歌詞の内容も上品を売りにしてるとは思えない。今回の騒動でバッシングしているのはファン以外であり、既存のファンが幻滅するようなこともなく継続して応援して貰えた。知名度も上がりアルバムも売れた。

ゲス川谷の奥さんは裏切られた被害者でもある。ベッキーが良い人を演じてテレビにでていることが許せなかったという言い分は共感を得ている。その一方でLINEの覗き見疑惑があり、文春への告発が一方的だという批判も浴びている。

ベッキーは誠実を装ったあの会見が嘘とばれた。
これによって多くのスポンサーがさらなる対応に追われ、商品や企業イメージが低下するかもしれない。
テレビ番組制作サイドも困っている。どうしてもベッキーの発言や態度に視聴者の目が行ってしまい、本来の趣旨と違う見られ方をする。降板も突然で代役も見つからないまま収録が行われ、他の出演者が代わりに謝罪するはめにもなっている。
ベッキーは前述の2名よりも圧倒的に売れていた。しかもクリーンなイメージと誠実さが売りだった。そのイメージを番組・CMごとぶっ壊したのだ。
関係者が被った被害額も桁が違っている。

最も人気があって、金銭的な被害が多く、それ相応に関係者も多いベッキーが最も叩かれるのは仕方のないことなのです。
これを長谷川豊のように相殺法を用い、誰が最もバッシングを受けるべきなのか?を語るのは愚かな事です。

最も大きな被害を与えたベッキーが叩かれるのは当たり前なのです。
両成敗も適用されません。

【引用方法】

引用は半分程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、動画での転載お断り

上記範囲外での利用料金

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。


KSL公式番組!時事問題・ニュース
通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス KSL-Live!ふわっち

Advanced Wifi LockLINEをWi-Fiのみで使うと通知がこない問題が解決した!

清水寺の門前京都市長選の結果を見れば野党共闘が妄想だと分かる

KSL公式番組!時事問題・ニュース

通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス
KSL-Live!ふわっち



最近の記事

  1. 救う会:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会
  2. 安倍のライバルw黒川敦彦「選挙運動に関わる会計帳簿」を記載していない模様!現在、必死に誤魔化し中
  3. 高須院長の請求棄却を「朗報」と伝える情報速報ドットコム、内容はデタラメでコメント欄は差別発言満載
  4. 警視庁が謝罪「猥褻犯は星野源に似た男」無言で女子生徒のスカートをまくり上げる事案で不適切なメール
  5. サヨク悲報!日刊ゲンダイ「天下り前川に退職金8000万円?逮捕すべきだ」赤旗「前川が行政を歪めた」
  6. 野党爆破!金子恵美「初鹿セクハラ議員っていましたよね?」#Metoo祭りの喪服議員がお通夜状態に
  7. 日本一早い公選法違反!共産党が来年夏の参院選選挙活動を開始、小池晃が吉良よし子の再選を呼び掛ける
  8. 山本太郎後援会が中傷投稿「妖怪女、小野田紀美議員」国会前デモに疑問を呈したことに対する報復投稿か?
  9. 唖然!週刊金曜日から悲しいお知らせ「安倍政権を批判し憲法を守るため、定期購読の再開を」故人に送付
  10. 動画!事務次官セクハラ問題で共産党にブーメラン!田村智子「実名明かさないセクハラ告発に怒ってます」

人気記事






▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP