テレ朝の椿事件や民主の「電波止めるぞ!」で電波は止まったか?


高市早苗総務大臣国会答弁
写真:高市早苗HPより

高市早苗総務大臣が「放送局の電波停止」の可能性に言及したことが大きな波紋を呼んでいる。
この発言に怒っている面々の主張では、時の政権の判断でメディアの政権批判が封殺される可能性があるという。
高市総務大臣は、民主党の誘導に乗ってしまったといったところか。
しかし、この発言程度で「言論の自由」が脅かされたというのは、少々大げさではないだろうか。
なぜなら、過去に民主党の輿石東氏は政権与党の幹事長という立場から、「電波止めるぞ」と番記者を恫喝しているが、実際にそれで萎縮したメディアは無く、電波も止められていない。
また、1993年にテレビ朝日が起こした「椿事件」でさえも放送免許停止には至っていない。
この2件の問題について振り返ってみると、電波停止など起こりえないし、大臣の発言も一般論であることがよく分かる。

スポンサーリンク

テレビ朝日「椿事件」後も絶好調

「椿事件」とは何か?
1993年、自民党が初めて野党に転落した年、テレビ局が初めて放送免許をはく奪されかねない事態となる。
当時のテレビ朝日報道局長の椿貞良が局内での報道姿勢を以下のようにすると発言し、大きな問題となった。

「小沢一郎氏のけじめをことさらに追及する必要はない。今は自民党政権の存続を絶対に阻止して、なんでもよいから反自民の連立政権を成立させる手助けになるような報道をしようではないか」
「日本共産党に意見表明の機会を与えることは、かえってフェアネスではない」

これは明らかに自民党を下野させるため、特定の政党を好意的に報道する姿勢を示したものであり、その非自民の連立から共産党を排除するという意思。
現在も報道ステーションの報道内容について、度々問題視されることがあるが、このテレビ朝日が起こした大事件に端を発していることを忘れてはならない。

しかし、この事件においても「特定の政党を支持するものではない」という苦し言い訳をし、今でもテレビ朝日は自民党批判を続けているが電波は停止していない。
参考:wikipedia

民主党政権時には「電波とめる」という恫喝が

2012年、当時政権与党であった民主党の輿石東幹事長は、番記者に対して以下のような恫喝を行ったと言われている。

「間違った情報ばかり流すなら、電波を止めてしまうぞ!政府は電波を止めることができるんだぞ。電波が止まったら、お前らリストラどころか、給料をもらえず全員クビになるんだ」

この発言と高市大臣の発言を比べてみてはどうだろうか?
今、高市大臣を過剰反応でバッシングしている人達は、どうしてこの輿石東の問題を取り上げないのか?
電波停止に関して「報道の自由」を語るならこの発言と椿事件は欠かせない事例ではないだろうか?
参考:現代ビジネス

電波停止をされないテレビは巨大権力に

あくまで、「局全体が違反を繰り返す極めて限定的な場合」は電波停止もあり得るという話のどこが間違っていて、それは恐れるようなことなのか?
余程の悪事を働かなければ良いだけの話であって、これに過剰反応するということは「政治的意図をもって自民党を貶めます」と言っているようなものだ。
何をしても許され守られるような堕落した「報道」に価値があるのだろうか。
軽減税率においても恥ずかしげもなく新聞を対象にねじ込むマスコミ。大手新聞社はどこもテレビ局との資本関係などがある。
この巨大権力と化したマスメディアが泣き言を言うようなことか。
椿事件ですら電波停止が無かったという事実をよく考えろと言いたい。

【全文転載は禁止、引用方法は↓】

引用は半分以下で「続きは以下へ」のリンク必須(まとめサイトも同条件)、動画サイトでの転載お断り

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク

NHK世論調査に生活の党が無い!←支持率0でした

シールズの五寸釘ガールに共産党の資金力を教えてあげよう

関連記事

  1. 【速報】毎日新聞が誤報を隠蔽、こっそり記事を改ざんして逃亡

    全く別人である編集者に殺人事件での逮捕誤報をやらかしておいて、毎日新聞は記事を改ざんして逃亡した。…

  2. 日本共産党浅賀由香公職選挙法違反

    東京新聞が共産党の公選法違反をモザイク処理で報じる

    写真:東京新聞より東京新聞は6月2日付の記事で、日本共産党候補の公職選挙法違反の写真をモ…

  3. 刑務所

    永山則夫や元少年Aの「人殺し文学」なんてクソくらえです。

    この『絶歌』を巡る論争について書くのは4回目。元少年A「絶歌」を薦める長谷川豊氏の無知と無神…

  4. 田中龍作さん、禁止されてるPayPal寄付は順調ですか?

    あの田中龍作さんが、禁止されているはずのPayPal(ペイパル)での寄付を受け付けているではありませ…

  5. NHK

    あのNHKが奨学金返済に困っている人を募集しています

    8月中旬にNHKが放送した「貧困女子高生」が大炎上したのは記憶に新しい。この件についてはne…

  6. 朝日新聞が若手ヤクザを勧誘するお得プラン

    朝日新聞がヤクザの高齢化を憂い、裏盃というお得プランで若手勧誘

    朝日新聞が無批判に暴力団の窮状を伝えている。ご丁寧に暴対法を逃れるために若手が組長と交わ…

  7. 室井佑月が「衆院選の安倍陣営」に関する大嘘を調べもせず週刊朝日に…

    作家の室井佑月氏が、週刊朝日11月3日号に寄稿した「選挙に行った?」の中で、衆院選での安倍陣…

  8. 鳥越俊太郎「局が税金の使い道を監視すると停波」と発言

    3月14日TBSラジオ「大沢悠里のゆうゆうワイド」内のコーナー"世間ニュース"において、以下のよ…




最近の記事

  1. 希望の党公認候補「拉致問題も経済停滞も靖国に参拝しないのもネアンデルタールの血が原因」若狭塾出身
  2. ピースボート「安倍はICAN事務局長と会わない!」←首相の東欧歴訪中を狙って面会を求めるヤラセ!
  3. 社民党完全崩壊!党首選「候補者ゼロ」で延期に、福島も又市も重責を無職の吉田忠智さんにまた押し付ける
  4. 中日新聞主筆が失言「性同一性障害みたいな知事」同席の民進・大塚代表や立民・近藤副代表らは問題視せず
  5. オホーツク総合振興局「沖縄の問題は沖縄だけに押し付ける日本」公式アカが投稿を削除、理由は明かさず
  6. 田中正道の正論「ド左翼は自己主張で相手の人権考えない」「もっと素晴らしい憲法を作ろうと尽力しない」
  7. 三橋貴明のDV逮捕を「ヘイトクライム」にしたい米山新潟県知事と陰謀論を語る人々
  8. TBSが自らの道交法違反を放送!「中国人が禁止場所で車線を変更」→ロケ車も車線変更!放送免許も返せ
  9. ウーマン村本起用のオホーツクPR動画に盗作疑惑!有吉弘行主演のDVDとコンセプトもタッチも酷似?
  10. 福島瑞穂「私は韓国ドラマを見て朝鮮王朝史を知った」小池晃「日本は朝鮮を侵略した、選挙権を与えよう」

人気記事






▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP