田中龍作さん、禁止されてるPayPal寄付は順調ですか?


LINEで送る
Pocket

あの田中龍作さんが、禁止されているはずのPayPal(ペイパル)での寄付を受け付けているではありませんか。
PayPal をお使い頂けるようになりました
「記事1本100円」「写真1枚100円」という寄付名目偽装が狡くて泣けてくる。
そもそも、ペイパル使えるくらいのネットユーザーなら、ゆうちょ銀行にネットから振り込む手段はいくらでもあるだろうに。
なぜ、禁止されてるペイパル寄付をわざわざ導入しているのでしょうか?

スポンサーリンク

寄付名目を偽ることに問題がある

ペイパルが寄付金等の個人間送金を禁止している理由については後述するとして、ここでは田中龍作さんの行為が、政治家の資金問題を糾弾することもあるジャーナリストとして「正義」に反しないのか?ということを考えてみたいと思います。

田中龍作さんの記事では寄付金名目と金額を、寄付する側が任意で設定するようになっている。これは、実態がないにもかかわらず「取引」が成立したかのように見せかける偽装ではないだろうか。
ペイパルが商品やサービスを介さない「実体のない取引」で送金するすることを禁じていることを知っていて、「記事1本100円」「写真1枚100円」という仮の名目を設定しているとしか思えない。
これが記事や写真を「販売」したことになると言うのなら、政治家の迂回献金や資金集めの方法をとやかく言う資格はないでしょう。
販売なのか、寄付なのか?それによって課税方法も変わってくるでしょうし、振込金額の上限も設けていない。これが政治家なら猛烈に追及するのがジャーナリストの仕事なんでしょうが、自分だけは許されるのでしょうか?

数日前まで、全ての記事の文末でペイパル寄付の呼びかけが行われていたが、本件についてペイパル社から指摘を受けたのか最新の記事では掲載されていない。
田中龍作ペイパル寄付
しかし、以前の記事とペイパル導入の記事は削除されておらず、現在でも送金可能な状態となっている。間違いを認めるのであれば読者や支援者に告知して訂正するべきではないだろうか。一度送金してしまった支援者は今後も禁止されているペイパルでの寄付を続けるかもしれません。
ジャーナリストして政治家の資金問題にメスを入れることもあるでしょう。そのジャーナリストが資金集めに問題があったとすれば目も当てられない。

個人がペイパルで寄付を受けることはできません

個人がペイパルで寄付を受け付けることは、運営側が規約で禁止をしています。任意団体やNPO法人もNGとのこと。
寄付をPayPal(ペイパル)で任意団体・NPO法人受け付ける事は「NG」だった件
ちょっと前までは「ペイパルでの寄付は違法」という情報が、実しやかに流れていましたが調べてみても法的根拠とそれを説明するものはありません。
「違法」と主張する情報の多くは、「ペイパルが資金移動業者として登録していない」というものですが、これは情報が古いようで現在は資金移動業者として活動しているようです。
ペイパルからのメールにも以下のように記載されていました。

ご利用の皆様へ- PayPal Pte. Ltdはシンガポール法人です。 PayPal Pte. Ltdは、資金移動業の役務提供を行う資金移動業者として日本国金融庁に登録されています。関東財務局長第00026号

しかし、前述のブログ筆者が問い合わせた結果には「法律および行政規制上の制約」となっているので、なんらかの法的問題はあるようです。

大変申し訳ございませんが、法律および行政規制上の制約により、弊社(PayPal Private Limited)では当該規制管轄下にある、非登録慈善団体および非営利団体(NPO)、政党/政治団体、宗教団体、資金集めの個人および団体等へは、寄付金徴収のために決済サービスを提供することができません。何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。
寄付をPayPal(ペイパル)で任意団体・NPO法人受け付ける事は「NG」だった件

今回の田中龍作さんのケースでペイパルに問い合わせた結果では、「違法」という言葉はなく「上限のない寄付金」を問題視しているようです。
確かに海外からジャンジャンと送金を繰り返せば法的に問題が生じるでしょう。かといって上限を設ければ寄付を募ってよいとも書かれていませんでした。
いずれにしてもペイパルでの寄付はダメ!ってことで間違いないでしょう。

田中龍作さん、このペイパル寄付の問題が些末事と思いますか?
普段の貴方の論調からすれば「説明責任」「返金」などの責任を果たすのが筋ではないでしょうか?

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

取材・調査費支援のお願い

スポンサーリンク

SEALDsが呼びかけたデモに偽装した共産党街宣車が登場

「収支報告訂正した日本死ね!!!」山尾志桜里の声を代弁してみた。

関連記事

  1. サンデーモーニングの手作りフリップは卑怯すぎる!!黒板係も意味不…

    この記事をアップして随分の月日が経過、今でも毎週日曜日はアクセス殺到。どんだけ評判悪いんだ・…

  2. 鳥越俊太郎「局が税金の使い道を監視すると停波」と発言

    3月14日TBSラジオ「大沢悠里のゆうゆうワイド」内のコーナー"世間ニュース"において、以下のよ…

  3. 古館伊知郎がパワーポイントをプロレス技だと思っていても支障はない…

    近年稀に見るどうでもよい炎上劇です。「報道ステーション」において、STAP細胞論文に関する小…

  4. 田中龍作の会計報告に「イケマキ」、舛添的な「タクシー代」など

    会計士は見た! (文春e-book)田中龍作さんの会計報告がカオス。禁止されているペ…

  5. 蓮舫、自分の家族をマスコミに売っておいて週刊誌の取材は批判

  6. 沖縄タイムス誤報伊江島の着陸帯、拡張工事を村長・議会・地主が刺殺

    沖縄タイムスが大誤報「村長・議会・地主が刺殺」と痛恨の誤変換

    沖縄タイムスがタイトル誤変換で大誤報を飛ばした。島袋秀幸伊江村長や村議会、村軍用地等地主会が、8…

  7. 「美味しんぼ」休載で、飯田哲也氏は朝日の印象操作に乗せられた?

    東京電力福島第1原発の事故を巡る表現で批判が殺到した「美味しんぼ」が一時休載となった。これを受け…

  8. 「共産党の議席が倍増」は、民主と社民から議席を奪っただけだった。…

    25日に投開票された宮城県議選、東京新聞や毎日新聞では「共産党が議席倍増」というキーワードで、あたか…




最新の記事

  1. 今治加計反対デモ大本営発表「四百名ノ行軍ガ今治二於テ、安倍独裁ヲ撃破セリ!」(60名が複数回参加)
  2. サンモニ谷口真由美「拉致被害の話はもう分かってる、この局面で出すなよ!」トランプ国連演説を批判
  3. 加計反対デモが大失敗!地元市民が参加の呼びかけに応じず→田中龍作「デモは穏やかに行われた」
  4. 福島瑞穂が北朝鮮プロパカンダ鵜呑み投稿をシェア、北朝鮮「普通に人が暮らしている、国なら日本も酷い」
  5. 菅野完の暴言を見た反安倍の人「それは成りすましだ!凍結してやる!」都合悪い事は直視しないスタイル

▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

PAGE TOP