日本共産党「血のメーデーは警察の企図」と赤旗に記述


Bloody May Day Incident2.JPG
By 不明 – 毎日新聞社「昭和史第14巻 講和・独立」より。なお、この写真は既に公表済である。, パブリック・ドメイン, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=3831907

例年の事ではあるが、日本共産党は労働問題やその改善に繋がる政策とは無縁と思われる安倍政権批判に躍起のようだ。


彼らは「血のメーデー事件」を反省していない。
死者2名、負傷者約1000名という暴力革命さながらの惨劇を反省していれば、群衆を前に憎悪を煽ることがどれほど危険なことか分かる筈だ。

反省しない日本共産党が血のメーデーを正当化し、警察による陰謀説を記述した記事も存在するので後半で晒しておく。
日本共産党だけではない、朝日新聞や毎日新聞も事件が「警察の暴走」という誤った情報を垂れ流していることも付け加えておく。

スポンサーリンク

赤旗、朝日、毎日新聞の驚くべき記述

血のメーデー事件は1952年(昭和27年)5月1日、左翼団体と北朝鮮旗を掲げた朝鮮人が暴徒化、警戒警備中の警察官の阻止を突破し皇居前広場に突入し警官隊と衝突した事件である。
事件は、日本共産党による扇動と挑発行動によるものであるという説もある。

左翼団体と朝鮮人が暴徒化した当初、あくまで警察側は警戒線を張り、暴徒を阻止することに徹していたが、警察官に対する攻撃と暴力は凄惨を極め、警察官殺害を阻止するためには発砲せざるを得なかったという。

左翼団体と朝鮮人の暴力がいかに凄惨であったかは、以下のウィキペディアの記述でもよく分かる。

乱入したデモ隊は二重橋前付近で警備していた警察官約250名に対し指揮者の号令で一斉に投石したり、所持していた棍棒、竹槍で執拗な攻撃を繰り返して警察官1名を内堀に突き落とし、他の多くの警察官も負傷する状態に至り警察部隊は止むを得ず後退を始めた。応援の予備隊が到着してその総数は約2,500名となったがデモ隊は数を増して約6,000名となった上、組織的な攻撃も激しくなった。警察部隊は催涙弾を使用したが効果は上がらず、警察官の負傷者が増加したため、身体・生命の危険を避ける目的で止むを得ず拳銃を発砲し、ようやくデモ隊は後退を始めた。

この間にもデモ隊は警察官3名を捕え、棍棒で殴打して重傷を負わせ外堀に突き落とし、這い上がろうとする彼らの頭上に投石した[1]。同時に別のデモ隊は外国人自動車等に棍棒、石ころを投げ、駐車中の外国人自動車十数台を転覆させて火を放ち、炎上させた。デモ隊と警察部隊の双方は激しく衝突して流血の惨事となった。
ウィキペディアより引用

この凄惨な事件を朝日新聞と毎日新聞に解説させると話が変わってくる。
ある意味で平常運転とも言えるのだが・・・

まずは毎日新聞から、

デモ隊は使用を禁止された皇居前広場に突入した。警察はピストル、催涙ガスを撃ち込んで反撃。デモ隊の2人が死亡、双方に1500人余の負傷者を出す大乱闘になった
昭和毎日-血のメーデー事件

これはまるで、合法的なデモ隊が禁止区域に入っただけで、警察から発砲され催涙ガスで弾圧されたような記述だ。記事内で使用される写真も、警官隊による発砲や検挙の様子ばかりである。
デモ隊が左翼団体と朝鮮人であることも一切言及されていない。

次は朝日新聞の解説

5月1日、独立回復直後のメーデーは大会終了後、デモ隊が皇居前広場に突入し、警官隊と衝突。千人以上が負傷、警察側の発砲などでデモ隊の2人が死亡した
朝日新聞デジタル「あのとき!」

デモ隊が左翼団体と朝鮮人であることへの言及なし。
凄惨な暴力についても言及はなし。
毎日新聞とほぼ同文。

しんぶん赤旗ともなると、もう明後日の方向にぶっ飛んでいる。

メーデー事件は、デモ行進の解散地点である日比谷公園に着いた参加者が、政府の不当な使用禁止に対して抗議の意思をあらわすため、自発的にすぐ隣にある「人民広場」に平穏に集まったところ、治安立法の口実に「騒擾(そうじょう)事件」を企図していた警視庁警官隊が一斉に警棒で殴りかかり、催涙ガス弾、けん銃弾を発射するなど、死者2人、1500人の重軽傷者を出した事件です。
「皇居前広場」が使われなくなったのは?

もう無茶苦茶である。
歴史修正も甚だしい。
暴徒が角材などを手に集合し、警察官に襲い掛かる様は数々の写真に収められているのに、それが警察の陰謀なんだとか・・・

皇居前広場のメーデー使用は、サンフランシスコ講和条約発効直後の52年の「血のメーデー」事件後、占領軍指示で使用禁止とされ、東京地裁は違法としますが、政府が控訴し、禁止に固執したため、会場はその後、明治神宮外苑に移されるなどの経緯があります。
しんぶん赤旗-メーデーとは? 日本での始まりは?

血のメーデーでの惨劇はそっちのけで、皇居前広場の使用に関し「政府が控訴し、禁止に固執」などという権力批判めいた記述をしている。
ここで言う違法、控訴は日本労働組合総評議会が原告となって当時の厚生大臣を訴えた「皇居外苑使用不許可事件」のことであろう。

未だに皇居外苑使用不許可に不満を述べ、不許可を理由に暴徒が「血のメーデー」の惨劇を引き起こしたことを非難もしない。それも警察の陰謀と言い出す始末。
日本共産党にとって「血のメーデー事件」は正当な理由がある「必要な暴力革命」とでも言いたいのだろう。
惨劇の反省もない政党が公安に監視され、破防法の監視対象になるのは当然のことと言えるだろう。
「安倍政権=ナチ」の連中が「共産党=破防法調査対象」を批判?

【全文転載は禁止、引用方法は↓】

引用は半分以下で「続きは以下へ」のリンク必須(まとめサイトも同条件)、動画サイトでの転載お断り

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク

夜の国会議事堂毎週金曜、震災対応を邪魔する国会前デモが行われる

「金持ちに課税しろ」は共産主義者のプロパガンダ

関連記事

  1. 【公選法違反】民進党徳永エリの選挙運動に税務職員参加で書類送検

    北海道警は9日、選挙運動が禁止されている特定公務員が、参院選北海道選挙区で当選した民進党の徳永エ…

  2. うれしそうな柿沢未途と玉木雄一郎

    玉木雄一郎議員が出資金問題に予防線か?今治市民団体の加計図面を「…

    民進党の玉木雄一郎議員は、加計問題を追及する今治の市民団体が水増し請求の証拠として公開した図面情…

  3. 「安倍政権=ナチ」の連中が「共産党=破防法調査対象」を批判?

    日本共産党の戦後秘史 (新潮文庫)政府が共産党を破壊活動防止法の調査対象であるとの答弁書…

  4. 福島瑞穂がデマ拡散「安倍政権が毒ガス容認」

    デマ!福島瑞穂「政府が毒ガス使用容認を閣議決定」捏造記事を拡散

    社民党の福島瑞穂参院議員が、安倍内閣が毒ガスなどの生物兵器・科学兵器を容認したという捏造記事…

  5. 【社民党】後藤健二さん拘束中に福島瑞穂はなにをしていたか?まとめ…

    2月1日早朝、ISIL(アイシル)によって拘束されていた後藤健二さんが殺害されたとみられる動画が公開…

  6. 自衛隊中傷の石嶺香織が落選!度重なる暴言と開き直りに宮古島市民の審判が下る

    自衛隊中傷の石嶺香織が落選!度重なる暴言と開き直りに宮古島市民の…

    22日に投開票が行われた沖縄県宮古島市議選で、自衛隊を中傷する発言を繰り返していた石嶺香織氏…

  7. 民主党

    民主党の寺田学議員に意見したらブロックされた!世が世なら死罪!

    民主党所属の寺田学議員にtwitterブロックされました。当選4回という大物政治家に、平民で…

  8. 柿沢未途が松原仁の恥ずかしい写真をFBで公開中!ほぼ隠し撮り状態で、柿沢の根性の悪さが滲み出る

    柿沢未途が松原仁の恥ずかしい写真を公開!ほぼ隠し撮りで「蓮舫会見…

    希望の党・柿沢未途議員が、同党の松原仁議員の恥ずかしい写真をフェイスブックで公開している。希望の…




最近の記事

  1. 日本共産党「裏切ったら許さない民進党籍議員リスト」を大公開!小池晃「統一会派は裏切りということに」
  2. 希望の党公認候補「拉致問題も経済停滞も靖国に参拝しないのもネアンデルタールの血が原因」若狭塾出身
  3. ピースボート「安倍はICAN事務局長と会わない!」←首相の東欧歴訪中を狙って面会を求めるヤラセ!
  4. 社民党完全崩壊!党首選「候補者ゼロ」で延期に、福島も又市も重責を無職の吉田忠智さんにまた押し付ける
  5. 中日新聞主筆が失言「性同一性障害みたいな知事」同席の民進・大塚代表や立民・近藤副代表らは問題視せず
  6. オホーツク総合振興局「沖縄の問題は沖縄だけに押し付ける日本」公式アカが投稿を削除、理由は明かさず
  7. 田中正道の正論「ド左翼は自己主張で相手の人権考えない」「もっと素晴らしい憲法を作ろうと尽力しない」
  8. 三橋貴明のDV逮捕を「ヘイトクライム」にしたい米山新潟県知事と陰謀論を語る人々
  9. TBSが自らの道交法違反を放送!「中国人が禁止場所で車線を変更」→ロケ車も車線変更!放送免許も返せ
  10. ウーマン村本起用のオホーツクPR動画に盗作疑惑!有吉弘行主演のDVDとコンセプトもタッチも酷似?

人気記事






▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP