動画!張本勲「安倍ちゃんが総理で良かった」サンデーモーニングスタッフが慌てて発言を制止する


TBS「サンデーモーニング」において、野球解説者の張本勲が異例の発言を行い出演者とスタッフを凍り付かせた。
張本「安倍ちゃんが総理で良かったね、日本を守ってくれるから。並んでも(オバマと)遜色ないからね。」
関口「へ~、そ~」
出演者「・・・」

実はこの発言の前に、張本氏は原爆で姉を殺されたことについても語っている。それを乗り越えての今回の「安倍ちゃんが総理で良かった」という深い思い、関口宏と番組側の対応はその張本氏の思いを踏みにじったのだ。

スポンサーリンク

朽ち果ててても許さない

張本氏はスポーツコーナーの最後に、司会の関口宏からオバマ訪問についての心境を尋ねられ、自らの心境を語った。

「安心した。でも朽ち果てても許さないけどね。」

張本氏は5歳の時に、大好きだった6歳年上の姉を原爆で亡くしている。色白美人と周囲から羨ましがられた自慢の姉が、勤労奉仕先から運ばれた来た時には全身ケロイドだった。姉は翌日に息を引き取った。
大好きな姉を地獄の業火で焼き殺したアメリカを張本勲は憎んでいる。氏がメジャーリーグを酷評するのもこの体験からだろう。
この体験は関口宏ら番組関係者も知っているはずで、その壮絶な体験をした張本氏にコメントを求め発言の機会を与えたのは理解できる。普段はスポーツコーナーと時事問題のコーナーは一切の接点がなく、張本氏が時事問題にコメントをすることは異例中の異例であったからだ。

「朽ち果てても許さない。」
アメリカへの怒りと恨みを抑えきれない気持ちを吐露しながらも、張本氏は言葉を続けた。

「許さないけどね、安心しました。安倍ちゃんが総理で良かったね、日本を守ってくれるから。並んでも(オバマと)遜色ないからね。」

姉を無残に殺された張本氏が、この言葉を発するまでの71年、これは重い。朽ち果てても許さないという強い怒りを抱きながらも、この心境に至るまでは想像を絶する苦しみがあったことだろう。しかし、関口宏を筆頭に番組側は冷たかった。
「へ~そ~」と不満気な返答で完全にスルーしたのだ。

番組サイドが発言を制止?

この一連のやり取りで見過ごせない場面があった。「安倍ちゃんが総理で良かった」と発言した直後に張本氏は慌ててスタッフフロアー側に向かって、
「ごめんね。私個人の・・・」
と、明らかに番組スタッフ側に謝罪しながら、手のひらをスタッフ側に向けてなだめるような動作を行った。これはフロアーから発言を制する支持が出たということではないだろうか?
実際に、張本氏の発言のあとは出演者全員が無回答という不自然形で、関口宏がコーナーを締め切っている。

同番組はどんな話題も強引に政権批判に結び付け、社会不安を煽る構成が度々批判されている。そのような番組の中で、安倍政権を評価するような発言は「不適切発言」という扱いなのだろうか?

在日韓国人二世である張本氏は、スポーツコーナー内でも韓国選手に注目する発言も多く、右派からのバッシングも多くあった。現役時代は在日韓国人二世であることを故郷広島のファンに野次られることもあったが、張本氏にとって広島は故郷であり、アメリカはその地で姉を殺した憎き国。
その広島へ現職アメリカ大統領が訪問することについて、どんな想いを抱こうが誰もそれを制することはできないはずだ。
そんな張本氏から飛び出した「安倍ちゃんが総理で良かった」という発言。
その発言を番組側が制したのであれば大問題だ。
仮に、制した事実がなかったとしても張本氏が安倍政権を高く評価するにあたり、番組側に謝罪しなければならない風潮にあったのは事実だろう。

椿事件はまだ続いている。

【引用方法】

引用は半分程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、動画での転載お断り

上記範囲外での利用料金

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。


KSL公式番組!時事問題・ニュース
通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス KSL-Live!ふわっち

オバマ広島訪問実現の夜、安倍政権退陣を求める連中

椿事件は氷山の一角、偏向報道は今も続いている

KSL公式番組!時事問題・ニュース

通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス
KSL-Live!ふわっち



最近の記事

  1. 救う会:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会
  2. 安倍のライバルw黒川敦彦「選挙運動に関わる会計帳簿」を記載していない模様!現在、必死に誤魔化し中
  3. 高須院長の請求棄却を「朗報」と伝える情報速報ドットコム、内容はデタラメでコメント欄は差別発言満載
  4. 警視庁が謝罪「猥褻犯は星野源に似た男」無言で女子生徒のスカートをまくり上げる事案で不適切なメール
  5. サヨク悲報!日刊ゲンダイ「天下り前川に退職金8000万円?逮捕すべきだ」赤旗「前川が行政を歪めた」
  6. 野党爆破!金子恵美「初鹿セクハラ議員っていましたよね?」#Metoo祭りの喪服議員がお通夜状態に
  7. 日本一早い公選法違反!共産党が来年夏の参院選選挙活動を開始、小池晃が吉良よし子の再選を呼び掛ける
  8. 山本太郎後援会が中傷投稿「妖怪女、小野田紀美議員」国会前デモに疑問を呈したことに対する報復投稿か?
  9. 唖然!週刊金曜日から悲しいお知らせ「安倍政権を批判し憲法を守るため、定期購読の再開を」故人に送付
  10. 動画!事務次官セクハラ問題で共産党にブーメラン!田村智子「実名明かさないセクハラ告発に怒ってます」

人気記事






▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP