TBS「水を差すわけではないが」とオバマ訪問に水を差す

LINEで送る
Pocket

広島,原爆死没者慰霊碑,広島平和都市記念碑,平和記念公園
オバマ大統領の広島訪問。
被爆者や広島県民が「謝罪」よりも「共感」を望んでいたことが話題となり、現職大統領訪問は平和への大きな一歩となった。
NHKの調査では、被爆者の9割以上がオバマ訪問を評価すると答えている。
また、オバマ訪問自体に関しては、少数のの狂信的左翼が騒いだ程度で、反対意見らしいものは見当たらなかった。

しかし、オバマ訪問の翌日以降になると一部のメディアやコメンテーターが「水を差すわけではないが・・・」と前置きをしたうえで、オバマ大統領の演説内容や謝罪がなかったことを挙げて苦言を呈し始めている。
この手の「水を差すわけではないが・・・」から始まる言説は結局のところ水を差しているし、それどころかオバマ訪問を台無しにしている。

スポンサーリンク

現実を直視できない駄々っ子言説

広島はアメリカによって原爆を投下され、家族や同胞を焼き殺された。
その憎しみと悲しみを乗り越え、現実と向き合い、廃墟と化した街で生き抜き、働き、子を育て、今では世界に誇る美しき大都市を造り上げた。
71年の時を経て、アメリカ現職大統領を広島に迎えるにあったって、広島市民は「謝罪」よりも「未来の平和」を望み、胸を張り復興した広島を世界に披露した。
今回の訪問で、これ以上も以下もない。まずはアメリカ大統領が被爆地を訪れてくれたという事実が未来の平和に繋がると被爆地の市民は信じてやまない。

それに対して、TBS系列のテレビやラジオでは極少数の極端な団体の意見を取り上げ「謝罪がない」「演説の中身に意味がない」などと言い出している。
このような言説では決まって「水を差すわけではないが・・・」という言い出しで始まるが、完全に水を差している。
被爆地広島が71年かけて訴え、やっとつかんだ平和への一歩を「歩数が足らない」とイチャモンをつけているようなものだ。
現実の問題として、核なき世界のために何ができるかと考えたとき、現職アメリカ大統領の被爆地訪問は大きな一歩だ。それを政治的イデオロギーに凝り固まった連中が、「核兵器を今すぐ全廃しないなら一歩として認めない」と駄々をこねているに過ぎないのではないだろうか?

先日の記事でも紹介したが、TBSではテロ対策をダダ漏れで垂れ流していた。

そのなかで、アメリカ核攻撃を受けたときの報復攻撃などに即応するための黒鞄、通称「Football」についても触れている。

この黒鞄についても、わざわざ地元の学生にこれを伝え「核のボタンが平和公園に持ち込まれた」というコメントを取り、番組内で放送していた。
現実が見えない、見ようともしないTBSらしい愚行だ。
核があり、核の傘で日本が守られ、世界は緊張状態にある。
その現実を見ながら被爆地広島はオバマを歓迎で迎えた。オバマが持つ核のスイッチを押させない、その核兵器を無くしたい。その目的のための歴史的なイベントに水を差すような「非現実的」な願望を前面に出して何になる。

いつもの東京のスタジオではなく広島から放送された「荻上チキ・Session-22」に出演した、RCC中国放送の小林康秀アナウンサーは、同番組内で「反対する活動は見られなかった」など、オバマ訪問の成功と意義を語っていた。
しかし、後日の夕方のニュース内では「オバマ訪問に冷ややかな声」を特集するなど、残念な特集を放送していた。
TBSは系列放送局まで腐っているのだろう。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

取材・調査費支援のお願い

スポンサーリンク

椿事件は氷山の一角、偏向報道は今も続いている

日本共産党浅賀由香公職選挙法違反東京新聞が共産党の公選法違反をモザイク処理で報じる

関連記事

  1. ネトウヨに媚びる産経新聞とSEALDs界隈の独善的ヘイト

    産経新聞のネトウヨ化が目に余る。【野口裕之の軍事情勢】安保法反対デモに見る若者の政治利用を憂う …

  2. 自民党本部

    朝生で「ヤラセ」があったのか山本一太議員に質問してみた。

    新年早々「朝まで生テレビ」で自民党のヤラセ疑惑が発覚。【速報】朝生で自民党議員が一般人(建築…

  3. 望月衣塑子

    【発覚】東京新聞の望月衣塑子記者、陰湿な行為や香山リカ批判も

    写真:ツイッター@ISOKO_MOCHIZUKIニュース女子の沖縄報道を巡り、東京新聞主…

  4. ジャーナリスト吉田典史が暴力団を肯定する炎上芸を披露

    写真:会社で落ちこぼれる人の口ぐせ 抜群に出世する人の口ぐせ歴史に残る残念記事ではないで…

  5. 刑務所

    永山則夫や元少年Aの「人殺し文学」なんてクソくらえです。

    この『絶歌』を巡る論争について書くのは4回目。元少年A「絶歌」を薦める長谷川豊氏の無知と無神…

  6. 【絶歌】長谷川豊「病気は不良品」とシバター以下の暴言

    神戸連続児童殺傷事件の犯人元少年Aが出版した『絶歌』を絶賛し批判を浴びている、長谷川豊さんの言い訳が…

  7. サンデーモーニングの手作りフリップは卑怯すぎる!!黒板係も意味不…

    この記事をアップして随分の月日が経過、今でも毎週日曜日はアクセス殺到。どんだけ評判悪いんだ・…

  8. 深夜の公園と少年

    子どもを殺された親に「過失」なんてありえんと思うわけだが。

    大阪府高槻市で中学1年の少女の遺体が発見され、容疑者が逮捕されるも行方不明だった中学1年の少年も…




▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

PAGE TOP