KSL-Live!

メディア業界21世紀枠!KSLで背が伸びた!


東京新聞が共産党の公選法違反をモザイク処理で報じる

   

LINEで送る
Pocket

日本共産党浅賀由香公職選挙法違反
写真:東京新聞より

東京新聞は6月2日付の記事で、日本共産党候補の公職選挙法違反の写真をモザイク処理で掲載した。

記事では「事実上の選挙戦スタート」と書かれており、写真にはタスキをかけた日本共産党候補者の浅賀由香(あさか由香)氏の後ろ姿が写っている。
タスキには日本共産党の文字が書かれていたようで、日本共産党の小池晃書記局長は写真が浅賀由香氏のものであることと、そこに居合わたことを認めている。
しかし、記事ではそれが公職選挙法違反であることには一切触れていない。

記事の続きは下部へ

スポンサーリンク

小池書記局長のツイートと証拠写真

日本共産党の公職選挙法違反は珍しいことではない。
公示前から特定の選挙の候補者名入りタスキをかけ、選挙活動をすることにはなんの罪の意識もないようだ。

今回の事案では、政党名入りのタスキをかけていたようだが、これも公職選挙法で禁止されている行為。そもそも事前の選挙活動が禁止されている。
これは本当に共産党の浅賀由香予定候補なのか?という疑問を持つ人もいるかも知れないが、これに関しては小池書記局長がツイッターで認めている。


そして浅賀由香予定候補も自身のツイッターで当日の様子をツイート。
そこでは、はっきりとタスキに「日本共産党」の文字が見える。

ザル法と甘いマスコミの監視

この日本共産党の公職選挙法違反について、擁護する声もある。
それは「摘発事例がない」というものだ。本当に摘発事例がないのかは不明だが、確かに私が発見して通報した事例でも警察は監視と警告のみで摘発をしていない。
ただ、捕まらなければ法を犯しても良いというのは暴論だ。
明確に禁止されている行為はやるべきでないし、日本共産党と社民党ばかりが「タスキがけによる事前選挙運動」を行っていることが問題だ。
マスコミもこれには沈黙で、万年野党の不正など金にならないということか?

今回の東京新聞の記事でも「事実上の選挙戦」「各候補者らは、街頭に立つなどして有権者にアピール」と、それが選挙活動であることを認識しながら、その違法性を指摘していない。

だらしない。それが今のマスコミの現状なのだと諦めて、この泡沫ブログで愚痴るのが私の役目なのだと自分に言い聞かせている次第。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

関連記事とSNSボタンは下部へ

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

 - マスコミ・報道 , , ,

  おすすめ記事

no image
斜め上の田中龍作氏「山本太郎議員、永田町最大のタブーを追及」とか

流石です。切り口がそこいらの一般的ジャーナリストと …

お金
元少年A「絶歌」を高値で転売する人が続出

神戸連続児童殺傷事件の元少年Aが書いた手記「絶歌」 …

no image
新潟日報上越支社報道部長は「しばき隊」の構成員、ってタブーなの?

SEALDsを過剰に持ち上げる大手マスコミにとって …

no image
ネトウヨに媚びる産経新聞とSEALDs界隈の独善的ヘイト

産経新聞のネトウヨ化が目に余る。 【野口裕之の軍事 …

テレ朝会長「報ステ成功!」と古館さんのギャラが無駄だったと証明

喋らなければ負けだよ (青春新書インテリジェンス) …

【毎日新聞の大誤報】「進撃の巨人」元編集者逮捕はデマと判明!

進撃の巨人 1-20巻セット (講談社 コミックス …

BLOGOS(ブロゴス)- 意見をつなぐ。日本が変わる。
BLOGOSは放置?特定候補を記事にして寄付を受ける田中龍作

写真:BLOGOSバナー 田中龍作が富山市議会補選 …

毎日新聞逃亡中!モーニング編集長が毎日新聞のデマを公式に否定

モーニング 2017年7号 [2017年1月12日 …

覚せい剤
覚せい剤は身近な脅威ではありません。騙されないように。

シンガーソングライターのASKAが覚せい剤取締法違 …

東京新聞補欠選挙の構図
東京新聞が野党大敗を受け入れられず悪意に満ちたコメントを掲載

23日に投開票が行われた衆議院東京10区と福岡6区 …