グーグルのアンカー広告って論外のクリック率やで


It Is All About Database: Mobile Commerce (Internet Marketing Book 13) (English Edition)
It Is All About Database: Mobile Commerce (Internet Marketing Book 13) (English Edition)

グーグルアドセンスがこっそりと始めたモバイル専用「ページ単位の広告」がどうにもならないレベルのクリック率です。
いや、クリック率とかいう以前の問題です。万に一つもクリックされていない。
ほかのユーザーの報告を読んでも「クリックがゼロ」というものが目立つ。
これって機能してないんじゃないの?

スポンサーリンク

アンカー広告はクリックゼロ、全画面は?

以前は「nend(ネンド)」というスマホ専用広告を使っていました。
導入当初は好調で、お勧め記事も書いちゃいました。

確かに導入当初は驚異的なクリック数と単価が維持されていたのですが、日が経つにつれて不可解な単価下落が続き、運営元を疑ってしまうような惨状に。
しかも、アドセンスの収益に悪影響では?という疑念が・・・

正解でした。ネンドを外してからアドセンス収益が好調に推移しています。
それでもスマホ専用広告は必要かな?と思っていたらアドセンスがスマホ広告を始めてくれたのです。しかもアンカー広告あり!
画面のスクロールに追尾してくるアンカー広告の収益性はハンパないのです。

私は早速導入したわけですが、待てど暮らせど収益が上がらない。
何万回アンカー広告が表示されようと一回もクリックされない。
ただ、数円のインプレッション広告費が加算されるだけ。
これは酷い・・・

そこで、もう一つの新広告「全画面広告」を導入することに。
全画面広告はその名のとおり、画面全体が広告になるというもの。
さすがにこれはウザいだろうと敬遠していましたが、どうやらグーグル版の全画面広告はページ遷移の読み込み中に表示されるのでウザくないとのこと。

2週間ほど使っていますが、クリック率、単価ともになかなか好調。
これは使えるかも知れません。

グーグル先生!そろそろ対応を

それにしてもアンカー広告の不評は事故レベルです。
クリックされない原因はデザインにあるかもしれません。
インターネット創世記風のダサいウィンドウに小さなバナーが表示されるタイプで、他社のようにバナーが直接表示されません。
また、ターゲットを絞っているので毎回は表示されないとのことですが、そのターゲットが的外れなのではないでしょうか?
インプレッションを廃止してでも表示回数を増やさないと誰も使わないでしょう。

まさか、グーグル先生がこの惨状を放置するとは思えませんが、早く対応しないと他社にユーザーが流れてしまいますよ?

【引用方法】

引用は半分程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、差別的なコメントを集める目的での引用禁止、動画での転載お断り

上記範囲外での利用料金

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。


KSL公式番組!時事問題・ニュース
通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス KSL-Live!ふわっち

日本共産党浅賀由香公職選挙法違反東京新聞が共産党の公選法違反をモザイク処理で報じる

kozai地震募金で党勢拡大!香西かつ介の懲りない妄言ツイート集

KSL公式番組!時事問題・ニュース

通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス
KSL-Live!ふわっち



最近の記事

  1. NHKが拉致問題のニュースで岩手ちゃぶ台返し大会の映像を使用「米朝首脳会談の合意、ちゃぶ台返し」
  2. 至学館学長の栄監督解任理由「昼ご飯を食べに行った、これはダメだ」同席の千原せいじ「体悪くしてた」
  3. 笑顔でないと出勤登録できない勤怠システムが大不評、弁護士「労基法違反、労基署は踏み込むべし」
  4. 速報!元・自民党議員が「レイバンの激安サングラス販売」を再開、昨年12月に続き2度目の大セール
  5. 共産党が個人寄附を許可なく返送、針のむしろに座らされ精神・肉体に変調をきたし除名された議員が明かす
  6. 共産党・宮本岳志「よろしい!とくとお目にかけよう。この世の地獄というものを体験させてあげよう!」
  7. 【完全動画】強行採決ではなく騙し討ち?IR実施法案、衆院内閣委でのデタラメ採決をご覧ください
  8. RAD抗議集会アカウントはド左翼、主催者の人民新聞編集員が証言「アカウント立ち上げに立ち会った」
  9. 検証!netgeek「共同通信記者が盗聴器を設置して加計学園の話を盗み聞き」は真実か?フェイクか?
  10. フジテレビ「#勝つのはパラグアイ」試合前誤投稿はなぜ起こったのか?真相は意外なほどの凡ミス

人気記事






▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP