社民党の増山れな、消すと増える案件を追加投入


社民党東京選挙区予定候補の増山れながまたキャラ変更、今度は今風?の若者言葉で若年層の支持を得ようとしている。
が、暴言や礼を欠く物言いが「若者風」だと思っているなら大間違いである。そして語尾に「さー」と付けるのは昭和で終了している。古い。
twitterではスクショを取られ「消すと増えるので注意してください。」と言われる始末。過去の暴言が大問題になった時にもサラッと消して言い訳したことでスクショが日本中に晒される「消すと増える法則」の餌食となった。

増山れなと言えば、数々の暴言と奇行で社民党支持者からも不満噴出していても、全く意に介さない図太い人物。
過去の暴言・奇行・公選法違反
話題に事欠かないが人気は出ない増山れな予定候補の変な若者言葉とは・・・

スポンサーリンク

石坂浩二がさー、はぁ・・?ふぁ!?


目も当てられない惨状だ・・・
中年が若者に媚びる姿は見ていて痛々しい。
聞いてもないのにAKBメンバーの名前を列挙するオヤジと大差なし。
若者もこんな物言いには共感を得ないだろうし、敬遠したくなる。

そもそも批判の的がズレている

まじめな話、増山れなの批判の的は常にズレている。
企業の内部留保に関しても、労働者への分配ではなく国が召し上げるという傲慢な政策を唱えているし、経団連の2012の提言に対して今頃になって意見書を提出しに行くという愚行。

また、今回増山が批判している電事連(電気事業連合会)は確かに原発推しである。
電気事者が集まった団体が原発を否定するはずがないのは誰でも解るが、少なくとも問題となっているCMは「天然ガス・石炭・再生可能エネルギー」なども含めた、エネルギー確保の問題を考えようという意見広告であり、原発に特化した必要性などは一切説いていない。

おそらく、他者が感情的に批判しているのを見て便乗したのであろう。
私個人としては原発には消極的な立場だが、後先考えず被災者を二重に苦しめる放射能デマや過剰な反原発運動には感心できない。
電力事業者なら何でも批判してやれという姿勢にも全く知性を感じない。

もう一つの問題は、増山れなが公党である社民党から公認を受けた参議院議員予定候補であることだ。予定候補ともなれば現職議員と同等の品格が求められる。
しかし、増山れなは暴言・公選法違反などを繰り返し、全く品格がない。
今回の件でも「さー」などとふざけた文章で、「石坂浩二が電気事業連合会の原発推進CMに」というデマを垂れ流している。
そもそも石坂浩二氏は俳優であり優れたナレーターでもある。
業として役を請け負い台本を読むのが石坂浩二氏の仕事だ。
殺人を演じるものは殺人者ではないし、犯歴のある映画監督から仕事を請け負う関係業者は前科者でもない。

公党から公認を受けた人物が特定の職業と人物を名指しし、個別の案件に対し政治的思想を基準として一種の「下請け」にまで暴言を吐くことは、政治家による弾圧と受け止められかねない。

【全文転載は禁止、引用方法は】

引用は半分程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、動画での転載お断り

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

公式番組放送局→[ツイキャス][ふわっち]

スポンサーリンク

GU「盗んだバイクで~」でバイク盗むバカはいない

野球少年北海道不明男児、発見後は実名報道と映像公開を自粛しろ

関連記事

  1. 教師が「昆虫ゼリー」を生徒に食わせたようですが・・・

    2014年に書いた記事へのアクセスが急増している。→昆虫ゼリーの真実、人間が食べるのは危険です。…

  2. 川島なお美さんの死因を「被災地を応援したから」とする反原発派の無…

    川島なお美さんが24日に胆管癌のため亡くなった。訃報が報じられた当初から予想されたが、やはり「福…

  3. 五寸釘ほなみ、民進党・徳永エリの執行部陰口を暴露「自分は頑張ってるけど中央がなんちゃらって言い訳」

    五寸釘ほなみ、民進党・徳永エリの執行部陰口を暴露「自分は頑張って…

    我らがアイドル、北の狂犬・五寸釘ほなみさんが今日もキレた!民進党の徳永エリ議員と鉢呂吉雄議員が、希望…

  4. 経団連って何様?鼻毛出てるよ?

    偉そうに政治に口出してるけど何様なんでしょう?日本は民主主義国家です。儲かってるとか会社…

  5. 【社民党】後藤健二さん拘束中に福島瑞穂はなにをしていたか?まとめ…

    2月1日早朝、ISIL(アイシル)によって拘束されていた後藤健二さんが殺害されたとみられる動画が公開…

  6. 蓮舫の夫、二重国籍騒動を「日本人の田舎根性」とする批判を拡散

    二重国籍疑惑が指摘された蓮舫議員(民進党)の夫である村田信之氏が、『今回の「二重国籍」騒動、日本の一…

  7. 逮捕された中国人窃盗団「ピンクパンダ」とは!爆買いを装い毎年同じ場所に捕まりに来るマヌケな一面も

    逮捕された中国人窃盗団「ピンクパンダ」とは!爆買いを装い毎年同じ…

    東京ビッグサイトで開かれている国内最大級の貴金属の展示販売会「第29回国際宝飾展」で、真珠な…

  8. テロには屈しません|参議院議員 西田昌司 オフィシャルブログ Powered by Ameba

    卑劣!「西田に伝えろ、息子を殺す」自民・西田昌司事務所に脅迫電話…

    9日、自民党の西田昌司参議院議員に対し「西田に伝えろ、息子を殺すからな」と、脅迫電話があった…

公式番組放送局→[ふわっち]→[ツイキャス]




最近の記事

  1. 北九州市議「櫻井よしこ氏の講演会に教育委員会が関わってる」過去の姜尚中、高橋源一郎、浜矩子はスルー
  2. スパイに詳しいTBS記者がスリーパー議員を指摘「本物のスリーパーだ。たしかにこれは国益を害するね」
  3. 警察官「止まれ」刃物男「撃つんなら撃て」→マジで撃たれて太腿を貫通、職質にサバイバルナイフで抵抗
  4. 「日本人スゴイじゃなくて」で炎上の江川紹子、過去発言掘り起こされ終了!にわか発言で番組降板の過去も
  5. 立憲民主党が日本メダル獲得に「日本、別に凄くない、総理大臣関係ない」批判受け取り消し→無かった事に
  6. 小泉純一郎「拉致問題に一番真剣に取り組んできた政治家は安倍さん」新著で電撃訪朝の舞台裏などを明かす
  7. 朝日新聞クソ社説「尖閣は我が国固有の領土?領土問題は存在しない?これを正解として教え込むのか?」
  8. 高須克弥院長「警察に届けました。なう」Twitter殺害予告投稿に対処、凍結済アカウント投稿の中身
  9. 横田早紀江さん「韓国大統領は北朝鮮に騙されないで」安倍首相と金永南との会話については「ありがたい」
  10. 変態五輪金メダリスト!神奈川新聞支社長が盗撮で逮捕、女性宅侵入やトイレに小型カメラ仕込むプロの手口

人気記事






▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP