カルト化する共産党、小学生を脅し安保法案反対署名を集める


戦争法の廃止を求める2000万人統一署名
共産党運動員が下校中の小学生に「お父さんやお母さんが戦争で死んだら困るでしょ」「爆弾が落ちてきたら嫌でしょ」などと声かけをし、安保法案反対の署名をさせていたことが産経新聞の取材で発覚した。

ツイッターではこの記事が一気に拡散し「悪質な声かけ事案発生」「カルト宗教の勧誘」と批判の的となっている。

スポンサーリンク

2000万人署名の大風呂敷に焦りか?

日本共産党は昨年11月、SEALDs(シールズ)らが始めた「戦争法の廃止を求める2000万人統一署名」に関して、共産党で半分の1000万署名を集めるという大風呂敷を広げた。
憲法記念日(2016年5月3日)までに、有権者の約2割にあたる2000万人を集めると息巻いたものの「5・3憲法集会」当日に発表された署名数は1200万筆と、目標の6割にとどまった。この1200万筆も眉唾物という声もあった。
こういった大苦戦のなかで、運動員たちは小学生たちをターゲットにし、「お父さんやお母さんが戦争で死んだら困るでしょ」「爆弾が落ちてきたら嫌でしょ」といった脅しで署名を集めるという暴挙に出たのだ。

「大切な人が死ぬ、戦争が起こる」と宣伝し、そこから救済するという勧誘手法はカルト宗教による終末思想(終末論)であり、オウム真理教が信者獲得と洗脳に用いた手法でもある。
通常、一般的に認知されている宗教においても終末論はあるが、具体的な不安や時期を示すものではなく、不安を煽るものではない。
オウム真理教は、具体的に迫る時期を示し世界の終末「ハルマゲドン」を説き、世界大戦のようなことが起こり人類は壊滅すると信じこませた。
その危険な終末思想は、人々の「死」を救済と呼び、やがてオウム真理教による先制攻撃で終末を実現しようと暴走は加速する。
オウム真理教上層部は非常に焦っていた。
予言通りの「ハルマゲドン」をいかにして演出するか?
そこで起きたのが「地下鉄サリン事件」という大規模テロである。

「安保法案反対」「原発反対」が政治的思想ではなく最早、カルト化しているということに類似している。

日本共産党は未だに破防法における公安の調査対象であり、オウム真理教と並び称されることに異を唱えるならば、このような終末思想を用いた政治活動を厳に慎むべきである。
日本共産党は破防法の適用を受けたことがないからテロ組織ではない、そういう理屈を唱えているがオウム真理教も破防法適用が見送られている。同等だ。
日本共産党が過去に実行してきた、数々のテロ事件を反省もせず、終末思想による署名活動を小学生相手に行っているうちは、公安調査対象から外されることは無いだろう。

【引用方法】

引用は半分程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、動画での転載お断り

上記範囲外での利用料金

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。


KSL公式番組!時事問題・ニュース
通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス KSL-Live!ふわっち

野球少年北海道不明男児、発見後は実名報道と映像公開を自粛しろ

昆虫ゼリーとカブトムシカブトムシを飼うということ、死を受け入れる覚悟

KSL公式番組!時事問題・ニュース
通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス
KSL-Live!ふわっち



最近の記事

  1. 速報!安倍首相と加計理事長の面会は嘘だった!「誰が嘘をついている?総理だよね!」の辻元は辞職確定?
  2. 速報!安倍首相と加計理事長の面会は嘘だった!「誰が嘘をついている?総理だよね!」の辻元は辞職確定?
  3. 悲報!女子マネージャー山尾志桜里・前原誠司主将の野球チーム、会合の出席者が僅か7名でチーム組めず2
  4. 元日大講師が悪質タックル被害の父親を批判「選挙向けの売名行為、嘘泣き記者会見」→続きはメルマガで
  5. 矢野官房長「くそ野郎という感じで報道」を批判する野党は国会で「日本死ね!」と叫んだことをお忘れか?
  6. 玉木雄一郎がデマ「安倍晋三記念小学校として申請されてた」和田政宗議員に論破され有本香氏に呆れられる
  7. 籠池夫妻の長男「菅野完氏経由の保釈金ならお断り!安部政権を倒すために集めた金なら要りません」
  8. 悪質タックル被害選手父親が加害選手の減刑求める、プロフは「息子がきっかけで再開したアメフトに夢中」
  9. 朝日新聞の隠蔽発覚!朝日女性記者にセクハラしたのは朝日新聞の現論説委員でした!#MeToo勢は沈黙
  10. 山口二郎「日大の危機管理は安倍政権から学んでいる」安倍首相を「叩き斬ってやる」って言ってた口で何を

人気記事






▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP