KSL-Live!

メディア業界21世紀枠!KSLで背が伸びた!


もし高校野球の監督が増山れなの『暴言の書』を読んだら

   

LINEで送る
Pocket

私が書いた記事「社民党増山れな「愛子様が天皇を殺害」「プロミスは内臓を取る」などの暴言」に対して、増山麗奈と街宣した支持者から、こんなご意見を頂戴しました。
もし野球部監督が
では「もし高校野球監督が増山れなの『暴言の書』を読んだら」というテーマでその指摘が正しいかどうか検証してみましょう。

記事の続きは下部へ

スポンサーリンク

生徒思いの高校野球監督が部員にアドバイス

とある高校の教師が突然野球部の監督就任を命じられる。
しかし、その教師は野球経験がなくルールも知らない。
その教師は野球を知るために、なぜか増山れなの『暴言の書』を読んでいた。
どうなることやら・・・

エラーをした選手に対するアドバイス

『暴言の書』さよならロミちゃん、そして桜とともに女帝誕生 : 増山麗奈の革命鍋!: http://renaart.exblog.jp/1359827/
「いっそのこと愛子様がおじいちゃんである天皇を間違えて殺害し、3歳の女帝になる!」

監督「なんであれが取れないの?」

選手「すみません・・・」

監督「お前の妹、まだ3歳だったよな?今度の学祭の演劇テーマだけどさ。お前の妹がお前のじいちゃんを間違って殺して、お前の家の実権を握る。っていう演劇にしようかな?」

約束(プロミス)を破った選手に対するアドバイス

『暴言の書』ライブドアとソフトバンク : 増山麗奈の革命鍋!: http://renaart.exblog.jp/1253675/
「怖いって。金利高いって。返せなきゃ家とか内臓とか取られるって。
(中略)
ちなみに私はマルイが嫌いだ。なぜならデパートとは仮の姿で彼らの本性は闇金だからだ。」

監督「なんで約束(プロミス)守れないの?罰金払えよ」

選手「払えません」

監督「丸井君に借りるか?丸井の父ちゃん闇金だから払えなかったら家と内臓取られるけどな。」

寮の夕飯を食べれない選手に対してのアドバイス

『暴言の書』
てめえら豚はうすぎたねえプルトニウム米でも喰ってな

監督「なんで夕飯残してんの?」

選手「苦手なものが入ってて・・・」

監督「贅沢な!豚はうすぎたねえプルトニウム米でも喰ってな!」

練習に集中できない選手へのアドバイス

『暴言の書』
ジジババはもう安楽死に

監督「全然練習に集中できてないぞ!」

選手「祖母が病気で・・・祖父も高齢で・・・心配で・・・」

監督「はっきりいってジジババはもう安楽死むかってい行けばいい」

結論 監督はクビ

クビです。
当たり前です。これだけの暴言を吐いて「生徒思い」みたいなことを言われても誰も信用しません。
ということで、増山れな支持者の「罵倒する野球部監督も生徒思いなので増山の暴言は問題ない」という意見は却下します。
書籍化の予定もありません。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

関連記事とSNSボタンは下部へ

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

 - 社会・経済 , , ,

コメント

  1. hana3hana より:

    増山麗奈ってググッてみて画像にびっくりした

  おすすめ記事

スマイル0円はDQNの餌食になるだけ、マック社長は相変わらず

写真:マクドナルド 失敗の本質: 賞味期限切れのビ …

元声優「U」の同性愛差別と偏見は宝塚市議よりも酷い!

写真:同性愛と同性婚の政治学――ノーマルの虚像 宝 …

動物の行列
iPhone6sを「乞食みたいに並んで買う」問題

どうやら、9月9日(日本時間9月10日午前2時)の …

衝撃!福島瑞穂の秘書は辛淑玉の舎弟「警察シバイて行きましょう」

先日から話題になっている「辛淑玉指南動画」の元とな …

トイレ男女
性同一性障害、トイレ使用の「戸籍基準」は差別である。

心と体の性が一致しない、性同一性障害。 日本でも徐 …

増山れな氏はスラップ訴訟の意味を理解していない

社会民主党公認で東京選挙区から立候補予定の増山れな …

牛丼・牛めし
【吉野家380円へ】すき家291円の牛丼は庶民の味方ではない

外食大手チェーン吉野家が、25商品の80円~120 …

三宅雪子「共産党は票を取れるようになっている」←歴史的惨敗でした。

画像:福祉と私 ~「支えあう社会」を国政の場から~ …

【割れスマ族】割れたスマホ使ってる人は「2年縛り」ではなく金欠なんじゃないの?

Apple docomo iPhone6 16GB …

社民党増山麗奈が鳥越擁護「キスのみで強姦なし、事件性は無い」「これぐらいの体験は皆様も」

参院選で社民党から立候補し落選した増山麗奈氏がまた …