KSL-Live!

メディア業界21世紀枠!KSLで背が伸びた!


もし高校野球の監督が増山れなの『暴言の書』を読んだら

   

LINEで送る
Pocket

私が書いた記事「社民党増山れな「愛子様が天皇を殺害」「プロミスは内臓を取る」などの暴言」に対して、増山麗奈と街宣した支持者から、こんなご意見を頂戴しました。
もし野球部監督が
では「もし高校野球監督が増山れなの『暴言の書』を読んだら」というテーマでその指摘が正しいかどうか検証してみましょう。

記事の続きは下部へ

スポンサーリンク

生徒思いの高校野球監督が部員にアドバイス

とある高校の教師が突然野球部の監督就任を命じられる。
しかし、その教師は野球経験がなくルールも知らない。
その教師は野球を知るために、なぜか増山れなの『暴言の書』を読んでいた。
どうなることやら・・・

エラーをした選手に対するアドバイス

『暴言の書』さよならロミちゃん、そして桜とともに女帝誕生 : 増山麗奈の革命鍋!: http://renaart.exblog.jp/1359827/
「いっそのこと愛子様がおじいちゃんである天皇を間違えて殺害し、3歳の女帝になる!」

監督「なんであれが取れないの?」

選手「すみません・・・」

監督「お前の妹、まだ3歳だったよな?今度の学祭の演劇テーマだけどさ。お前の妹がお前のじいちゃんを間違って殺して、お前の家の実権を握る。っていう演劇にしようかな?」

約束(プロミス)を破った選手に対するアドバイス

『暴言の書』ライブドアとソフトバンク : 増山麗奈の革命鍋!: http://renaart.exblog.jp/1253675/
「怖いって。金利高いって。返せなきゃ家とか内臓とか取られるって。
(中略)
ちなみに私はマルイが嫌いだ。なぜならデパートとは仮の姿で彼らの本性は闇金だからだ。」

監督「なんで約束(プロミス)守れないの?罰金払えよ」

選手「払えません」

監督「丸井君に借りるか?丸井の父ちゃん闇金だから払えなかったら家と内臓取られるけどな。」

寮の夕飯を食べれない選手に対してのアドバイス

『暴言の書』
てめえら豚はうすぎたねえプルトニウム米でも喰ってな

監督「なんで夕飯残してんの?」

選手「苦手なものが入ってて・・・」

監督「贅沢な!豚はうすぎたねえプルトニウム米でも喰ってな!」

練習に集中できない選手へのアドバイス

『暴言の書』
ジジババはもう安楽死に

監督「全然練習に集中できてないぞ!」

選手「祖母が病気で・・・祖父も高齢で・・・心配で・・・」

監督「はっきりいってジジババはもう安楽死むかってい行けばいい」

結論 監督はクビ

クビです。
当たり前です。これだけの暴言を吐いて「生徒思い」みたいなことを言われても誰も信用しません。
ということで、増山れな支持者の「罵倒する野球部監督も生徒思いなので増山の暴言は問題ない」という意見は却下します。
書籍化の予定もありません。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

関連記事とSNSボタンは下部へ

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

 - 社会・経済 , , ,

コメント

  1. hana3hana より:

    増山麗奈ってググッてみて画像にびっくりした

  おすすめ記事

アフィは悪くないでしょ?ステマに騙される人は落ちてるパンとかも拾って喰うわけだし?

流石は毎日新聞、結局なにが言いたいのか解らない記事 …

design-association-npo理事一覧
イベント火災で5歳児死亡、理事の茂木健一郎「知る立場にない」

「出席することができませんでした。そのため、今年の …

発言する安倍総理1
社民党の予定候補が、誤った日本批判を海外記者に伝える。

出典:首相官邸HPより 話題沸騰の増山れな氏、とん …

清水寺の門前
京都市長選の結果を見れば野党共闘が妄想だと分かる

7日に投開票された京都市長選は、現職の門川大作氏の …

電車の座席
「若者の意見を取り入れる」のはジジイである

ジジイに騙されてはいけません。 「若者の意見を取り …

蓮舫がビートたけしに「帰化」と説明している動画が発掘される

蓮舫議員の二重国籍疑惑は結局「蓮舫の勘違い」という …

森友学園理事長と民進党議員ら
平沼赳夫議員、森友学園への口利き「小生ではない」とメールで否定

民進党松原仁議員が森友学園籠池泰典理事長らを引き連 …

だんだん占いババに似てきた浜矩子の大予言2016!

似てますね・・・ 毎年恒例の「浜矩子さんの大予言」 …

no image
テロリストはアベを刺激するな

フランスのパリで13日夜、同時多発テロ発生。 多く …

社民党増山麗奈、鳥越擁立の責任を社民・共産・民進に求める

社民党& …