報酬払って記事をパクらせるNAVERまとめの手口


ツイッターをする男性
「NAVERまとめ」作成者に記事をパクられた。

人様の記事を切り貼りしてアクセス数を稼ぎ、LINE株式会社から報酬を受け取るという仕組みなのですが、以前から著作権の問題で評判が悪く、ネットで記事を書く者の天敵のような存在となっている。
人様の記事をパクっておいて、引用元は「ほぼ見えない」仕様になっており、まとめが一万件のアクセスを稼いでも引用元へ還元されるのは一桁程度のPVで、記事を切り貼りされた我々には一切のメリットはない。

作成者への直接の連絡方法がわからないので、ツイッターで不満をツイートしたら意外な対応で逃げられ、その悪質な手口に怒りを覚えたので公開しておく。
記事を書いてる人は気を付けましょう。
というより、気を付けようもない手口なのですが・・・

スポンサーリンク

パクられた記事とその手口

すべてのNAVERまとめが悪質というわけではないが、所詮はコピペパクリサービスなのでどれも大差はない。
私がパクられたのは以下の記事。

私自身が選挙管理委員会、警視庁、社民党に取材を行い書いたものです。
これを「Cocochan」というアカウントが記事を切り貼りし、他のツイートを付け加えただけで公開しアクセスを稼いでいたのを発見。
※現在は内容がガラリと改変されている。

この「NAVERまとめ」に私の記事が部分的に切り取られ画像化され貼られていた。出典元の明示も「明示」と言えない表示だった。ネタ元となったであろう私の記事URL付ツイートは意図的にまとめから外され、取材途中の経過のみ掲載されていた。
抗議すると私の記事画像と私のツイートはすべて削除された。
普通ならこれで良かったと一件落着なのですが、これが落とし穴!

仕組みはこうです。
1)まず記事や画像を盗用しまとめを作成。

2)NAVERまとめは知名度とプラットフォームのアクセス数があるため一気に拡散されSNSでシェアされる

3)ある程度の被リンクが稼げたら盗用部分を削除

4)盗用部分を削除しても、すでに稼いだ被リンクは残っているのでどんどんPVは上がり報酬も上がる

以上がその手口と仕組みです。
常識的な判断として、盗用が指摘されたら報酬の対象外なのですが、NAVERまとめが対応したという話は聞いたことがありません。
NAVERまとめは、引用元のリンクを薄いグレーで設定しており、読者がその引用元リンクを踏むことは皆無となっている。
類似サービスではTogetterというツイートまとめサービスがあるが、こちらに引用された場合は、同じアクセス数でもNAVERまとめの数十倍は還元される。
これはNAVERまとめが意図的に出典元を隠している結果だと言わざるを得ない。

なにも著作権をガチガチに守れとは言わないし、有用な記事を書くためには多少は他から拝借することもあるだろう。
だが、その際に相手からPVを奪うような行為をしてはいけない。相手にもPVを還元しない引用は「盗用」と判断されるからだ。

結局、NAVERまとめは、盗用により稼いだ広告費をLINE株式会社と作成者で山分けしてるってことだ。
これって、報酬払って一般ユーザーに記事をパクらせてると思われても仕方ないのでは?

今後はnoteで記事を書きます

【引用方法】

引用は半分程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、差別的なコメントを集める目的での引用禁止、動画での転載お断り

上記範囲外での利用料金

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。


KSL公式番組!時事問題・ニュース
通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス KSL-Live!ふわっち

社民党増山れな候補が駅ホームで演説、公職選挙法違反の可能性

JR東日本が社民党に厳重抗議!福島みずほ、増山れなの暴挙に怒り

KSL公式番組!時事問題・ニュース

通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス
KSL-Live!ふわっち



最近の記事

  1. 速報!下村博文元文科相が不起訴処分決定を報告、加計学園パーティー券問題で市民団体が告発
  2. 上野千鶴子「エリート大学の女子学生たち今に見てろよ、結婚、出産したら愕然とするから」不幸を望む呪い
  3. 日刊ゲンダイ「安倍首相を内乱罪で告発!の投稿20万リツイート」見た瞬間にデマとわかる記事の真相は?
  4. 文科省汚職事件、立憲民主党・吉田議員のとても恥ずかしい写真が流出!日本眼科医連盟から多額の献金も
  5. 石破茂「防衛庁長官のとき人民解放軍の青年将校に自衛隊の機密以外すべて見せるよう命令した」スパイかよ
  6. 板垣英憲「北朝鮮の外相に河野太郎が怒鳴られた」河野太郎ご本人登場「有料のブログで嘘を流さないでね」
  7. 西日本新聞「東京五輪が待ち遠しくない、日本人なら協力して当然という圧力」←お前のとこ五輪記事禁止な
  8. NHKが放送法違反か?韓国サムスン電子の新スマホを宣伝するニュース「濃淡くっきりメモリー容量2倍」
  9. 東京新聞・望月衣塑子記者が悪質な編集動画を拡散、東京医科大学を「東京女子医大」と間違えた質問隠蔽か

人気記事






▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP