エンジョウトオル、天皇陛下の霊言と守護霊メッセージを伝える


今上天皇・元首の本心 守護霊メッセージ 公開霊言シリーズ
今上天皇・元首の本心 守護霊メッセージ 公開霊言シリーズ

炎上ライターのエンジョウトオルさんが、また霊言を発表されました。

参院選で野党が大敗し、自らの政治的主張が通らないと天皇陛下を利用する。
最低のやり口である。
この「エンジョウトオル」という人物の正体について、ネット上では某有名ジャーナリストではないかと噂されているが真偽は定かではない。
この人物は過去にも、他人の「心」を代弁するという大川隆法の「霊言・守護霊メッセージ」的な記事を書いており、毎度の如く炎上している。

スポンサーリンク

エンジョウトオルの霊言シリーズ

この人物がネット上で批判される理由、それは「霊言」を利用するからだ。
他人の心中について都合良く解釈(曲解)、なんでも政権批判につなげるという手法を得意とし、そのシリーズは大川隆法のパクリとしか思えない。
今回の「明仁天皇の「生前退位の意志表明」は安倍政権と日本会議の改憲=戦前回帰に対する最後の抵抗だった!」という霊言はその最たるものだが、過去の炎上記事を見てもその悪質さが見えてくる。

ももクロとネトウヨの霊言

ももクロメンバーが「戦争はいやだ」と言っているから、ネトウヨが激怒するという予言的な霊言メッセージです。
ネトウヨが激怒するよりも、ももクロのファンが激怒する炎上劇となり、物書き界隈からは「クズ」として認定された。
ちなみに、ももクロは2015年、安倍首相主催の「桜を見る会」に出席。
勝手にももクロの霊言を書いておいて、勝手に落ち込むエンジョウトオルは、こんな情けない記事を書く。

官邸を狙ったテロリストの霊言

ここまでくると常軌を逸しているとしか思えない。
テロ計画者の心を都合よく解釈し正当化する記事。
原発を停止させるためなら、テロも辞さないという危険な思想を肯定している。
そしてここでも本人の口から発せられた言葉ではなく、エンジョウトオル総裁が受け取った「霊言」で記事が構成されている。

重要なのは事実より霊言

事実関係より重要なのはエンジョウ総裁が受け取った「霊言」「守護霊メッセージ」であり、中身の薄い文章をただひたすら長文化する。
正体について某ジャーナリスト「A」と断定するには根拠が薄いが、このエンジョウトオルに「霊言」を授けているのはバリバリの左翼であることは間違いない。
ジャーナリスト「A」と「エンジョウトオル」は同一人物ではなく、「A」が「エンジョウトオル」に『霊言』を授けているのではないでしょうか?

【引用方法】

引用は半分程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、差別的なコメントを集める目的での引用禁止、動画での転載お断り

上記範囲外での利用料金

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。


KSL公式番組!時事問題・ニュース
通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス KSL-Live!ふわっち

キッコーマン具麺ソースに混入のクモ、ゴキブリを食べる種だった

みのもんたの性差別を受け入れる増山麗奈

KSL公式番組!時事問題・ニュース

通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス
KSL-Live!ふわっち



最近の記事

  1. 朝日新聞記者「産経新聞にそっち系の広告がw」←ネットの閲覧履歴から表示されるエロ広告ですよねぇ?
  2. 反安倍無罪?ブロック塀倒壊女児死亡現場の悪質コラを作ったkinokuniyanetがアカウント削除
  3. バーガーキング炎上!ロシアW杯「スター選手の子を妊娠したら賞金とバーガー一生無料」の広告に非難殺到
  4. ウーマン村本「沖縄は中国からとった」の言い訳が嘘くさい!出典として示したサイトでも「琉球は独立国」
  5. 共産党議員を逮捕!自転車サドルに体液ぶっかけ暴力革命の号砲を鳴らす!
  6. あずみん「官邸会見室、テロリストはいない」田中稔「望月衣塑子さんのことかー!」あずみん「ちゃうで」
  7. 大阪地震「追及するいいチャンス」太田房江元大阪府知事が投稿、松井知事がツイッターで反論
  8. 捏造か?AERA(朝日系列)が地震速報デマを拡散、数値をこっそり改ざんするもデマはそのまま
  9. 自称「ゴール前の魔術師」小西ひろゆき議員がコロンビアの反則を称賛、ついでに安倍政権を批判して大炎上
  10. 「名前を確かめるために、とっさに浮かんだ名前を小さい声でうんと言ったんですね。それでこれはもう決定的だなと思いました」

人気記事






▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP