高畑淳子さんはなぜ息子の事件で謝罪しなければならないのか?


マイクスタンド
俳優の高畑祐太が強姦致傷罪の容疑で逮捕され、母親で女優の高畑淳子さんが26日に会見を行った。
この事件に限らず、二世タレントの不祥事では本人が成人していても親が謝罪したり活動自粛をするのが通例となっている。
こういった場面で必ず出る「成人した子供の不祥事で親が謝罪する必要があるのか?」という意見。
意見としてはあってよいと思うが、少なくとも今回の件は高畑淳子さんが謝罪をしなければならなかったパターンである。
そのあたりを全く考えずコメントをするのが、あの勝部元気氏だ。

そして今回もこのコメント後に言い訳を開始している。

スポンサーリンク

親の謝罪が強制か自発か

まず、勝部元気氏が理解していないのは、祐太容疑者が芸能界で仕事を得るにあたって、女優 高畑淳子の息子であることを「母親」として猛烈にプッシュし、息子の至らない部分や社会性の無さで苦労するエピソードも含めて売り込んでいたことだ。
当然のことながら、仕事上で迷惑かけた関係者や応援してくれていた視聴者に謝罪はしなければならないし、本人も謝罪の場が設けてほしいと願っただろう。
こういった経緯から、勝部元気氏の発言に異論を唱える人間が現れるのは当然で、それに対して勝部元気氏はこう返している。

相変わらず後付けの言い訳で論点がずらされている。
母親として息子を売り込んだのだから、母親として謝罪しているのだ。
母親として息子を売り込んで仕事を得ながら、事件が起きた途端に「息子は成人している」として、仕事を斡旋した行為だけに特化して謝罪しても通用しないし、なにより高畑淳子さんがそれを許さないだろう。

そもそも勝部元気氏は前日に「本人の責任で高畑淳子さんには謝罪する責任がない」という発言をしている。

自分だけが責任を取れば済むという甘い考えこそが問題で、親に迷惑をかけたくない、親に恥をかかせたくないという心理も一種の犯罪抑止と考えることができないのだろうか。
勝部元気氏は、芸能人以外の未成年犯罪において、過剰に親の責任を追及しメディアに引きずり出そうとする風潮と、今回のように直接的に仕事を斡旋し共演をしていた「親」が自発的に謝罪するパターンを混同してしまっているようだ。

過去には、みのもんた氏の息子が逮捕された際に「成人しており、みの氏に責任はない」という意見があり本人も同様の考えを示していたが、みのもんた氏は自身の番組内で一般人の事件を扱い「親の顔が見てみたい」と親を批判する場面があったなど、数々の指摘がなされ番組降板に至った。
この件は、メディアを使い公然と一般人を批判することもあった人間が社会的に責任を取らされる例であるが、高畑淳子さんの場合は自身が「親子関係」を売りに仕事を求めているので、これよりも親としての関与と責任は重いと言えるだろう。

私は、高畑淳子さんは容疑者が芸能界に飛び込む以前から息子の危険性を感じ、芸能界においても女優やタレントに接したときの異常なテンションに不安に感じていたと思う。
それを承知で息子を使ってもらえるように自分の「顔」を使った以上は、責任は重大であることも承知していただろう。

勝部元気氏らが「高畑淳子さんに責任はない、謝罪は必要ない」といくら言ったところで、高畑淳子さんは謝罪をする。だれが止めようとも。
高畑淳子さんを擁護し庇い、メディアから隠していて誰のためになるというのだろうか?
今は誰かに庇われて隠れているよりも、メディアの前でサンドバック状態になっても責任を取らせてほしいという心情ではないだろうか。

容疑者の職業や立場も考えず、親が成人した子供の責任を取るかどうかという一般論を当てはめるのは考えが浅いとしか言いようがない。
勝部元気氏は高畑淳子さんを擁護しているつもりなのだろうが、それは本人から「贖罪」の機会を奪う極めて酷な提案でしかないだろう。

【全文転載は禁止、引用方法は】

引用は半分程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、動画での転載お断り

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

公式番組放送局→[ツイキャス][ふわっち]

スポンサーリンク

勝部元気の罪は特定の高校生を「性的アイコン」で炎上させたこと

運転中の「ポケモンGO」と「タバコ」は同等に叩かれるべき

関連記事

  1. 山口敬之氏の父親が緊急入院、東京新聞・望月衣塑子記者に職業を暴露されデマを流されたストレスが原因か

    山口敬之氏の父親が緊急入院、東京新聞・望月衣塑子記者に職業を暴露…

    元TBSワシントン支局長の山口敬之氏の実父が緊急入院していることが29日に判明した。山口敬之…

  2. みのもんたの性差別を受け入れる増山麗奈

    写真:美人参議員候補にみのもんた氏「平和=エロってこと?」7月10日参議院選挙投開票日。…

  3. カメラのフラッシュが焚かれる中、スーツを着た男性たちがマイクの並んだ机の前で謝罪をしている

    長谷川豊と野々村竜太郎の違い

    あの、野々村竜太郎元兵庫県議が怒っている。人工透析患者を中傷する記事を書いた長谷川豊氏へ…

  4. 古館伊知郎がパワーポイントをプロレス技だと思っていても支障はない…

    近年稀に見るどうでもよい炎上劇です。「報道ステーション」において、STAP細胞論文に関する小…

  5. 選挙中に飛び交った大誤報「加計獣医学部認可は投票日の翌日」は田中龍作の捏造か?確認ミスか?

    選挙中に飛び交った大誤報「加計獣医学部認可は投票日の翌日」は田中…

    安倍自民の圧倒的な優勢が伝えられた選挙戦の折り返しである16日、ジャーナリストの田中龍作氏が…

  6. 毎日新聞逃亡中!モーニング編集長が毎日新聞のデマを公式に否定

  7. 東京新聞・望月イソ子記者の珍問を受けた時の菅義偉官房長官の顔www「変顔でもして時間を過ごそっと」

    東京新聞・望月イソ子記者の珍問を受けた時の菅義偉官房長官の顔ww…

    相変わらず官房長官記者会見を荒らす東京新聞・望月衣塑子記者が、13日午後の会見でも「言いっ放しの憶測…

  8. 蓮舫、自分の家族をマスコミに売っておいて週刊誌の取材は批判

公式番組放送局→[ふわっち]→[ツイキャス]




最近の記事

  1. 北九州市議「櫻井よしこ氏の講演会に教育委員会が関わってる」過去の姜尚中、高橋源一郎、浜矩子はスルー
  2. スパイに詳しいTBS記者がスリーパー議員を指摘「本物のスリーパーだ。たしかにこれは国益を害するね」
  3. 警察官「止まれ」刃物男「撃つんなら撃て」→マジで撃たれて太腿を貫通、職質にサバイバルナイフで抵抗
  4. 「日本人スゴイじゃなくて」で炎上の江川紹子、過去発言掘り起こされ終了!にわか発言で番組降板の過去も
  5. 立憲民主党が日本メダル獲得に「日本、別に凄くない、総理大臣関係ない」批判受け取り消し→無かった事に
  6. 小泉純一郎「拉致問題に一番真剣に取り組んできた政治家は安倍さん」新著で電撃訪朝の舞台裏などを明かす
  7. 朝日新聞クソ社説「尖閣は我が国固有の領土?領土問題は存在しない?これを正解として教え込むのか?」
  8. 高須克弥院長「警察に届けました。なう」Twitter殺害予告投稿に対処、凍結済アカウント投稿の中身
  9. 横田早紀江さん「韓国大統領は北朝鮮に騙されないで」安倍首相と金永南との会話については「ありがたい」
  10. 変態五輪金メダリスト!神奈川新聞支社長が盗撮で逮捕、女性宅侵入やトイレに小型カメラ仕込むプロの手口

人気記事






▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP