民進党代表候補は「共産党抜きの野党共闘」を明言するべきだ


LINEで送る
Pocket

民進党代表候補3名が繰り返し問われている懸案事項がある。

「野党共闘」を継続するか否か?

この質問に対し3候補とも野党共闘に否定的な発言をしながらも、どうも煮え切らない中途半端な答えばかりだ。
特に前原候補は過去に「共産党はシロアリ」という発言をしているだけに、共産党を敬遠して与党に鞍替えした有権者を呼び戻せるかどうかが期待されている。
苦しい立場も理解できるが、これは答えに窮するような問題ではない。
「共産党抜きの野党共闘」を明言すればいいのだ。

スポンサーリンク

過去に共産党抜きで政権を取っている

前原・玉木・蓮舫3候補ともが言っている「方針の違い」は政権を目指す民進党にとっては致命的であり、特に共産党とは相いれない部分が多い。
もっと明確に「共産党抜きで野党共闘再編」を押し出せば、共産党を敬遠した有権者の票は相当数戻ってくるだろう。
共産党以外の野党が少数で風前の灯であることは否めないが、共産党と手を組むことで得た票よりも逃げた票が大きいというのが大方の見方。少数野党から得られる票など皆無に等しいが、とりあえずの「反自民」の格好は付くだろう。

民進党3候補が野党共闘に疑問を呈していることに対して、共産党界隈が恩着せがましく参院選で民進党を助けたようなことを言っているが、実際には共産党が得しただけで他の野党は散々な結果となっている。
むしろ共産党の方が「捨てないで」と泣きついているようにしか見えない。

過去に民進党(旧民主党)は共産党抜きの野党共闘で政権を奪取している。
そのときの実績と比べると共産党中心の野党共闘は大失敗と言えるだろう。
民進党代表選、3候補のうち誰が選ばれるかはわからないが、選ばれた後に党を躍進に導けるのは「非共産党」を明言できる人間ではないだろうか。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

取材・調査費支援のお願い

スポンサーリンク

こち亀連載終了!ラサール石井にブロックされてから読んでないけど

蓮舫が出馬の7年前に台湾国籍を自称していたことが判明

関連記事

  1. レインボープライドでのHIV入会お断り

    パヨチンデマ!HIV患者入会拒否の事実は無し、サービス提供者への…

    6日・7日に開催されたLGBTへの理解を深めるイベント「東京レインボープライド」に出展した同…

  2. 段ボールの上でボロボロの服を着ているホームレス

    お湯を提供しないマックは悪?誰かを褒めるとき誰かを貶める風潮

    イギリスのマクドナルドでホームレスの女性が「お湯ください」を頼んだところ、店員はそれを拒否し…

  3. 増山れな「北のミサイルは高浜原発を射程圏内に捉えた!再稼働を中止…

    社民党東京選挙区増山れな候補が、北朝鮮の核兵器問題を政治利用する発言。https://twitt…

  4. 共産党候補者、自身の名前入りタスキに違法性の認識

    先日、当ブログでもお伝えした日本共産党による組織的な公職選挙法違反。党ぐるみの組織的違反…

  5. 民進党機関紙が「山尾金銭疑惑会見」を「アベ批判会見」と報じる

    やってくれました民進党さん。民進党機関紙局は6日、山尾政調会長の金銭疑惑に関する記者会見を『16…

  6. 最高裁判所

    犯罪被害者を「ばかども」と呼ぶ寂聴は幼い我が子を捨てている

    瀬戸内寂聴を有難がっている人は考えを改めた方がいいだろう。6日、福井市内で行われた死刑制…

  7. 石嶺かおり市議が福島瑞穂と小西ひろゆきの支持団体で講演

    自衛隊へ暴言の石嶺市議が小西ひろゆき・福島瑞穂の支持団体で講演

    民進党の小西ひろゆき議員や社民党の福島みずほ議員を支持する団体が、自衛隊への暴言で宮古島市議…

  8. トイレ男女

    性同一性障害、トイレ使用の「戸籍基準」は差別である。

    心と体の性が一致しない、性同一性障害。日本でも徐々に理解されるようになったと思っていたが、経…




最新の記事

  1. 今治加計反対デモ大本営発表「四百名ノ行軍ガ今治二於テ、安倍独裁ヲ撃破セリ!」(60名が複数回参加)
  2. サンモニ谷口真由美「拉致被害の話はもう分かってる、この局面で出すなよ!」トランプ国連演説を批判
  3. 加計反対デモが大失敗!地元市民が参加の呼びかけに応じず→田中龍作「デモは穏やかに行われた」
  4. 福島瑞穂が北朝鮮プロパカンダ鵜呑み投稿をシェア、北朝鮮「普通に人が暮らしている、国なら日本も酷い」
  5. 菅野完の暴言を見た反安倍の人「それは成りすましだ!凍結してやる!」都合悪い事は直視しないスタイル

▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

PAGE TOP