蓮舫が出馬の7年前に台湾国籍を自称していたことが判明


LINEで送る
Pocket

Ren H ̄o―蓮舫写真集
Ren H ̄o―蓮舫写真集

蓮舫議員(民進党)の二重国籍疑惑がついに産経新聞でも報じられ、釈明に追われている。そこで問われている一つは、蓮舫議員が「中華民国(台湾)」への思い入れが強く、議員として日本の国益に反する考えを持っているのではないかということだ。
本名の「村田蓮舫」を名乗らず、下の名「蓮舫」だけで活動しツイッターアカウントIDは台湾姓を入れた「@renho_sha」で取得していることからも、日本人である自覚が疑われている。
蓮舫議員は日本国籍を選択しており、当然ごとく「日本の国益」を謳ってはいるのだが、1997年には雑誌CREA(クレア)で「自分の国籍は台湾」と発言し、父親は中国人で「父のいた大陸を見てみたい」と留学先を中国に選んだことを告白している。
https://twitter.com/fuwari_kitten/status/773121047725940736
詳報lhttp://anonymous-post.com/archives/11636
台湾島の中華民国ではなく「父のいた大陸」として中国共産党支配の中華人民共和国に惹かれていることは、両国の微妙な関係からして色々と疑われるポイントでもある。

スポンサーリンク

蓮舫議員の通名使用問題

蓮舫議員は二重国籍問題を否定して「日本人」を強調しているが、1997年に「台湾人」を自称し二重国籍の認識を示した証拠が出てきては今後は議員辞職も視野に入れた対応が求められるだろう。
また、通名・芸名である「蓮舫」を使い続けることへの批判も避けることはできなくなってきた。結婚後の村田姓も母方の斉藤姓も使うことはなく、大臣就任時も「蓮舫大臣」のままだった。公文書などでは本名の「村田蓮舫」でサインしていたと思われるが、国民に対しては一貫して村田姓を除いた「蓮舫」で通している。
これは選挙で知名度を利用するためにタレント時代の芸名「蓮舫」を使っているという説が有力ではあるが、日本国籍を選択したにもかかわらず台湾籍を自称していた過去が発覚しただけに、改めて日本人としての自覚が疑われることになってしまっている。
過去には横山ノック(故人、元参議院議員、元大阪府知事)が芸名を使用して政治活動を行っていたが、参議院では当時の規則で本名を名乗るようになっており、本名の「山田勇」で活動していたようだ。
※1997年に参議院でも通名使用が認められるようになった

横山ノック氏は後に大阪府知事に出馬し当選するが、表彰状などに芸名で署名されることを快く思わない相手や、横山ノックではなく「山田勇」が適切と思われる場面では本名を使っていたそうだ。
そういう意味では蓮舫議員の頑なな通名使用とは意味合いが違っているように思える。質問主意書に押す印鑑も「蓮舫」と頑なだ。
http://renho.jp/wp-content/uploads/2016/05/6a3ed095c01b72bff39019221895b5b9.pdf

このように蓮舫議員の二重国籍疑惑などを問うこと自体が「ヘイト」「差別」と左翼界隈が批判を展開しているが、これが一般人なら誰も文句は言わないだろう。だが、蓮舫氏は国会議員であり野党第一党の党首に名乗りをあげ、次期総理の座が視野に入っている。
日本のトップを狙う議員に国籍の疑惑を問い、まかり間違って他国への忠誠心を持っていないかと問うのは国民として当然である。

国籍が不明確で台湾代表処へ台湾籍を放棄する書類を提出しなくては明確に二重国籍を否定できないという認識の甘さは、日本人「村田蓮舫」として詫びてもらいたい。
過去には政治資金問題を問われた大臣の宿舎へマスコミを連れて押しかけ、その大臣が首を吊って自殺しても許さなかった厳しさは自分にも向けてみてはどうだろうか?
もっとも、国籍に関する経歴詐称が判明すれば公職選挙法違反で失職は免れないのだが・・・

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

取材・調査費支援のお願い

スポンサーリンク

民進党代表候補は「共産党抜きの野党共闘」を明言するべきだ

山下慶一郎(荒尾市長)新聞記者が市長へ「気が変わったら連絡を下さい」朝刊で未練伝える

関連記事

  1. 【未公開株問題】民進党と加計追及の黒川敦彦氏、自身への追及はブロック!出資者への説明を拒否minnsinntou

    【未公開株問題】民進党と加計追及の黒川敦彦氏、自身への追及はブロ…

    民進党と加計問題を追及する市民団体「今治加計獣医学部問題を考える会」の黒川敦彦代表が2014…

  2. 夜間のアベ政権ガーデモと警察官

    暗闇で安倍政権批判デモに遭遇、警察官が謝罪に来るもデモ参加者は無…

    5月1日夜7時過ぎ、駅前から少し外れた明かりの少ない道を歩いていたら、警察官が必死に誘導棒を…

  3. 蓮舫の夫、二重国籍騒動を「日本人の田舎根性」とする批判を拡散

    二重国籍疑惑が指摘された蓮舫議員(民進党)の夫である村田信之氏が、『今回の「二重国籍」騒動、日本の一…

  4. 【証拠写真】GO VOTE「選挙に行こう」は民青(共産党)の活動…

    衆院北海道5区補選において「GO VOTE」と選挙参加を呼びかける活動が目立っている。しかし、この活…

  5. 沖縄出身じゃないのに「おじい、おばあ」と呼ぶ人が気持ち悪い

    沖縄出身でもない政治家や活動家が、かりゆしを着て沖縄のお年寄りの手を握った写真をSNSにアップし、お…

  6. 共産党志位委員長「野党共闘は統一戦線」暴力革命路線の堅持

    『野党共闘』この言葉がマスコミに持て囃され、民進党と日本共産党が中心となった「反安倍政権」の旗印…

  7. 止まらない「日本死ね」の連鎖とテロリズム

    たかじんのそこまで言って委員会 超・戦争論 DVD 3枚組読売テレビ「そこまで言って委員…

  8. 笛を持って指さしている、車掌さん

    南海電鉄「外国人多くご不便を」アナウンスは差別にあたるのか?

    市場ずし(大阪)のワサビ増量問題に続き、南海電鉄のアナウンスが外国人差別ではないかと指摘され…




最新の記事

  1. 今治加計反対デモ大本営発表「四百名ノ行軍ガ今治二於テ、安倍独裁ヲ撃破セリ!」(60名が複数回参加)
  2. サンモニ谷口真由美「拉致被害の話はもう分かってる、この局面で出すなよ!」トランプ国連演説を批判
  3. 加計反対デモが大失敗!地元市民が参加の呼びかけに応じず→田中龍作「デモは穏やかに行われた」
  4. 福島瑞穂が北朝鮮プロパカンダ鵜呑み投稿をシェア、北朝鮮「普通に人が暮らしている、国なら日本も酷い」
  5. 菅野完の暴言を見た反安倍の人「それは成りすましだ!凍結してやる!」都合悪い事は直視しないスタイル

▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

PAGE TOP