「相棒」高樹沙耶主演でお蔵入りした幻のエピソードがコレだ!


LINEで送る
Pocket

相棒 スリム版 シーズン5 DVDセット3 (期間限定出荷)
元女優の高樹沙耶(本名、益戸育江)が大麻取締法違反容疑で逮捕された。本人は容疑を否認している。
高樹沙耶が出演していたドラマ『相棒』のファンからは「高樹のせいで再放送ができなくなるのでは?」という不満の声が上がっているようだ。
別に逮捕されたからってお蔵入りにする必要はないと思うし、再放送は問題なくされるのではないかと筆者は思っている。
※朝日放送は別番組に差し替え、アホだ

しかし、実際にお蔵入りになった『相棒』のエピソードがある。
杉下右京の役が別人になって「新たな相棒と日本を改革する」というエピソードがコレだ。


スポンサーリンク

突然降板したドラマを選挙に利用

これは高樹沙耶本人が自身のツイッターアカウントで投稿したものである。
高樹沙耶は7月の参院選で新党改革から「医療用大麻解禁」を訴えて東京選挙区に出馬している。その際に作った名刺のようだ。
キャッチフレーズとして「新たな相棒と日本を改革!」と記載されており、自身が出演していたドラマの『相棒』をちゃっかり利用している形だ。
高樹沙耶はドラマ『相棒』のプレシーズンからシーズン10の1話まで主要キャストとして出演していたが、突然降板をしている。ドラマの繋がりに矛盾が生じるため制作サイドが必死に説得したようだが、それを蹴って石垣島に移住し現在に至る。
はっきり言って『相棒』を裏切って無責任に降板しているのに、そのドラマを選挙に利用するとはなかなか図太い神経だ。これも大麻の効用なのだろうか。

そして選挙結果といえば高樹沙耶は選挙区で惨敗、新たな「相棒」荒井広幸代表も比例で落選し新党改革から出馬した候補全員が落選するという悲惨な結果となる。
この責任を取る形で新党改革は参院選の投開票日7月10日付けで解党し、「相棒」荒井広幸代表は政界からの引退を発表した。

こうして高樹沙耶・荒井広幸ダブル主演の幻のエピソード「新たな相棒と日本を改革!」は夢と消えたのであった。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

取材・調査費支援のお願い

スポンサーリンク

巻かれた鎖体に鎖、顔に袋の水死体発見→警察「事件性はない」←えっ?!

「ジーンズが似合う35歳、志位和夫さん」共産党のオシャレ番長

関連記事

  1. ゲスの極み長谷川豊がまた炎上狙いのボヤ騒ぎを起こしたらしい。

    画像:両成敗 【初回生産限定盤CD+DVD】 【Loppi・HMV限定オリジナルトートバッグ&手…

  2. 人工透析(血液透析療法)

    全番組降板した長谷川豊さんを止める人間はもういません

    すべてのレギュラー番組から降板を突き付けられたフリーアナウンサーの長谷川豊さん。今まで擁護し…

  3. 成宮寛貴の友人A氏は偽物?ずる休み?アフィリエイトは楽天に変更

    広告満載のブログを立ち上げ批判殺到の成宮寛貴の友人A氏、一部では別人の成りすましでは?という…

  4. アイドルの整形疑惑と恋愛にプンプンな人は危険

    ビフォー「中学卒業写真」アフター「現在の写真」みたいな比較が好きな人っているよね。twitt…

  5. 水道橋博士の矛盾!長谷川幸洋は叩くけど後輩の居島一平は叩かない

    写真:2月7日放送DHCシアター「真相深入り!虎ノ門ニュース」水道橋博士はなぜ、DHCシ…

  6. みの炎上「激励のつもりで」はセクハラのときも同じことを言っていた…

    みのもんたにならないための危機管理マニュアルみのもんたが「ツイッターやめたくなった」とボ…

  7. ZARDって解散してなかったんですね。(諸説あります)

    画像:ZARD SINGLE COLLECTION~20th ANNIVERSARY~Z…

  8. 『粉飾の「ヒーロー」、堀江貴文 彼がいまだにわかっていないこと …

    粉飾の「ヒーロー」、堀江貴文 彼がいまだにわかっていないことライブドア株主被害者に関しては、…




最新の記事

  1. 共産党・池内さおり議員が公選法違反か?公示前に名入りタスキで街宣活動、志位委員長も選挙戦と認める
  2. あずみん「官邸会見室、テロリストはいない」田中稔「望月衣塑子さんのことかー!」あずみん「ちゃうで」
  3. 中山成彬が小池新党を批判「小池と細野の連携、自分ファーストだ」→嫁の恭子に連れられて小池に命乞い
  4. 今治加計反対デモ大本営発表「四百名ノ行軍ガ今治二於テ、安倍独裁ヲ撃破セリ!」(60名が複数回参加)
  5. サンモニ谷口真由美「拉致被害の話はもう分かってる、この局面で出すなよ!」トランプ国連演説を批判

▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

PAGE TOP