「相棒」高樹沙耶主演でお蔵入りした幻のエピソードがコレだ!


相棒 スリム版 シーズン5 DVDセット3 (期間限定出荷)
元女優の高樹沙耶(本名、益戸育江)が大麻取締法違反容疑で逮捕された。本人は容疑を否認している。
高樹沙耶が出演していたドラマ『相棒』のファンからは「高樹のせいで再放送ができなくなるのでは?」という不満の声が上がっているようだ。
別に逮捕されたからってお蔵入りにする必要はないと思うし、再放送は問題なくされるのではないかと筆者は思っている。
※朝日放送は別番組に差し替え、アホだ

しかし、実際にお蔵入りになった『相棒』のエピソードがある。
杉下右京の役が別人になって「新たな相棒と日本を改革する」というエピソードがコレだ。


スポンサーリンク

突然降板したドラマを選挙に利用

これは高樹沙耶本人が自身のツイッターアカウントで投稿したものである。
高樹沙耶は7月の参院選で新党改革から「医療用大麻解禁」を訴えて東京選挙区に出馬している。その際に作った名刺のようだ。
キャッチフレーズとして「新たな相棒と日本を改革!」と記載されており、自身が出演していたドラマの『相棒』をちゃっかり利用している形だ。
高樹沙耶はドラマ『相棒』のプレシーズンからシーズン10の1話まで主要キャストとして出演していたが、突然降板をしている。ドラマの繋がりに矛盾が生じるため制作サイドが必死に説得したようだが、それを蹴って石垣島に移住し現在に至る。
はっきり言って『相棒』を裏切って無責任に降板しているのに、そのドラマを選挙に利用するとはなかなか図太い神経だ。これも大麻の効用なのだろうか。

そして選挙結果といえば高樹沙耶は選挙区で惨敗、新たな「相棒」荒井広幸代表も比例で落選し新党改革から出馬した候補全員が落選するという悲惨な結果となる。
この責任を取る形で新党改革は参院選の投開票日7月10日付けで解党し、「相棒」荒井広幸代表は政界からの引退を発表した。

こうして高樹沙耶・荒井広幸ダブル主演の幻のエピソード「新たな相棒と日本を改革!」は夢と消えたのであった。

【全文転載は禁止、引用方法は】

引用は半分程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、動画での転載お断り

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

公式番組放送局→[ツイキャス][ふわっち]

スポンサーリンク

巻かれた鎖体に鎖、顔に袋の水死体発見→警察「事件性はない」←えっ?!

「ジーンズが似合う35歳、志位和夫さん」共産党のオシャレ番長

関連記事

  1. 3DSわいせつ画像送受信で写真交換停止という自爆魔法-メガンテ!…

    3DSわいせつ画像送受信で写真交換停止 (日刊スポーツ)http://www.nikkans…

  2. 本当は怖い鳥取砂丘!ポケモンゲット中に人骨ゲットだぜ!鳥取砂丘人骨ミステリーを覚えているだろうか?

    本当は怖い鳥取砂丘!ポケモンゲット中に人骨ゲットだぜ!キミは鳥取…

    24日からスタートしたポケモンGOイベント「Pokemon GO Safari Zone i…

  3. 民進党の池田真紀、TBS番組出演認めるもヤラセデモには言及せず

    昨年の北海道5区補選で野党共闘候補で出馬し、次期衆院選の民進党予定候補となっている池田真紀氏…

  4. そもそも、矢口真理は不倫ではなく『職場放棄』したから批判されてる…

    矢口真里写真集「OFF」不倫騒動後、一年半に渡る長期の逃亡生活から復帰し、「情報ライブ ミヤ…

  5. 「釣りバカ日誌」ドラマ版のハマちゃん役は香取慎吾じゃないことが判…

    写真:…

  6. あの、岡田斗司夫にブロックされて光栄。どんだけちっちぇえ人間なん…

    特に興味もないけれど、やまもといちろうさんが岡田斗司夫にブロックされたと聞き、岡田斗司夫のツイッ…

  7. 『粉飾の「ヒーロー」、堀江貴文 彼がいまだにわかっていないこと …

    粉飾の「ヒーロー」、堀江貴文 彼がいまだにわかっていないことライブドア株主被害者に関しては、…

  8. メディアは星田英利(ほっしゃん。)の奇行を無視しているのか?

    写真:ほっしゃん。のほっ星田英利(元ほっしゃん。)が6日に自身のインスタグラムで引退…

公式番組放送局→[ふわっち]→[ツイキャス]




最近の記事

  1. また捏造!ワイドナ松本「路上で頑張れ、ちゃんと働いて」ネカフェ難民以外への発言、放送文字起こし検証
  2. 国会で話題!韓国人女性ツアー客7名が金塊を直腸に隠して密輸!委員会での説明に自民党議員が苦悶の表情
  3. テレビ朝日がカーリング人気に便乗し安倍批判のコラ動画放送!の、つもりがルールを知らず安倍勝利動画に
  4. 安倍首相「佐川を絶対に守れ!佐川君こそ官僚の鑑」という、素晴、らしい情報が出回っているので紹介する
  5. 北九州市議「櫻井よしこ氏の講演会に教育委員会が関わってる」過去の姜尚中、高橋源一郎、浜矩子はスルー
  6. スパイに詳しいTBS記者がスリーパー議員を指摘「本物のスリーパーだ。たしかにこれは国益を害するね」
  7. 警察官「止まれ」刃物男「撃つんなら撃て」→マジで撃たれて太腿を貫通、職質にサバイバルナイフで抵抗
  8. 「日本人スゴイじゃなくて」で炎上の江川紹子、過去発言掘り起こされ終了!にわか発言で番組降板の過去も
  9. 立憲民主党が日本メダル獲得に「日本、別に凄くない、総理大臣関係ない」批判受け取り消し→無かった事に
  10. 小泉純一郎「拉致問題に一番真剣に取り組んできた政治家は安倍さん」新著で電撃訪朝の舞台裏などを明かす

人気記事






▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP