真田丸を見ていて鹿島レアル戦での世紀の大事件を見逃した人達へ


クリスティアーノ ロナウド ポスターサイズ:42x30cm レアル・マドリード 写真 CR7 Cristiano Ronaldo Real Madrid

既にメディアが大きく取り上げていますが、18日に行われたFIFAクラブワールドカップ決勝戦「レアルマドリードVS.鹿島アントラーズ」において、主審がレアル側の反則に対し「イエロー出そうとしたけど2枚目だった、やっぱやめとこう」と胸ポケットから出しかけたイエローカードを収めるという大事件が起きた。
主審が判定を誤ったり迷うことは珍しくないが、一度手にかけたカードをポケットに収めて、無かったことにするのは前代未聞だ。
真田丸の最終回を見ていて、この世紀の瞬間を見逃した人は一生悔いることになるだろう。あのレアル陣営の慌てようと主審がビビりまくる姿は生中継で試合経過を見ていたものにとっては衝撃的なものであった。
主審は何にビビっていたかは、生中継を見ていて痛いほど伝わってきた。

スポンサーリンク

開催国枠に優勝してもらっては困る

鹿島アントラーズはJリーグで優勝しておらず、開催国枠として出場していた。
国内リーグも制覇していない鹿島が南米王者を下し、決勝では欧州王者レアルを追い詰めていた。後半、鹿島は柴崎の2得点目となるゴールで2-1と勝ち越すが、レアルはクリスティアーノ・ロナウドの圧倒的な個人技で猛攻をかけ同点に追いつく。
それでも銀河系軍団に臆することなく攻め続ける鹿島に対し、焦ったレアルのDFセルヒオ・ラモスが後半終了間際に後方からのチャージで鹿島の金崎を倒してしまう。
セルヒオ・ラモスはすでに一枚のイエローカードを受けており、これが2枚目となる同選手は退場となる。スタジアムも鹿島の勝利が現実味を帯びたことに歓喜していた。
ジャニー・シカズ主審(ザンビア)はプレイを止め、胸ポケットのイエローカードに手をかけ退場を告げようとするが、退場を恐れたセルヒオ・ラモスは主審から距離をとって逃げる。※本人談
その隙にレアルの選手たちが主審に詰め寄り抗議をはじめ、鹿島の選手も主審にジャッジを求めてアピールを行いピッチは騒然となる。
この時にも主審はポケットに手をかけていたが、結局イエローカード掲示を取りやめて試合続行を命じた。

主審は完全にビビっていた。自分のジャッジで銀河系軍団が開催国枠出場のチームに負け、クラブワールドカップ史上に残る大番狂わせが起こってしまうことに。
冷静に考えれば、大番狂わせを起こすのは主審のジャッジではなく、鹿島の奮闘とセルヒオ・ラモスのラフプレーだ。レアル側の反則はレアル選手によるもので、主審が臆する場面ではなかったはずだ。

一部では買収疑惑も持ち上がっているが、買収されていたならポケットのイエローカードには手をかけていなかっただろう。明らかにイエローの判定をしたが、ビビッてセルヒオ・ラモスに退場を告げることができなかったのだ。

試合はそのまま延長に突入し、クリスティアーノ・ロナウドの連続得点でレアル・マドリードの優勝となった。個人技で圧倒されたとはいえ、もしセルヒオ・ラモスが退場となり10人でプレイしていたらクリスティアーノ・ロナウドがボールを受ける機会も減り、数で勝る鹿島に得点チャンスがあったはずだ。

なんだか、プロレスのカウント「2.9」を見せられたような気分で、主審は下手に空気読むものではないなあと思った次第です。

今後はnoteで記事を書きます

【引用方法】

引用は半分程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、差別的なコメントを集める目的での引用禁止、動画での転載お断り

上記範囲外での利用料金

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。


KSL公式番組!時事問題・ニュース
通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス KSL-Live!ふわっち

蓮舫、自分の家族をマスコミに売っておいて週刊誌の取材は批判

ベビースターの新キャラはパラッパラッパーと恋ダンスのパクリ?

KSL公式番組!時事問題・ニュース

通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス
KSL-Live!ふわっち



最近の記事

  1. どうするMeToo勢?青山議員がセクハラ被害訴えた女性に民事訴訟「冤罪だ、パワーワードの乱用」
  2. 日刊ゲンダイが捏造か?「日馬富士引退相撲 貴乃花部屋が全員欠席」→貴景勝は勢と取組、内容もデタラメ
  3. 北海道新聞の倶知安支局長が飲酒運転で事故 自宅でワイン、ビール、睡眠薬を飲み近くのコンビニへ
  4. いじめ自殺の遺族に市教育長が「おまえ」と発言→共同通信は教育長が遺族父親の元担任であることを伝えず
  5. TBS金平茂紀、ダムを見ながら「日本という国があらゆる面において「決壊」している」豪雨災害をネタに
  6. 森友加計問題で敗北宣言 江田憲司「総理が指示したという証拠は、いくら国会で追及しても出てきません」
  7. 前原誠司さん「カミキリムシが妙に愛おしく感じた」←「誠司、それカミキリムシやない。カマキリや。」
  8. 社民党・又市征治党首の元秘書が「当選お礼」政活費で掲載、自主返還も公選法違反の疑い
  9. 立憲民主党が擁立する芸人おしどりマコ、菅直人のことを「地震泥棒」と呼んでいた

人気記事






▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP