男はつらいよHDリマスター版(第1作)を見たよ、見ろよ[PR]


ついにAmazonプライムで「男はつらいよ」が見放題になりました!
寅さんファンとしては見逃すわけにはいかないので全部見る所存。
今後、不定期ですがレビューを簡潔に書いていきます。
※Amazonアソシエイトが主となりますのでタイトルに[PR]を入れています。
男はつらいよ HDリマスター版(第1作)
男はつらいよ HDリマスター版(第1作)

この作品は全48作という長期シリーズの第一作。
この前にテレビシリーズが存在するのだが、ほとんどVTRが残っておらず「幻の作品」となっている。
筆者はその「ドラマ版」の一部を視聴したことがあるのだが、この映画第1作はドラマ版のテイストを引き継いでいるので、皆さんがイメージする寅さんとは少し異なっている。
まず、服装が違う。第1作と2作目までは寅さんは時々によって違う上着を着ている。イメージとして強い黄色い上着は3作目からだったかな?※2作目でした

スポンサーリンク

みどころ

寅さんシリーズを1作目から見たことがない人が最も驚くであろうシーンがある。些細な言い合いで感情的になったさくらさんを「妹のくせに!」と殴ってしまうのだ。
これは衝撃だろう。
全体の流れはこの作品で確立されるのだが、先述のさくらさんを殴るシーンに加え、後に義理の弟となる博さんが職工であることに対する差別的な発言も酷い。とにかく1作目では寅さんがいかに駄目な人間かというエピソードと振る舞いのオンパレードだ。
一般的に語られるような寅さんの人情面よりも、粗暴で単純な中年が人に迷惑かけまくるといった感じだ。ただし、20年ぶりに柴又に帰ってきた寅さんが今後どう変化していくかを見ていくには、絶対に知っておかなければならない真実でもある。

色々とイメージと違うところがあって戸惑う人もいるだろうが、変わらぬのはさくらさんの美しさだ。
帰ってきた寅さんと妹のさくらさんが20年ぶりに顔を合わせるシーンが象徴的だ。
化粧もしていない近所のおばさんが寅さんを見ようと野次馬のように集まる中、不意にさくらさんが顔を出す。
この野次馬おばさんの中でさくらさんだけが輝いて見えるのだ。映像処理もないのに存在感ある美しさが輝いているのだ。
このシーンは絶対に見逃さないでいただきたい。

ちなみに、第1作目では佐藤蛾次郎さん演じる源公はちょい役であり、ほとんどセリフもない。シリーズ全般では欠かせない役となるので、この映画でブレイクしたと思われがちだが、実はドラマ版では寅さんの腹違いの弟という重要な役を演じている。ヘアスタイルはアフロではなくオカッパで「鉄兜」と寅さんからは呼ばれていた。

そして、おいちゃんのキャラも違う。
初代は森川信さんが演じており、森川版おいちゃんは車家の男である。要するに寅さんと同じテイストの人物だ。
初期の作品では渥美清さん演じる寅さんと、森川信さん演じるおいちゃんは似たもの同士だったのだ。

まあ、語りだすとキリがないので今日はここまで・・・
見るべし!
男はつらいよ HDリマスター版(第1作)

【引用方法】

引用は半分程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、動画での転載お断り

上記範囲外での利用料金

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。


KSL公式番組!時事問題・ニュース
通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス KSL-Live!ふわっち

netgeekロゴまたnetgeekのパクリが発覚、独りぼっち運営で行き詰まり?

続・男はつらいよHDリマスター版(第2作)を見たよ![PR]

KSL公式番組!時事問題・ニュース
通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス
KSL-Live!ふわっち



最近の記事

  1. 玉木雄一郎がデマ「安倍晋三記念小学校として申請されてた」和田政宗議員に論破され有本香氏に呆れられる
  2. 籠池夫妻の長男「菅野完氏経由の保釈金ならお断り!安部政権を倒すために集めた金なら要りません」
  3. 悪質タックル被害選手父親が加害選手の減刑求める、プロフは「息子がきっかけで再開したアメフトに夢中」
  4. 朝日新聞の隠蔽発覚!朝日女性記者にセクハラしたのは朝日新聞の現論説委員でした!#MeToo勢は沈黙
  5. 山口二郎「日大の危機管理は安倍政権から学んでいる」安倍首相を「叩き斬ってやる」って言ってた口で何を
  6. 国民民主党「新しいロゴを発表しました」ゲオとTSUTAYAを丸パクリ疑惑浮上
  7. 検証!朝日新聞は愛媛県文書問題で「首相動静ー2月25日」のを消したのか?勘違いと悪質な改ざんが発端
  8. 検証!愛媛県提出文書にねつ造を疑われる矛盾点多数「政治的動きは難しい」と官邸の優遇を否定する記述も
  9. 検証!「蓮舫が国会をサボって台湾旅行、中国SNS微博にだけ写真投稿」は本当なのか?
  10. ラサール石井・水道橋博士が拡散、高須院長や桂春蝶を「余命大量懲戒請求のネトウヨ」と疑う名誉棄損記事

人気記事






▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP