【毎日新聞の大誤報】「進撃の巨人」元編集者逮捕はデマと判明!


進撃の巨人 1-20巻セット (講談社 コミックス)
進撃の巨人 1-20巻セット (講談社 コミックス)

毎日新聞が『妻殺害容疑 講談社社員を逮捕 「進撃の巨人」元編集者』というタイトルで報じているが、これは全くのデマであることが判明した。

進撃の巨人の担当編集者といえば川窪慎太郎氏がメディアにも登場し有名だが、今回の事件で逮捕された朴鐘顕(パクチョンヒョン)容疑者は、進撃の巨人スタート時は別冊少年マガジンの編集長であり「担当」ではない。
他のメディアが報じるように、編集長として「手がけた」という表現は間違っていないが、それならば当時連載していたマンガの全てが当てはまるわけで、進撃の巨人の名前の使われ方としては風評被害も甚だしい。ましてや毎日新聞のように『進撃の巨人元編集者』とまで書いてしまうと完全なる誤報と言っても過言ではない。
これらの誤った情報はネット上で一気に拡散し、もう収拾がつかない状態となっている。
どうやらこの毎日新聞の大誤報は「週刊文春」のスクープ記事を意識して書いた結果、どうしても『進撃の巨人』としなければならなくなったようだ。

スポンサーリンク

文春砲潰しで逮捕された?

この事件に関しては、1月11日に週刊文春が「怪死事件」詳報を伝えると予告していた。

文春砲が火を噴く前日の逮捕だ。明らかにマスコミが騒ぎ始める前に身柄を確保しておこうという警察の意図が見て取れる。

文春はインパクト重視の週刊誌であるため、少しでも関与したマンガで一番知名度のある進撃の巨人を見出しに持ってきたのだろう。
毎日新聞はこの文春砲に注目していたと見られ、逮捕の報道発表を受けて「朴鐘顕 = 進撃の巨人」と思い込み『進撃の巨人元編集者』という誤報を打ってしまったのだろう。文春には「大ベストセラー漫画「進撃の巨人」(講談社)を立ち上げたカリスマ編集長A氏(41)」と書かれており、「元編集者」というのは毎日新聞の誤報であり文春の責任ではない。

SNSではファンからの抗議の声が多数見られ、誤解を解こうとする人が真実をツイートしている。

さてさて、毎日新聞さんはどう責任を取るのでしょうか?

続報

【引用方法】

引用は半分程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、差別的なコメントを集める目的での引用禁止、動画での転載お断り

上記範囲外での利用料金

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。


KSL公式番組!時事問題・ニュース
通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス KSL-Live!ふわっち

松橋ちはるアンケート序盤【検証】共産党によるカジノ誘致アンケートで反対への誘導や操作?

【速報】毎日新聞が誤報を隠蔽、こっそり記事を改ざんして逃亡

KSL公式番組!時事問題・ニュース

通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス
KSL-Live!ふわっち



最近の記事

  1. 朝日新聞記者「産経新聞にそっち系の広告がw」←ネットの閲覧履歴から表示されるエロ広告ですよねぇ?
  2. 反安倍無罪?ブロック塀倒壊女児死亡現場の悪質コラを作ったkinokuniyanetがアカウント削除
  3. バーガーキング炎上!ロシアW杯「スター選手の子を妊娠したら賞金とバーガー一生無料」の広告に非難殺到
  4. ウーマン村本「沖縄は中国からとった」の言い訳が嘘くさい!出典として示したサイトでも「琉球は独立国」
  5. 共産党議員を逮捕!自転車サドルに体液ぶっかけ暴力革命の号砲を鳴らす!
  6. あずみん「官邸会見室、テロリストはいない」田中稔「望月衣塑子さんのことかー!」あずみん「ちゃうで」
  7. 大阪地震「追及するいいチャンス」太田房江元大阪府知事が投稿、松井知事がツイッターで反論
  8. 捏造か?AERA(朝日系列)が地震速報デマを拡散、数値をこっそり改ざんするもデマはそのまま
  9. 自称「ゴール前の魔術師」小西ひろゆき議員がコロンビアの反則を称賛、ついでに安倍政権を批判して大炎上
  10. 「名前を確かめるために、とっさに浮かんだ名前を小さい声でうんと言ったんですね。それでこれはもう決定的だなと思いました」

人気記事






▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP