KSL-Live!

メディア業界21世紀枠!KSLで背が伸びた!


【速報】毎日新聞が誤報を隠蔽、こっそり記事を改ざんして逃亡

   

LINEで送る
Pocket

全く別人である編集者に殺人事件での逮捕誤報をやらかしておいて、毎日新聞は記事を改ざんして逃亡した。

当サイトが誤報を指摘したのちに、タイトルと内容を改ざんして、毎日新聞は誤報を隠蔽している。
↓改ざん後の記事

しかし、ここで「消すと増える法則」の発動です。
保存しておいたスクリーショットを晒してやる。

記事の続きは下部へ

スポンサーリンク

別人への殺人容疑をかけておいて逃亡

これが保存しておいたスクリーンショット画像だ。
毎日新聞の記事改ざん、進撃の巨人

これが現在ではこうなっている。
毎日新聞進撃の巨人記事を改ざん後

タイトルは、

改ざん前 妻殺害容疑 講談社社員を逮捕 「進撃の巨人」元編集者

改ざん後 妻殺害容疑 講談社編集次長を逮捕 警視庁

記事の内容で別の人が疑われる結果となった部分は、

改ざん前 朴容疑者は人気漫画「進撃の巨人」を担当していた編集者、現在は青年コミック誌「モーニング」の編集次長。

改ざん後 朴容疑者は人気漫画「進撃の巨人」が掲載されていた別冊少年マガジンの元編集責任者、現在は青年コミック誌「モーニング」の編集次長。

有名な担当編集者と誤解される表現「進撃の巨人を担当していた編集者」という部分が書き換えられている。

また、取材時に講談社からも指摘されたものと思われる記述が追加されている。

改ざん前 講談社広報室は「情報収集中のため、現時点では答えられない」としている。

改ざん後 講談社広報室は「このような事態になり大変遺憾です。本人は無実を主張しており、捜査の推移を見守りつつ社として慎重に対処してまいります」とのコメントを出した。

追加の取材を行なったか、講談社から抗議を受けてコメントが変更されたものと思われるが、何れにしても「元編集者」と別人への殺人容疑を誤った伝え方をし、誤報による騒動を起こしておいてこっそり改ざんして毎日新聞への責任追及から逃れようとする態度は無責任で卑怯だ。
誤報を打つことはジャーナリストにとって致命的だが、その隠蔽を行うことは自殺行為に等しい。
毎日新聞はなんらかのコメントを出し、記事を書いた神保圭作、深津誠、春増翔太の3名に聞き取り調査を行うべきでは無いだろうか?

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

関連記事とSNSボタンは下部へ

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

 - マスコミ・報道 , , , ,

  おすすめ記事

「ジャポニカから虫が消えた」騒動はステマだった?朝日は記事削除で逃亡

共感PR 心をくすぐり世の中を動かす最強法則 &# …

日本共産党浅賀由香公職選挙法違反
東京新聞が共産党の公選法違反をモザイク処理で報じる

写真:東京新聞より 東京新聞は6月2日付の記事で、 …

サンデーモーニングの手作りフリップは卑怯すぎる!!黒板係も意味不明

この記事をアップして随分の月日が経過、今でも毎週日 …

田中龍作さん、禁止されてるPayPal寄付は順調ですか?

あの田中龍作さんが、禁止されているはずのPayPa …

東京新聞は福島瑞穂に自著を宣伝してもらった望月記者を処分しないの?

ニュース女子の司会である長谷川幸洋氏を罵倒して主幹 …

鳥越俊太郎「局が税金の使い道を監視すると停波」と発言

3月14日TBSラジオ「大沢悠里のゆうゆうワイド」 …

東京新聞補欠選挙の構図
東京新聞が野党大敗を受け入れられず悪意に満ちたコメントを掲載

23日に投開票が行われた衆議院東京10区と福岡6区 …

毎日新聞逃亡中!モーニング編集長が毎日新聞のデマを公式に否定

モーニング 2017年7号 [2017年1月12日 …

【毎日新聞の大誤報】「進撃の巨人」元編集者逮捕はデマと判明!

進撃の巨人 1-20巻セット (講談社 コミックス …

no image
NHK世論調査に生活の党が無い!←支持率0でした

NHKが行った世論調査の結果に「生活の党と山本太郎 …