【速報】毎日新聞が誤報を隠蔽、こっそり記事を改ざんして逃亡


全く別人である編集者に殺人事件での逮捕誤報をやらかしておいて、毎日新聞は記事を改ざんして逃亡した。

当サイトが誤報を指摘したのちに、タイトルと内容を改ざんして、毎日新聞は誤報を隠蔽している。
↓改ざん後の記事

しかし、ここで「消すと増える法則」の発動です。
保存しておいたスクリーショットを晒してやる。

スポンサーリンク

別人への殺人容疑をかけておいて逃亡

これが保存しておいたスクリーンショット画像だ。
毎日新聞の記事改ざん、進撃の巨人

これが現在ではこうなっている。
毎日新聞進撃の巨人記事を改ざん後

タイトルは、

改ざん前 妻殺害容疑 講談社社員を逮捕 「進撃の巨人」元編集者

改ざん後 妻殺害容疑 講談社編集次長を逮捕 警視庁

記事の内容で別の人が疑われる結果となった部分は、

改ざん前 朴容疑者は人気漫画「進撃の巨人」を担当していた編集者、現在は青年コミック誌「モーニング」の編集次長。

改ざん後 朴容疑者は人気漫画「進撃の巨人」が掲載されていた別冊少年マガジンの元編集責任者、現在は青年コミック誌「モーニング」の編集次長。

有名な担当編集者と誤解される表現「進撃の巨人を担当していた編集者」という部分が書き換えられている。

また、取材時に講談社からも指摘されたものと思われる記述が追加されている。

改ざん前 講談社広報室は「情報収集中のため、現時点では答えられない」としている。

改ざん後 講談社広報室は「このような事態になり大変遺憾です。本人は無実を主張しており、捜査の推移を見守りつつ社として慎重に対処してまいります」とのコメントを出した。

追加の取材を行なったか、講談社から抗議を受けてコメントが変更されたものと思われるが、何れにしても「元編集者」と別人への殺人容疑を誤った伝え方をし、誤報による騒動を起こしておいてこっそり改ざんして毎日新聞への責任追及から逃れようとする態度は無責任で卑怯だ。
誤報を打つことはジャーナリストにとって致命的だが、その隠蔽を行うことは自殺行為に等しい。
毎日新聞はなんらかのコメントを出し、記事を書いた神保圭作、深津誠、春増翔太の3名に聞き取り調査を行うべきでは無いだろうか?

今後はnoteで記事を書きます

【引用方法】

引用は半分程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、差別的なコメントを集める目的での引用禁止、動画での転載お断り

上記範囲外での利用料金

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。


KSL公式番組!時事問題・ニュース
通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス KSL-Live!ふわっち

【毎日新聞の大誤報】「進撃の巨人」元編集者逮捕はデマと判明!

毎日新聞逃亡中!モーニング編集長が毎日新聞のデマを公式に否定

KSL公式番組!時事問題・ニュース

通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス
KSL-Live!ふわっち



最近の記事

  1. 沖縄県知事選 オール沖縄は宗教指導者を選んでいるのか?遺言で沖縄の未来を占う異様なムード
  2. 田原総一朗「河野さん、大変失礼致しました」ついに麻生太郎と河野太郎の区別がつかなくなる
  3. 沖縄統一地方選 やっぱり共産党がフライング!告示前に国会議員が市議選の応援演説繰り返す
  4. 社長が女子高生に「つばちょうだい」で書類送検、これは何罪なのか?調べてみたら具体的過ぎてドン引き
  5. リバプールFC「日の丸踏み付け」の画像を謝罪、韓国版ツイッターの光復節を祝うツイートはクラブ無許可
  6. 世田谷区で男子児童が男に「ニャー」と声をかけられる事案発生!猫ひろし「私じゃない」アリバイを検証
  7. 富田林署逃亡犯のイレズミが「カワイイうさぎちゃん」であることが判明!脱兎の如く走り去ったか?
  8. 安倍首相の「かき氷うめっ」写真が中国で話題に!中国ネット民「店を封鎖したりしないのか?」
  9. 速報!下村博文元文科相が不起訴処分決定を報告、加計学園パーティー券問題で市民団体が告発
  10. 共同通信が不明2歳児救助の男性を犯人扱い「発見時は成人男性と一緒だった。男性は近隣の住民ではない」

人気記事






▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP