【暴露】netgeekが記事を盗用する悪質な手法を公開してやる


悪そうな泥棒が、家に設置されたセンサーライトに照らされて焦っている
クソパクリバイラルメディアのnetgeekさん、今年も他人の記事を丸パクリする平常運転。もう名前をネットの盗賊netthief(ネットシーフ)に変えたほうがいっそわかりやすいぞ。

この、netgeekことネット盗賊netthiefがどうやって効率的に記事をパクっているかを暴露してやろうかと思います。
先日も私の記事を完全にまるっとコピーしてくれたのでお礼です。
当サイト→蓮舫、中国語の新年挨拶をこっそり書き換えるも編集履歴が丸見え
netgeek→【炎上】蓮舫が新年の挨拶を中国語から日本語に修正!あんた何がしたいんだよ!

パクる手法って、そりゃ他のサイトをチェックしてるんでしょ?と思う方もいるでしょうが、netgeekは相手が記事を公開する前にネタをパクることが出来るのです。
それはツイッターを利用する実に簡単な方法です。悪用厳禁です。

スポンサーリンク

他人の仁義を悪用するnetgeek

netgeekではツイッターからパクってきたネタが多数掲載されている。
ツイッターで話題になっているネタをどうやって収集しているのでしょうか?
これが簡単なんです。同業他社のツイッターアカウントを監視しているだけ。
ツイート主に掲載許可を求めるツイートを発見したら、自分は許可を取らずに高速で記事にする。これならパクリ先が記事を公開する前にネタを先行掲載できるのです。
例えばこれ、最初に掲載許可を求めたのは「ハム速」でしたが、ぞくぞくとネットメディアが掲載許可を求めている。中には日本テレビの番組アカウントも。

こういったアカウントのツイートを監視し、他人の掲載許可を横取りするのです。
掲載許可を求めているメディアは許可のの返答があるまで記事は公開できません。しかし、netgeekは最初から許可なんて取らないので速攻で無断掲載をしてしまいます。
コレ→http://netgeek.biz/archives/90475
酷いでしょ?
netgeekライターの「我が家」で起きた事として記事にしています。
これは盗用どころか捏造記事ですね。

これでは知らない人が見たら、netgeekの記事を他社が盗用したかのように見える。netgeekの記事は大半がこの手法で他社から盗んできてはオリジナルを偽装しているようだ。

まさにネットの盗賊「netthief(ネットシーフ)」ですね。
他社がネタ元に掲載許可を取るために仁義を切っている過程を監視して、それを先行して無断掲載してしまうのです。
しかもツイッターのAPIは使用せず、さも自分のオリジナル写真であるかのように見せかける悪質な違反。
以前は複数人で運営していたようですが、最近では悪名高い「腹BLACK」が一人しか残っていないようで、パクらないと運営が出来ないのでしょう。

【引用方法】

引用は半分程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、差別的なコメントを集める目的での引用禁止、動画での転載お断り

上記範囲外での利用料金

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。


KSL公式番組!時事問題・ニュース
通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス KSL-Live!ふわっち

「ルミ子ノート」6つの金言が凄い!認識を変えるだけで劇的変化?

翁長雄志知事翁長知事を提訴「高江に機動隊呼んだの翁長だろ」平和市民連絡会

KSL公式番組!時事問題・ニュース

通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス
KSL-Live!ふわっち



最近の記事

  1. NHKが拉致問題のニュースで岩手ちゃぶ台返し大会の映像を使用「米朝首脳会談の合意、ちゃぶ台返し」
  2. 至学館学長の栄監督解任理由「昼ご飯を食べに行った、これはダメだ」同席の千原せいじ「体悪くしてた」
  3. 笑顔でないと出勤登録できない勤怠システムが大不評、弁護士「労基法違反、労基署は踏み込むべし」
  4. 速報!元・自民党議員が「レイバンの激安サングラス販売」を再開、昨年12月に続き2度目の大セール
  5. 共産党が個人寄附を許可なく返送、針のむしろに座らされ精神・肉体に変調をきたし除名された議員が明かす
  6. 共産党・宮本岳志「よろしい!とくとお目にかけよう。この世の地獄というものを体験させてあげよう!」
  7. 【完全動画】強行採決ではなく騙し討ち?IR実施法案、衆院内閣委でのデタラメ採決をご覧ください
  8. RAD抗議集会アカウントはド左翼、主催者の人民新聞編集員が証言「アカウント立ち上げに立ち会った」
  9. 検証!netgeek「共同通信記者が盗聴器を設置して加計学園の話を盗み聞き」は真実か?フェイクか?
  10. フジテレビ「#勝つのはパラグアイ」試合前誤投稿はなぜ起こったのか?真相は意外なほどの凡ミス

人気記事






▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP