社民党が点字ブロックの上で街頭演説、増山麗奈は期待を裏切らない


先日『朝鮮半島は乳房、日本は赤ちゃん』という日本人差別を披露した社民党の増山麗奈は18日、JR東日本日野駅前(東京都)で演説を行った。
点字ブロックを塞いで・・・
社民党増山麗奈が点字ブロックの上で街頭演説

街頭演説の基本「往来を妨害しない、障害者に配慮する」ということは一切無視の無神経ぶりを遺憾なく発揮している。

スポンサーリンク

マイクコードを引きながら走る姿も

動画を確認すると点字ブロック付近に荷物と資材を置き、マイクのコードは常に点字ブロックの上にある。点字ブロックを頼りに歩いてきた視覚障害者を狙った悪質なトラップのようだ。

日野駅前で演説 22日は地球温暖化イベント宜しく???

増山 麗奈さんの投稿 2017年1月17日

動画の最後には支援者らしき女性に駆け寄るシーンがあるが、片手にマイクを持ったままで人や自転車の往来がある歩道でマイクコードをぶん回している。

点字ブロックは、正式名称を『視覚障害者誘導用ブロック』といい、日本では「視覚障害者誘導用ブロック設置指針・同解説」「道路の移動円滑化整備ガイドライン」に基づき、各自治体の条例等にしたがって設置されている。
参考:点字ブロックについて | 社会福祉法人 日本盲人会連合

視覚障害者はこの点字ブロックを頼りに歩行しているが、それを塞いだりコードを這わすような行為は大変危険だ。
駅のホームから視覚障害者が転落し亡くなるという事故が頻発しており社会全体の意識が高まっている時期だ。
一般の利用客でも視覚障害者には気を配り、行き先を訪ね案内をするなどのサポートが必要要と言われている中、政党を名乗る者の演説でこのような危険な行為が行われていることは残念でならない。

過去には日本共産党が批判の的に

街頭演説でのマナーについては、過去に日本共産党が批判の的になっている。

この件に限らず、公共物やガードレール等の道路用防護柵へのぼりを無断で設置するケースが散見される。
郵便ポストに看板を立てかける行為も、固定はしていないものの利用者にとっては迷惑だし、投函に行くのを躊躇させる。
ポストが赤いからと言って、共産党の私物ではない。

街頭演説は政治家が顔と政策を知ってもらうために重要な行動であるが、やり方を間違うと逆に恥を晒し拡散されることになる。

最後に、余談ではあるが『SEALDsが点字ブロックの上でデモ』とかいう話が未だに聞こえてくるが、あれはnetgeekが流したデマなのでご注意を。

【引用方法】

引用は半分程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、差別的なコメントを集める目的での引用禁止、動画での転載お断り

上記範囲外での利用料金

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。


KSL公式番組!時事問題・ニュース
通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス KSL-Live!ふわっち

選挙違反を取材も調査もせずに指摘したら自分が違反者になるかもよ

【炎上】民進党の藤末議員「電車遅れたら無料にしろ」に批判殺到

KSL公式番組!時事問題・ニュース

通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス
KSL-Live!ふわっち



最近の記事

  1. 大阪地震「朝鮮人が井戸に毒」デマを流すアカウント、ツイート履歴から見えてきた意外な意図
  2. NHKが拉致問題のニュースで岩手ちゃぶ台返し大会の映像を使用「米朝首脳会談の合意、ちゃぶ台返し」
  3. 至学館学長の栄監督解任理由「昼ご飯を食べに行った、これはダメだ」同席の千原せいじ「体悪くしてた」
  4. 笑顔でないと出勤登録できない勤怠システムが大不評、弁護士「労基法違反、労基署は踏み込むべし」
  5. 速報!元・自民党議員が「レイバンの激安サングラス販売」を再開、昨年12月に続き2度目の大セール
  6. 共産党が個人寄附を許可なく返送、針のむしろに座らされ精神・肉体に変調をきたし除名された議員が明かす
  7. 共産党・宮本岳志「よろしい!とくとお目にかけよう。この世の地獄というものを体験させてあげよう!」
  8. 【完全動画】強行採決ではなく騙し討ち?IR実施法案、衆院内閣委でのデタラメ採決をご覧ください
  9. RAD抗議集会アカウントはド左翼、主催者の人民新聞編集員が証言「アカウント立ち上げに立ち会った」
  10. 検証!netgeek「共同通信記者が盗聴器を設置して加計学園の話を盗み聞き」は真実か?フェイクか?

人気記事






▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP