田中龍作「作業服姿で日焼けしたオッサン」などと宮古島住民を誹謗


ヘルメットをかぶって作業服を着た作業員が、走って工事現場へ向かう
BLOGOSはいつまでこの男を放置しておくつもりか。
昨年、長谷川豊が「透析患者を殺せ」という記事をアップして大問題になったが、今度は作業服姿で選挙応援に駆け付けた宮古島市の住民に対し「作業服姿で日焼けしたオッサン」「たまに女性がいるが年配者だけ」「子連れの現役ママはいない」と誹謗するような内容がアップされている。


寄稿者はジャーナリストの田中龍作氏だ。
公職の選挙期間最終日に特定候補支持者を誹謗し、自身に寄付が集まりそうな候補者を過剰に持ち上げる倫理に反する記事でもある。

スポンサーリンク

田中龍作に選挙記事を書く資格なし

選挙期間中であれ、特定候補者が問題を起こした場合、それを取り上げるのはジャーナリストとして当然だろう。しかし、今回の記事は単なる誹謗中傷の類であり記事にする論拠としては幼稚すぎる。
男性支持者が多いという客観的事実を伝えるにあたって「作業服姿で日焼けしたオッサン」などという労働者を蔑視するような表現はどう考えても不適切だ。添えられた写真にも「オッサン密度95%以上」と記載されている。
女性支持者に対しても「たまに女性がいるが年配者だけ」「子連れの現役ママはいない」という差別的な表現を用いている。年配者は悪なのか?子供のいない女性は子連れの女性に劣るのか?厳しく問いただしたい気分だ。
そもそもタイトルが『【宮古島市長選挙】オッサンVSママ 基地か子育てか』と品性のかけらも感じられないものであり、性差別も含まれている。
基地を容認したら子育てができないという極論にも根拠がなく、ジャーナリストとしてはあまりにもレベルの低い内容だ。

寄付金目的に偏向記事を書いている

この田中龍作の記事に対して、候補者の支持者や関係者が寄付をしているとすれば問題だが、公職選挙法以前に特定候補者を当選せしめるために報酬を受け取り、または受け取る目的で偏った記事を書いているのならジャーナリストとしては失格である。
記事の最後に政治的主張とともに寄付を求めるメッセージがあり、これは暗に、基地反対の候補者を支持する記事を書くにはお金が必要と言っているようなもので、この行為自体が非常識だ。

ジャーナリストとは言え、個人に主義主張があり完全なる公平性を保つのは不可能であるのは理解できる。しかし、それを隠そうともせず露骨に特定候補を推し寄付金を求めるのはジャーナリズムとは言えない。

今回の記事でも下地敏彦氏が自民党推薦であることをネガティブに書く一方で、奥平一夫氏が民進党推薦であることは伏せられている。昨今の民進党の悪いイメージを考慮しているのだろう。
また、下地敏彦氏と同姓の下地晃氏(社民、沖縄社大推薦)への配慮は一切見られず、下地 VS 奥平 という勝手な構図で記事を書いてしまっている。
当選したのは下地敏彦氏であったが、同氏は同姓の下地晃氏と混同されるのを避ける為か、立候補時の通称を「としひこ」として登録している。

今回の宮古島市長選挙は大接戦であり、ジャーナリストの伝え方ひとつで結果が左右されることも十分に予想された。
そういった接戦のなかで寄稿された田中龍作氏の記事は、宮古島市の将来へ不当に介入し影響を与える危険性があったと言えるだろう。

BLOGOS編集部は以下に示す過去の問題を含め、田中龍作を放置してはいけない。


【全文転載は禁止、引用方法は↓】

引用は半分以下で「続きは以下へ」のリンク必須(まとめサイトも同条件)、動画サイトでの転載お断り

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク

民進党長島昭久議員のツイッターが中国勢の攻撃を受ける怪事件発生

香山リカ中指香山リカ先生遠隔診断に成功「中国製の帽子のやつ愛国者じゃない」

関連記事

  1. NHK

    田中龍作さんがNHKからつまみ出される事案発生

    あの、田中龍作さんがNHK千代田スタジオに無許可で入りつまみ出された。https://twi…

  2. 朝鮮有事で日本人が在日を襲撃

    谷口真由美「日本人が在日韓国人を襲撃する」TBSサンモニ発言の全…

    16日に放送されたTBS系列「サンデーモーニング」において、谷口真由美(大阪国際大学准教授)…

  3. 「共産党の議席が倍増」は、民主と社民から議席を奪っただけだった。…

    25日に投開票された宮城県議選、東京新聞や毎日新聞では「共産党が議席倍増」というキーワードで、あたか…

  4. テレ朝会長「報ステ成功!」と古館さんのギャラが無駄だったと証明

    喋らなければ負けだよ (青春新書インテリジェンス)テレビ朝日の早河洋会長兼CEOは会見で…

  5. マイクスタンド

    高畑淳子さんはなぜ息子の事件で謝罪しなければならないのか?

    俳優の高畑祐太が強姦致傷罪の容疑で逮捕され、母親で女優の高畑淳子さんが26日に会見を行った。…

  6. 石田純一は本当に「言論の自由」を剥奪されたのか?リテラの扇動か?…

    写真:SKY CORPORATIONプロフィールより石田純一の所属事務所が、以下のような…

  7. 「ジャポニカから虫が消えた」騒動はステマだった?朝日は記事削除で…

    共感PR 心をくすぐり世の中を動かす最強法則"「ジャポニカから虫が消えた」騒動は“つくら…

  8. 「現実的なテロ対策強化法案を提出する」蓮舫代表記者会見

    【暴露写真】民進党蓮舫の定例会見がガラガラであると身内にバラされ…

    毎度、薄っぺらいことをキリッとした顔で言い放つ蓮舫代表の定例会見。二重国籍問題が取り沙汰…




最近の記事

  1. 和田政宗議員を襲撃した沖縄基地反対派の3人を書類送検、動画に抑えられた犯行の一部始終
  2. 八重山毎日新聞が自衛隊を差別するコラム掲載「自衛隊が来ると犯罪や事故が予想される」石嶺香織を模倣か
  3. 有田芳生議員と茨木新聞が日教組に死刑宣告!「焦点は教組の死刑執行」過激な見出しに読者が震える!
  4. 都民ファ都議が不謹慎謎かけ、消防協働新年会で「ビル火災とかけて、新橋の酔ったサラリーマンと解く」
  5. 福山哲郎が女性番記者から贈り物を受け取り写真撮影、安倍総理が受け取った際に叩いていたパヨチンは沈黙
  6. 回収!森友学園問題を考える会の院内集会チラシ、他人の写真を無断使用 イラスト風に改変して誤魔化す
  7. 原口一博議員「日本維新の会は日本に必要ないなら名称もろとも無くしてほしい」名称を巡る特別な思いも
  8. 日本共産党「裏切ったら許さない民進党籍議員リスト」を大公開!小池晃「統一会派は裏切りということに」
  9. 希望の党公認候補「拉致問題も経済停滞も靖国に参拝しないのもネアンデルタールの血が原因」若狭塾出身
  10. ピースボート「安倍はICAN事務局長と会わない!」←首相の東欧歴訪中を狙って面会を求めるヤラセ!

人気記事






▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP