香山リカ先生遠隔診断に成功「中国製の帽子のやつ愛国者じゃない」


LINEで送る
Pocket

精神科医の香山リカ先生は、遠く離れたアメリカ国民の遠隔診断に成功したことを自身のツイッターで発表した。
診断結果としては「中国製のキャップを被っていたトランプ支持者は愛国者ではない」とし、一方で「デモ参加者のニット帽は手編みなのでメイド・イン・アメリカ、本物の愛国者」という遠隔診断結果となった。

これ、中国に対する差別では?日本人が中国製の製品を批判したら「ヘイトスピーチだー!」て大騒ぎするんじゃないの?

スポンサーリンク

論点がズレ、差別を披露する

どうやら香山リカ先生は、毎日新聞が配信したロイターの記事に別の人のツイートを混同して遠隔診断しているようです。

毎日新聞が配信したロイターの記事には「愛国」「排外主義」については言及されていません。これはトランプ大統領が「米国製品を買い、米国人を雇用する」と唱えたことに賛同する割には購入品がどこの国の製品かなど気にしていない支持者を皮肉っているのです。
これとは別に他の方が「ウィメンズマーチで多くの男性がピンクの帽子を被っていた、猫耳帽子を、編み棒付いたままかぶってたww」とツイートしているのを見て、編み棒がついているということは手作り→メイドインアメリカ→こっちの方が愛国者、という解釈をしているようだ。

一部のトランプ支持者が中国製の帽子を被っていて、ウィメンズマーチ参加者の一人が手製のニット帽だったというだけで、どちらが愛国者かという発想に至るのは差別ではないだろうか?
こういった発言に対して中指立てて「キエー!!!」となるのが香山リカ先生の真骨頂だったのでは?
香山リカ中指

掲示板、まとめサイト転載歓迎ですが全文転載はご遠慮ください(全文の場合は冒頭と最後の2か所に出典リンク、引用URLはテキストではなくリンクで。動画での転載はお断りしています。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク

ヘルメットをかぶって作業服を着た作業員が、走って工事現場へ向かう田中龍作「作業服姿で日焼けしたオッサン」などと宮古島住民を誹謗

【共産党】同志を晒し逃亡の都議「豊洲アルカリ問題」の実績を強調

関連記事

  1. 日本人差別のアカウントをツイッター社は放置?意図的に凍結から除外しているとしか思えない

    日本人差別のアカウントをツイッター社は放置?意図的に凍結から除外…

    ツイッター社はなぜ、日本人に対するヘイトスピーチを放置しているのだろうか?先日、当サイト…

  2. 民進党のあぶない刑事、緒方林太郎、初鹿明博

    民進党の「あぶない刑事」初鹿明博&緒方林太郎の地域回り写真www…

    民進党議員の"地域回り"写真が刑事ドラマにしか見えない。"地域回り"とは、地元の有権…

  3. 山本太郎「夫人、祈りすぎやろ」←国会で祈って怒られたのお前だ!

    自由党の山本太郎議員がツイッターのアカウント名を「山本太郎 夫人、祈りすぎやろ。」に変更した…

  4. 命乞い!原口一博議員がまた前言撤回「逃げるネズミとは細野の事じゃない」←証拠公開しとくわ (2)

    命乞い!原口一博議員がまた前言撤回「逃だすネズミは細野の事じゃな…

    日和見ヘタレと揶揄される民進党の原口一博議員が、また嘘をついて命乞いです。先日、離党の検…

  5. 民進党視察、蓮舫が居なくなった途端「ぶらり途中下車の旅」と化す

    視察と称して公費で観光する民進党の徳永エリ議員。先日の「森友観光」に続き、今回は北海道「…

  6. カンパ金着服問題の北海道反原発連合が抗議行動再開→都合の悪い指摘…

    7月にメンバーによるカンパ金着服が発覚して以降、活動を自粛していた北海道反原発連合が9月から…

  7. 「ジーンズが似合う35歳、志位和夫さん」共産党のオシャレ番長

    日本共産党志位和夫委員長の若き日の写真が発掘された。そのタイトルは、「特集・日本共産党第19…

  8. 渡邉哲也氏をチキンと呼ぶ志葉玲がイラクに行った理由「モテたい」

    さてさて、ジャーナリストの志葉玲さんが、経済評論家の渡邉哲也さんに絡んでみたものの完全に論破され…




最新の記事

  1. 希望・柚木議員が質問中10回も髪をフワッとかきあげる!髪を切れば質問時間がもっと確保できるとの指摘
  2. 福島伸享議員
  3. 署名は粉飾か?石垣島陸自配備反対署名に同一名多数、市民団体「精査しないで!」不正を把握していた?
  4. 速報!野党終了か?森友の設置趣意書に安倍晋三記念小学院の名称は無かった?和田政宗議員がコピーを公開
  5. 日本赤軍を支援か?左翼紙社長を逮捕!不当逮捕との声が上がるがテロリスト支援基金の存在が明らかに
  6. 朝日女性記者「憲法が公布され女性参政権につながったこの日、私は初めて男子トイレに入り便器を磨いた」
  7. イクラ不法所持の疑いで暴力団幹部を逮捕!「サケは盗んだがイクラは盗んでいない」と供述
  8. 長谷川豊が史上最悪の暴言「結婚しない男は殺せ!女の知的水準低いと子供を多く産む、計算できないから」
  9. 検証「雪見だいふく」に業務用や学校給食用は本当に存在するのか?
  10. 立憲民主党・福山哲郎、元AV女優・夏目ナナの経営するバーの代金を政治資金で支出していた!

▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP