【共産党】同志を晒し逃亡の都議「豊洲アルカリ問題」の実績を強調


素手で強アルカリ性の水に触れる強酸都議としておなじみ、日本共産党そねはじめ都議の新しいリーフレットが発表された。
リーフには、豊洲の地下ピットに溜まった水を素手で試験し「超アルカリだ!」と大騒ぎした時の写真が堂々と掲載されている。
自身が素手で試験を行ったことが問題視された際には、同志である白石たみお都議の写真をブログで晒して逃げていたのに。
※赤い○で囲ってみました

しかも、アルカリ性はコンクリートに由来するものであり、完全なデマであったことに対する説明文は一切ない。当時は他の都議に責任を押し付けて自身のレポートには一切掲載していなかったのに、いまさら「都政の”闇”を暴く!」とかおいしいところだけつまみ食いするようなやり方は感心できません。

スポンサーリンク

別の都議に責任を擦り付ける

「超アルカリだ!」と叫ぶ共産党都議団の姿は当時、ネットの笑いものになっていた。まず、超アルカリ性ではなく強アルカリ性であることに加え、コンクリートに曝された水がアルカリ性になることは常識であったからだ。
この時に会見の中心にいた尾崎あや子都議は「無知、非科学」と多くの批判を浴び、ブログも「超」を「強」に書き換えるなど必死だった。その後の「猛毒ヒ素検出」も共産党都議団の悪意ある発表でデマであることが発覚。
参考:共産党のデマ!豊洲から検出のヒ素はミネラルウォーターと同程度

この時の会見画像をみると、そねはじめ都議と思われる人物が写っているが、自身のブログやレポートではそれに触れていない。思わぬ炎上劇に発展したため責任を回避したと思われる。

同時期に炎上したのが「汚染だの猛毒だのと騒ぐ割に素手で試験している」という指摘によるものだった。
当時出回った写真はあきらかに、そねはじめ都議が素手で試験する様子であり、今回のリーフに使用された写真と同一である。
そねはじめ都議が素手で試験
本当に危険だと思っていたのなら手袋は着用したはずで、素手で水を採取したり試験していたのは「問題がない」と解っていた証拠とされた。
このときも、そのはじめ都議は逃げている。なんと、同志である白石たみお都議が素手で水を採取している様子を晒しあげたのだ。
そねはじめ都議が白石たみお都議を晒す
出典:素手で強アルカリを水汲みした白石議員の写真 « そねはじめホームページ

ちなみに、晒された白石たみお共産党都議は豊洲の「超アルカリ騒動」以降はツイッターを更新していない。
これが最後のツイートとなった。

炎上当時のマスコミ対応は尾崎あや子都議が行い恥をかき、自身の「素手での試験」が問題になったら白石たみお都議を晒して逃亡。
それでも手柄は欲しいという根性が信じられない。

【引用方法】

引用は半分程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、動画での転載お断り

上記範囲外での利用料金

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。


KSL公式番組!時事問題・ニュース
通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス KSL-Live!ふわっち

香山リカ中指香山リカ先生遠隔診断に成功「中国製の帽子のやつ愛国者じゃない」

DHCは使わない!という人を募集してまで書く記事は信用できない

KSL公式番組!時事問題・ニュース
通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス
KSL-Live!ふわっち



最近の記事

  1. 元日大講師が悪質タックル被害の父親を批判「選挙向けの売名行為、嘘泣き記者会見」→続きはメルマガで
  2. 矢野官房長「くそ野郎という感じで報道」を批判する野党は国会で「日本死ね!」と叫んだことをお忘れか?
  3. 玉木雄一郎がデマ「安倍晋三記念小学校として申請されてた」和田政宗議員に論破され有本香氏に呆れられる
  4. 籠池夫妻の長男「菅野完氏経由の保釈金ならお断り!安部政権を倒すために集めた金なら要りません」
  5. 悪質タックル被害選手父親が加害選手の減刑求める、プロフは「息子がきっかけで再開したアメフトに夢中」
  6. 朝日新聞の隠蔽発覚!朝日女性記者にセクハラしたのは朝日新聞の現論説委員でした!#MeToo勢は沈黙
  7. 山口二郎「日大の危機管理は安倍政権から学んでいる」安倍首相を「叩き斬ってやる」って言ってた口で何を
  8. 国民民主党「新しいロゴを発表しました」ゲオとTSUTAYAを丸パクリ疑惑浮上
  9. 検証!朝日新聞は愛媛県文書問題で「首相動静ー2月25日」のを消したのか?勘違いと悪質な改ざんが発端

人気記事






▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP