KSL-Live!

メディア業界21世紀枠!KSLで背が伸びた!


【共産党】同志を晒し逃亡の都議「豊洲アルカリ問題」の実績を強調

   

LINEで送る
Pocket

素手で強アルカリ性の水に触れる強酸都議としておなじみ、日本共産党そねはじめ都議の新しいリーフレットが発表された。
リーフには、豊洲の地下ピットに溜まった水を素手で試験し「超アルカリだ!」と大騒ぎした時の写真が堂々と掲載されている。
自身が素手で試験を行ったことが問題視された際には、同志である白石たみお都議の写真をブログで晒して逃げていたのに。
※赤い○で囲ってみました

しかも、アルカリ性はコンクリートに由来するものであり、完全なデマであったことに対する説明文は一切ない。当時は他の都議に責任を押し付けて自身のレポートには一切掲載していなかったのに、いまさら「都政の”闇”を暴く!」とかおいしいところだけつまみ食いするようなやり方は感心できません。

記事の続きは下部へ

スポンサーリンク

別の都議に責任を擦り付ける

「超アルカリだ!」と叫ぶ共産党都議団の姿は当時、ネットの笑いものになっていた。まず、超アルカリ性ではなく強アルカリ性であることに加え、コンクリートに曝された水がアルカリ性になることは常識であったからだ。
この時に会見の中心にいた尾崎あや子都議は「無知、非科学」と多くの批判を浴び、ブログも「超」を「強」に書き換えるなど必死だった。その後の「猛毒ヒ素検出」も共産党都議団の悪意ある発表でデマであることが発覚。
参考:共産党のデマ!豊洲から検出のヒ素はミネラルウォーターと同程度

この時の会見画像をみると、そねはじめ都議と思われる人物が写っているが、自身のブログやレポートではそれに触れていない。思わぬ炎上劇に発展したため責任を回避したと思われる。

同時期に炎上したのが「汚染だの猛毒だのと騒ぐ割に素手で試験している」という指摘によるものだった。
当時出回った写真はあきらかに、そねはじめ都議が素手で試験する様子であり、今回のリーフに使用された写真と同一である。
そねはじめ都議が素手で試験
本当に危険だと思っていたのなら手袋は着用したはずで、素手で水を採取したり試験していたのは「問題がない」と解っていた証拠とされた。
このときも、そのはじめ都議は逃げている。なんと、同志である白石たみお都議が素手で水を採取している様子を晒しあげたのだ。
そねはじめ都議が白石たみお都議を晒す
出典:素手で強アルカリを水汲みした白石議員の写真 « そねはじめホームページ

ちなみに、晒された白石たみお共産党都議は豊洲の「超アルカリ騒動」以降はツイッターを更新していない。
これが最後のツイートとなった。

炎上当時のマスコミ対応は尾崎あや子都議が行い恥をかき、自身の「素手での試験」が問題になったら白石たみお都議を晒して逃亡。
それでも手柄は欲しいという根性が信じられない。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

関連記事とSNSボタンは下部へ

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

 - 社会・経済 , , , ,

  おすすめ記事

福島瑞穂を三ツ星評価したNPO「万年野党」とは?

画像:186国会版 国会議員三ツ星データブック ( …

no image
なぜ模倣は勝てないのか?

以下はYahooニュースに掲載された雑誌「プレジデ …

松橋ちはるアンケート序盤
【検証】共産党によるカジノ誘致アンケートで反対への誘導や操作?

苫小牧市の成人式で日本共産党市議らが行った「IR誘 …

民進党の高井たかし議員が今治への獣医学科新設要請
証拠動画公開!加計学園問題、民進党の高井たかし議員が内閣府に説得要請していた

加計学園が国家戦略特区に獣医学部を新設する計画につ …

no image
業界シュリンクとはなにか?

先日公開した記事 「奈良オオクワセンター廃業だそう …

民進党・西村まさみ氏の公式HPバナー
民進党・西村正美が点字ブロック上に看板、議員宿舎で不倫や迂回献金疑惑の過去

写真:民進党・西村まさみ公式HP 民進党の西村まさ …

シーシェパードさん、事件です。イルカが惨殺されています。

写真:イルカの日Days with Dolphin …

国会で国会議員がマイクに向かって喋っているイラスト
また民進共産が揃って国会欠席、もう一生休んでりゃいいと思います

21日の衆院環太平洋経済連携協定(TPP)特別委員 …

no image
福島みずほ、地震の2時間後に「ハッピー」投稿で大炎上

社民党の福島瑞穂議員が、熊本での地震の2時間後に自 …

石嶺かおり市議が福島瑞穂と小西ひろゆきの支持団体で講演
自衛隊へ暴言の石嶺市議が小西ひろゆき・福島瑞穂の支持団体で講演

民進党の小西ひろゆき議員や社民党の福島みずほ議員を …