【感動】中2女子が徘徊中の老人を助けるため雪の中3キロを疾走!


女性のマラソン選手が長距離走をしている
山形県鶴岡市の中学2年生の女生徒が徘徊中の老人を保護したとして、鶴岡署は1日、感謝状を贈った。

女生徒は陸上部で、自主トレーニングのランニング中に老人を発見、一度は通り過ぎたが薄手の防寒着で歩く老人が心配になり引き返した。行き先を訪ねたが老人の指さす方向は行き先と逆、「腰が痛くて、もう歩けない」という老人を近くのベンチに座らせ「すぐに戻ってくる」と告げ、母親に助けを求めるため雪の中を走りだした。
3キロを走り母親に助けを求めたのち、母親の車で自宅まで送り届けた。

あかん、このパターン泣いてまう。

スポンサーリンク

未成年の善行を報じる意味

陸上部の女子中学生が自主トレーニング中に徘徊する老人を発見、救助を求めるために雪の中を走り出す。
陸上選手の鏡であり、スポーツ選手としてこれ以上の成果はないだろう。

何が感動するかって「一度は通り過ぎたが引き返す」ってところ。
これが人情ってものだ。

同様のケースは先月にも報じられている。
埼玉県鴻巣市の女子高生が、県道に散乱した古紙を一人で拾い集め、鴻巣警察署から感謝状が贈られている。
この女子高生も、一度はそのまま通り過ぎたものの「何もしていない自分に辛くなった」と戻って来たという。
バスケ部の朝練前に学校周辺で美化活動をしていた彼女にとって、下校中であっても県道に散乱する古紙を見過ごせなかったのは日々の活動の成果だ。

こういった報道は我々のように荒んだ大人の心を改めてくれる。
昨今大手メディアも我々も、未成年の犯罪や度が過ぎたイタズラを報じることが多いが、メディアは犯罪報道さえしていれば良いというものでもないような気がする。
若者の善行も積極的に報じ、その感動を伝えるために記者の文章力を発揮すれば、良い波及効果も生まれてくるだろう。

今後はnoteで記事を書きます

【引用方法】

引用は半分程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、差別的なコメントを集める目的での引用禁止、動画での転載お断り

上記範囲外での利用料金

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。


KSL公式番組!時事問題・ニュース
通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス KSL-Live!ふわっち

近藤秀子ツイッターアイコン共産党予定候補の顔写真が詐欺レベルで盛られているが違法ではない

辛淑玉の指南動画流出「若者は死ね年寄りは捕まれ」福島瑞穂も登壇

KSL公式番組!時事問題・ニュース

通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス
KSL-Live!ふわっち



最近の記事

  1. 意味不明!福島瑞穂さん「石丸小四郎さんなどを作っている達原発情報のミニコミを読んでいます。」
  2. 立憲民主・近藤昭一副代表に政治資金規正法違反の疑い 複数パーティーが不記載?違反となるポイントは?
  3. 大阪・松井知事、菅野完事務所のツイートに「全くのデマ、名誉毀損、訴えます。 」
  4. 生コン600キロを上空からぶち撒く事案発生 ヘリで運搬中のバケットから落下
  5. 井上太郎、前川喜平とセーラー服の女性をツイッターに投稿「実質売春の調査」と批判するも捏造と判明
  6. カンパ金会計問題を巡り「森友・加計告発プロジェクト」田中正道・黒川敦彦氏が共同代表を辞任
  7. 【卑怯】日刊ゲンダイが捏造疑惑の記事をこっそり削除→それでも貴乃花の悪口連載は継続する模様
  8. ガセネタ?サウジ記者「殺害」の一部始終をアップルウォッチで録音するのは不可能?
  9. 警察官が職質「スーツが似合っていない」→トイレに逃げ込み数時間立てこもり→逮捕される
  10. どうするMeToo勢?青山議員がセクハラ被害訴えた女性に民事訴訟「冤罪だ、パワーワードの乱用」

人気記事






▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP