【感動】中2女子が徘徊中の老人を助けるため雪の中3キロを疾走!


女性のマラソン選手が長距離走をしている
山形県鶴岡市の中学2年生の女生徒が徘徊中の老人を保護したとして、鶴岡署は1日、感謝状を贈った。

女生徒は陸上部で、自主トレーニングのランニング中に老人を発見、一度は通り過ぎたが薄手の防寒着で歩く老人が心配になり引き返した。行き先を訪ねたが老人の指さす方向は行き先と逆、「腰が痛くて、もう歩けない」という老人を近くのベンチに座らせ「すぐに戻ってくる」と告げ、母親に助けを求めるため雪の中を走りだした。
3キロを走り母親に助けを求めたのち、母親の車で自宅まで送り届けた。

あかん、このパターン泣いてまう。

スポンサーリンク

未成年の善行を報じる意味

陸上部の女子中学生が自主トレーニング中に徘徊する老人を発見、救助を求めるために雪の中を走り出す。
陸上選手の鏡であり、スポーツ選手としてこれ以上の成果はないだろう。

何が感動するかって「一度は通り過ぎたが引き返す」ってところ。
これが人情ってものだ。

同様のケースは先月にも報じられている。
埼玉県鴻巣市の女子高生が、県道に散乱した古紙を一人で拾い集め、鴻巣警察署から感謝状が贈られている。
この女子高生も、一度はそのまま通り過ぎたものの「何もしていない自分に辛くなった」と戻って来たという。
バスケ部の朝練前に学校周辺で美化活動をしていた彼女にとって、下校中であっても県道に散乱する古紙を見過ごせなかったのは日々の活動の成果だ。

こういった報道は我々のように荒んだ大人の心を改めてくれる。
昨今大手メディアも我々も、未成年の犯罪や度が過ぎたイタズラを報じることが多いが、メディアは犯罪報道さえしていれば良いというものでもないような気がする。
若者の善行も積極的に報じ、その感動を伝えるために記者の文章力を発揮すれば、良い波及効果も生まれてくるだろう。

【引用方法】

引用は半分程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、動画での転載お断り

上記範囲外での利用料金

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。


KSL公式番組!時事問題・ニュース
通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス KSL-Live!ふわっち

近藤秀子ツイッターアイコン共産党予定候補の顔写真が詐欺レベルで盛られているが違法ではない

辛淑玉の指南動画流出「若者は死ね年寄りは捕まれ」福島瑞穂も登壇

KSL公式番組!時事問題・ニュース
通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス
KSL-Live!ふわっち



最近の記事

  1. 元日大講師が悪質タックル被害の父親を批判「選挙向けの売名行為、嘘泣き記者会見」→続きはメルマガで
  2. 矢野官房長「くそ野郎という感じで報道」を批判する野党は国会で「日本死ね!」と叫んだことをお忘れか?
  3. 玉木雄一郎がデマ「安倍晋三記念小学校として申請されてた」和田政宗議員に論破され有本香氏に呆れられる
  4. 籠池夫妻の長男「菅野完氏経由の保釈金ならお断り!安部政権を倒すために集めた金なら要りません」
  5. 悪質タックル被害選手父親が加害選手の減刑求める、プロフは「息子がきっかけで再開したアメフトに夢中」
  6. 朝日新聞の隠蔽発覚!朝日女性記者にセクハラしたのは朝日新聞の現論説委員でした!#MeToo勢は沈黙
  7. 山口二郎「日大の危機管理は安倍政権から学んでいる」安倍首相を「叩き斬ってやる」って言ってた口で何を
  8. 国民民主党「新しいロゴを発表しました」ゲオとTSUTAYAを丸パクリ疑惑浮上
  9. 検証!朝日新聞は愛媛県文書問題で「首相動静ー2月25日」のを消したのか?勘違いと悪質な改ざんが発端

人気記事






▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP