KSL-Live!

メディア業界21世紀枠!KSLで背が伸びた!


【感動】中2女子が徘徊中の老人を助けるため雪の中3キロを疾走!

   

LINEで送る
Pocket

女性のマラソン選手が長距離走をしている
山形県鶴岡市の中学2年生の女生徒が徘徊中の老人を保護したとして、鶴岡署は1日、感謝状を贈った。

女生徒は陸上部で、自主トレーニングのランニング中に老人を発見、一度は通り過ぎたが薄手の防寒着で歩く老人が心配になり引き返した。行き先を訪ねたが老人の指さす方向は行き先と逆、「腰が痛くて、もう歩けない」という老人を近くのベンチに座らせ「すぐに戻ってくる」と告げ、母親に助けを求めるため雪の中を走りだした。
3キロを走り母親に助けを求めたのち、母親の車で自宅まで送り届けた。

あかん、このパターン泣いてまう。

記事の続きは下部へ

スポンサーリンク

未成年の善行を報じる意味

陸上部の女子中学生が自主トレーニング中に徘徊する老人を発見、救助を求めるために雪の中を走り出す。
陸上選手の鏡であり、スポーツ選手としてこれ以上の成果はないだろう。

何が感動するかって「一度は通り過ぎたが引き返す」ってところ。
これが人情ってものだ。

同様のケースは先月にも報じられている。
埼玉県鴻巣市の女子高生が、県道に散乱した古紙を一人で拾い集め、鴻巣警察署から感謝状が贈られている。
この女子高生も、一度はそのまま通り過ぎたものの「何もしていない自分に辛くなった」と戻って来たという。
バスケ部の朝練前に学校周辺で美化活動をしていた彼女にとって、下校中であっても県道に散乱する古紙を見過ごせなかったのは日々の活動の成果だ。

こういった報道は我々のように荒んだ大人の心を改めてくれる。
昨今大手メディアも我々も、未成年の犯罪や度が過ぎたイタズラを報じることが多いが、メディアは犯罪報道さえしていれば良いというものでもないような気がする。
若者の善行も積極的に報じ、その感動を伝えるために記者の文章力を発揮すれば、良い波及効果も生まれてくるだろう。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

関連記事とSNSボタンは下部へ

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

 - 社会・経済 , , ,

  おすすめ記事

高須クリニックの提訴で蓮舫の戸籍開示はできない
NETGEEKの「蓮舫の戸籍謄本GET可能」を弁護士が一様に否定、懲戒事例も

高須クリニックの高須克弥院長が、民進党の大西健介議 …

社民離脱準備?福島瑞穂が政治塾発表、講師は全員政治経験ゼロ?

社民党の福島瑞穂議員が政治塾を立ち上げる。 消滅必 …

蓮舫の夫、二重国籍騒動を「日本人の田舎根性」とする批判を拡散

二重国籍疑惑が指摘された蓮舫議員(民進党)の夫であ …

有田議員が写真提供元を公開しないのは正しい?

めぐみと私の35年 民進党の有田芳生参院議員が、6 …

元アナウンサーの窃盗?これで有罪ならもうATMには並べない

2012年、銀行のATMに置き忘れられた現金6万6 …

no image
福島瑞穂が「安倍首相が殺人事件を慣行」と中傷する事案発生。

コレ、ほんまにアカンやつです。 安倍首相は法的な手 …

山本太郎さんが徴兵制&税金バカ高のデンマークを絶賛!

写真:母ちゃんごめん普通に生きられなくて 山本太郎 …

no image
福島みずほ、地震の2時間後に「ハッピー」投稿で大炎上

社民党の福島瑞穂議員が、熊本での地震の2時間後に自 …

【左翼のデマ】自民批判の曲、後援取り消しは言論弾圧ではない。

写真:3あくついほう! 結論、言論弾圧などではなく …

止まらない「日本死ね」の連鎖とテロリズム

たかじんのそこまで言って委員会 超・戦争論 DVD …