KSL-Live!

メディア業界21世紀枠!KSLで背が伸びた!


【感動】中2女子が徘徊中の老人を助けるため雪の中3キロを疾走!

   

LINEで送る
Pocket

女性のマラソン選手が長距離走をしている
山形県鶴岡市の中学2年生の女生徒が徘徊中の老人を保護したとして、鶴岡署は1日、感謝状を贈った。

女生徒は陸上部で、自主トレーニングのランニング中に老人を発見、一度は通り過ぎたが薄手の防寒着で歩く老人が心配になり引き返した。行き先を訪ねたが老人の指さす方向は行き先と逆、「腰が痛くて、もう歩けない」という老人を近くのベンチに座らせ「すぐに戻ってくる」と告げ、母親に助けを求めるため雪の中を走りだした。
3キロを走り母親に助けを求めたのち、母親の車で自宅まで送り届けた。

あかん、このパターン泣いてまう。

スポンサーリンク

未成年の善行を報じる意味

陸上部の女子中学生が自主トレーニング中に徘徊する老人を発見、救助を求めるために雪の中を走り出す。
陸上選手の鏡であり、スポーツ選手としてこれ以上の成果はないだろう。

何が感動するかって「一度は通り過ぎたが引き返す」ってところ。
これが人情ってものだ。

同様のケースは先月にも報じられている。
埼玉県鴻巣市の女子高生が、県道に散乱した古紙を一人で拾い集め、鴻巣警察署から感謝状が贈られている。
この女子高生も、一度はそのまま通り過ぎたものの「何もしていない自分に辛くなった」と戻って来たという。
バスケ部の朝練前に学校周辺で美化活動をしていた彼女にとって、下校中であっても県道に散乱する古紙を見過ごせなかったのは日々の活動の成果だ。

こういった報道は我々のように荒んだ大人の心を改めてくれる。
昨今大手メディアも我々も、未成年の犯罪や度が過ぎたイタズラを報じることが多いが、メディアは犯罪報道さえしていれば良いというものでもないような気がする。
若者の善行も積極的に報じ、その感動を伝えるために記者の文章力を発揮すれば、良い波及効果も生まれてくるだろう。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

 - 社会・経済 , , ,

  おすすめ記事

増山麗奈と社民党佐藤あずさ
社民党の増山麗奈が盗撮、東京都教育員会定例会を無断で撮影し投稿

写真:増山れなの街宣予定6月30日 : 増山麗奈の …

有田議員が写真提供元を公開しないのは正しい?

めぐみと私の35年 民進党の有田芳生参院議員が、6 …

【共産党】同志を晒し逃亡の都議「豊洲アルカリ問題」の実績を強調

素手で強アルカリ性の水に触れる強酸都議としておなじ …

だんだん占いババに似てきた浜矩子の大予言2016!

似てますね・・・ 毎年恒例の「浜矩子さんの大予言」 …

5歳児焼死事故の東京デザインウィークが活動再開、調査継続中のまま

写真:東京デザインウィークホームページ 東京デザイ …

高校生の政治活動届け出制はSEALDs界隈に好都合

高校生にも読んでほしい安全保障の授業 高校生の政治 …

目黒区長選で共産党がまた破れる、シーズル村上の応援むなしく

しずる はんにゃ フルーツポンチ 『スクールデイズ …

運転中の「ポケモンGO」と「タバコ」は同等に叩かれるべき

モンスターボール モバイルバッテリー スマホ 充電 …

no image
10億円BIGのCM「締め切り迫る」が人質事件を連想させるので中止なんだってさ。

何を恐れ、誰と戦ってこんな対応しているんでしょう。 …

志布志市PR動画「うな子」に対する的外れな批判

鹿児島県志布志市がふるさと納税PR動画として公開し …