福島瑞穂「桃太郎にきびだんごを作った婆さんは共謀罪」と珍説


日本一という旗を持って、犬猿雉をお供に鬼退治に出かける、桃太郎のイラスト
社民党の福島瑞穂議員がまた誤った解釈で共謀罪に反対している。
福島瑞穂議員は街頭演説で、知り合いの弁護士に教えてもらったとして「桃太郎が鬼退治に行こうと言って、おばあさんがきびだんごを作ったら共謀罪です。」と述べた。

そもそも桃太郎はテロリストではない。
桃太郎が正義の戦いを挑むと仮定しても、現行法で禁止されている「私戦」にあたり現代では犯罪である。
福島瑞穂議員は弁護士でありながら、現行法を無視したうえで共謀罪にまで難癖をつけている。やはり、先日から話題になっている「辛淑玉自白動画」が気になって仕方ないのだろうか?
個人的にはあの程度で共謀罪は適用されないと思うのだが、福島先生は心配でならないのだろう。

スポンサーリンク

桃太郎は現行法なら犯罪者

弁護士なのに法律を無視する福島先生のために解説しておこう。
まず、桃太郎が日本人鬼が外国人と見立てて例え話をしているとすると、鬼は日本人の拉致誘拐を繰り返す北朝鮮と言えるだろう。
民間人である桃太郎が北朝鮮討伐を計画し、武器や食料(きびだんご)を調達し北朝鮮(鬼ヶ島)への渡航を準備すれば「私戦予備および陰謀の罪」が成立する。当然、警察が察知すれば桃太郎は拘束される。

「私戦予備および陰謀の罪」とは刑法93条1項に定められた罪で、国家が宣戦布告をした所謂「戦争」状態にない他国に、私人や私団体が勝手に戦闘行為を仕掛けようとした場合に適用される。
2014年にISILに参加しようとした大学生がシリア渡航を計画したことで初めて適用された罪である。
要するに、桃太郎はこの大学生と同じ罪を犯しており、しかも目的はより明確で実行もされている。これに加担しきびだんごを持たせて見送った婆さんも警察の事情聴取や家宅捜索を受けるだろう。
以上のように、この婆さんは私戦を幇助し実行に加担しているので、この行為を止める法律が必要となる。それが「共謀罪」なのだ。

ちなみに、この法律は準備・陰謀の段階で適応されるが実行に対する罪はない。
もしかしたら福島先生は、この「実行されたら適応外」ということを知っていて、共謀罪のように実行を阻止する効力が高くなる法律を批判しているのであろうか?それならば福島先生が反対する理由は理解できる。
この件がありましたからねぇ・・・


今後はnoteで記事を書きます

【引用方法】

引用は半分程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、差別的なコメントを集める目的での引用禁止、動画での転載お断り

上記範囲外での利用料金

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。


KSL公式番組!時事問題・ニュース
通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス KSL-Live!ふわっち

衝撃!福島瑞穂の秘書が舎弟を自称「警察シバイて行きましょう」

望月衣塑子「辛淑玉動画は捏造?」東京新聞望月衣塑子記者の擁護が苦し過ぎる

KSL公式番組!時事問題・ニュース

通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス
KSL-Live!ふわっち



最近の記事

  1. 社長が女子高生に「つばちょうだい」で書類送検、これは何罪なのか?調べてみたら具体的過ぎてドン引き
  2. リバプールFC「日の丸踏み付け」の画像を謝罪、韓国版ツイッターの光復節を祝うツイートはクラブ無許可
  3. 世田谷区で男子児童が男に「ニャー」と声をかけられる事案発生!猫ひろし「私じゃない」アリバイを検証
  4. 富田林署逃亡犯のイレズミが「カワイイうさぎちゃん」であることが判明!脱兎の如く走り去ったか?
  5. 安倍首相の「かき氷うめっ」写真が中国で話題に!中国ネット民「店を封鎖したりしないのか?」
  6. 速報!下村博文元文科相が不起訴処分決定を報告、加計学園パーティー券問題で市民団体が告発
  7. 共同通信が不明2歳児救助の男性を犯人扱い「発見時は成人男性と一緒だった。男性は近隣の住民ではない」
  8. 上野千鶴子「エリート大学の女子学生たち今に見てろよ、結婚、出産したら愕然とするから」不幸を望む呪い
  9. 日刊ゲンダイ「安倍首相を内乱罪で告発!の投稿20万リツイート」見た瞬間にデマとわかる記事の真相は?
  10. 文科省汚職事件、立憲民主党・吉田議員のとても恥ずかしい写真が流出!日本眼科医連盟から多額の献金も

人気記事






▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP