民進党の池田真紀、TBS番組出演認めるもヤラセデモには言及せず


民進党池田真紀が一般人としてTBSに出演

昨年の北海道5区補選で野党共闘候補で出馬し、次期衆院選の民進党予定候補となっている池田真紀氏が、身分を伏せ一般人として番組に出演していた問題。
参考:ヤラセ?民進党の池田真紀がTBS「生活保護不正受給」番組に一般人として出演

15日、池田真紀氏は番組への主演経緯と見解を公式HPで発表した。
参考:池田まき公式サイト » 生活保護を取り上げたテレビ番組の放送に関して「池田まきのメッセージ」
しかし、身分を伏せた経緯や、支援者らによるヤラセデモ疑惑には一切触れられておらず、延々と長文で持論を展開する苦しい内容であった。

スポンサーリンク

支援者による抗議デモには触れない

問題となった番組は生活保護の不正受給を取り上げた番組であるが、特に受給者叩きと思われる内容はなかった。にもかかわらず北海道5区補選で池田真紀候補を支援した民青同盟北海道のメンバーが番組批判を展開し、系列局前で抗議行動を行うなど不可解な展開となっている。


抗議行動を行ったメンバーらは同番組に、自分たちが応援している池田真紀氏が一般人として出演していたことには一切触れず、番組終了直後には翌日の抗議行動が発表されるという用意周到。
本当に番組内容に怒りを感じたのであれば、親交のある池田真紀氏にまず話を聞くのが筋であるが、それを行った形跡はない。池田真紀氏も自身のSNSや公式HPで番組への出演には一切触れておらず、出演自体が秘密にされていた可能性が高い。

民青同盟北海道が北海道5区補選で池田真紀氏を支援していたことは周知の事実であり、北海道選管は当サイトからの取材に対し懸念を示していた。何故なら当時は未成年の選挙活動が禁止されており、民青同盟には未成年が多数加入していたからだ。民青同盟は選挙応援ではなく「投票呼びかけ」としていたが、イメージカラーなどを統一し、実際に選挙活動の場で活動していた証拠も残っている。
民青五寸釘ほなみが辻元清美とツーショット
共産党の池内さおり議員と「池田まき」の旗を掲げ街宣活動をする民青同盟北海道委員長ら
池内さおり議員と池田真紀支援を呼びかける民青同盟
「選挙にいこう」と訴える面々は民青同盟と完全に一致
選挙に行こうとデモをする民青同盟員

ここまで親密な関係にありながら、双方ともに番組出演を伏せていたことは「ヤラセ」を疑われても仕方ないだろう。
今回の『見解』では、出演の経緯を「番組からのオファー」と説明しており、番組側は池田真紀氏が民進党で政治活動をする人物と知っていたという事になる。それが何故、生活保護の需給歴がある一般人として出演しコメントしていたかは語られていない。
池田真紀氏は、番組のテロップで自分の身分が「元窓口担当」と表記されたことに「ソーシャルワーカー」と表記するべきと持論は展開しているが、民進党の人間であることを伏せた経緯は不明のままだ。

民進党はこの一連の行動を調査する必要がある。無論、民青同盟北海道もイケマキの番組出演に触れずに抗議行動した経緯を説明する必要があるだろう。

今後はnoteで記事を書きます

【引用方法】

引用は半分程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、差別的なコメントを集める目的での引用禁止、動画での転載お断り

上記範囲外での利用料金

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。


KSL公式番組!時事問題・ニュース
通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス KSL-Live!ふわっち

速報!稲田大臣と森友の契約書「郵便番号が違う」との指摘が相次ぐ

再び暴言「自衛隊強姦しまくり強姦祭り」石嶺市議後援会、自衛隊関係者は法的措置を検討

KSL公式番組!時事問題・ニュース

通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス
KSL-Live!ふわっち



最近の記事

  1. 検証!玉城デニーは辺野古移設閣議決定した鳩山政権を擁護したのか?
  2. 米津玄師を見た共産党・宮本岳志議員「あ、これユースケ・サンタマリア?」
  3. 鳩山由紀夫「佐喜真候補が翁長さんの後継を名乗っている!嘘つきだ!」←そんなこと一言も言ってません
  4. 朝鮮総連新潟県本部で頭から血を流して倒れている男性が見つかる!総連関係者ではない模様
  5. 朝日新聞グループが前川喜平の歴史を改ざん!文科省退職は「天下り」ではなく「政治と対峙」と言い出す
  6. デマ「共産党・小池晃が被災地の炊き出しおにぎりを食べた」説明で誤解は解けるのにツイート削除?
  7. 警察出動動画あり!黒川敦彦が加計獣医学部を無許可中継→不法侵入と不退去で逮捕を検討される事態に
  8. 後藤田正純が自分の炎上に陰謀論「政権批判のSNSを国家機関が監視?SNSの天才によって一度精査を」
  9. 「蓮舫議員終了のお知らせ、蓮舫法案(国会議員の二重国籍禁止)27日に提出」悪質なフェイクニュース
  10. 立憲民主党・初鹿明博がしれっとツイッターを再開、下半身スキャンダル以降約1年ぶり

人気記事






▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP