籠池さんは人格攻撃をする女性自身を訴えるべき、混乱に乗じてやりたい放題


LINEで送る
Pocket

女性自身が籠池さんを中傷

籠池泰典氏は「女性自身」(株式会社光文社)を訴えるべきだろう。
女性自身の記事は森友学園の問題とは一切関係がなく、籠池氏の人格攻撃だけを目的にし「瓶底メガネ」「モテない」など、低俗にもほどがある尺度で人格を否定す記事で吐き気がするような内容だ。
籠池泰典氏「まるで別人」同級生語る高校時代のモテ偽装疑惑

週刊誌に限ったことではないが、何か問題があったり事件が発生すると必ず行われる「同級生探し」だが、女性自身の記事は自称同級生の”想像”を、あたかも真実であるかのように書き、名誉棄損も甚だしい。

スポンサーリンク

モテなかったからダメという暴論

森友学園の土地取得問題に端を発し、テレビもネットもこのネタで溢れている。確かに籠池泰典前理事長のキャラはネット的にも注目されやすい面があり、話題が方々へ散らかるのも仕方がない。

ただ、女性自身の記事は森友問題とは全く関係がなく、「瓶底みたいな黒縁メガネ」「髪の毛もフサフサ」と容姿を現在を比較し、学生時代にありがちな平凡なエピソードや噂を掲載し「偽装疑惑」としている。

だが、当時から今とつながる“片鱗”はあったようだ。
「彼が自身満々に話しているときに『それは違う』と思うことが多々ありました。本当は知らないのに知ったかぶりをするんです。中身がないのに、ウソをついて外側だけつくろおうとする。だから誰も寄り付かなくなっていましたね。当然、モテなかったです

学生時代に自分を大きく見せるために嘘を吐いてしまうことは、多くの方が経験したのではないだろうか?それを「今とつながる“片鱗”はあったようだ」などと決めつけ、何故か「当然、モテなかったです」というゲスで余計なコメントを掲載している。「帰宅部で“ぼっち”生活」という表現も、孤独を感じている学生が聞いたら泣きたくなるような表現だ。

このゲスで余計な人物評価「モテなかった」を根拠とし、噂レベルの誹謗中傷も掲載している。

「バレンタインデーのことでした。登校時にはなかったマフラーをつけて帰宅していたんです。見せびらかすかのように。すぐ男子の間で『誰が渡したんや?』と話題になりました。でも彼女がいる気配もないし、渡した相手も見つからない。なので『“モテ偽装”をしたんだ』と言われるようになりました」
真偽は定かでないが、そんな“疑惑”を持たれてしまう籠池氏。

どう考えても、この自称同級生らのイジメでしょう。
マフラーをしていたというだけで、バレンタインデーの「モテ偽装疑惑」とか。学生の噂を大人が本気で記事にして恥ずかしくないのだろうか?

こういう記事にこそフェミニストや人権団体は噛みつかなければならないのではないか?
と、思った次第です。籠池さん、訴えてください。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

取材・調査費支援のお願い

スポンサーリンク

朝日新聞が若手ヤクザを勧誘するお得プラン朝日新聞がヤクザの高齢化を憂い、裏盃というお得プランで若手勧誘

国会で奇声を発し、連行される西中誠一郎復興大臣を激怒させた男、辛淑玉シンパか?国会で奇声を発し衛視に連行された過去も判明

関連記事

  1. 「現実的なテロ対策強化法案を提出する」蓮舫代表記者会見

    【暴露写真】民進党蓮舫の定例会見がガラガラであると身内にバラされ…

    毎度、薄っぺらいことをキリッとした顔で言い放つ蓮舫代表の定例会見。二重国籍問題が取り沙汰…

  2. フジテレビ

    ツイッターでの取材が乞食なら、テレビ画面の無断ツイートはなんなの…

    twitterで取材を申し込んだフジテレビ「めざましテレビ」スタッフに対し、『嫌です。自分で…

  3. ライターの火

    元少年A「絶歌」を薦める長谷川豊氏の無知と無神経ぶり

    元フジテレビアナウンサー長谷川豊さん。自ら炎上する記事をアップしておいて、批判に対して逆に「…

  4. 偏向報道をするテレビを見ないことがカッケーと思ってるひとの矛盾

    写真:テレビばかり見てると馬鹿になるテレビ番組に対する意見などをツイッターに投稿すると、…

  5. 蓮舫、自分の家族をマスコミに売っておいて週刊誌の取材は批判

  6. 石田純一は本当に「言論の自由」を剥奪されたのか?リテラの扇動か?…

    写真:SKY CORPORATIONプロフィールより石田純一の所属事務所が、以下のような…

  7. 鳥越俊太郎「局が税金の使い道を監視すると停波」と発言

    3月14日TBSラジオ「大沢悠里のゆうゆうワイド」内のコーナー"世間ニュース"において、以下のよ…

  8. 東京新聞は福島瑞穂に自著を宣伝してもらった望月記者を処分しないの…

    ニュース女子の司会である長谷川幸洋氏を罵倒して主幹様に媚び、東京新聞への忠誠心を恥ずかしげもなく…




最新の記事

  1. 福島瑞穂が北朝鮮プロパカンダ鵜呑み投稿をシェア、北朝鮮「普通に人が暮らしている、国なら日本も酷い」
  2. 菅野完の暴言を見た反安倍の人「それは成りすましだ!凍結してやる!」都合悪い事は直視しないスタイル
  3. 菅野完「旦那以外の〇〇〇咥えた山尾志桜里」ツイッター凍結に抗議してる人々がぐうの音も出なくなる投稿
  4. 摘発逃れか?白タク問題の加計告発プロジェクトがカンパ中止するも、黒川敦彦が自分の口座で集金を始める
  5. 安室奈美恵引退はアベの陰謀!アベが辞めろ!毎度おなじみのシリーズが始まる

▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

PAGE TOP