福島瑞穂が大変な事に!森友告発プロジェクトが泥沼の内ゲバで延期


福島みずほ議員と田中正道氏が森友告発デモ

森友告発プロジェクトが告発状の提出延期を発表した。
安倍首相を告発するとして大騒ぎしていた面々も、告発状提出が決定した途端に「今じゃない」と次々に辞退を表明していた。
菅野完氏からは共同代表の田中氏が「小指ない。元本職。二十何年刑務所にいた。その俺が命かけてる」と発言したとツイートされるなどの泥沼。その田中氏と度々行動を共にしていた社民党の福島瑞穂議員にも火の粉が降りかかりそうだ。(記事の最後に動画あり)

【森本デモ実行委員会・告発プロジェクトからのお知らせです】

突然ではありますが、お知らせしておりました4月20日予定していた告発プロジェクトからの告発状提出を、下記事由により延期致します。

刑事告発を公表して以来、多くの方々からの賛同や…

Masamichi Tanakaさんの投稿 2017年4月19日

スポンサーリンク

ダサすぎる芋引き

告発状提出発表以降、賛同者だった面々から批判が殺到するという意味不明な状態となっていた。批判の内容は「司法に委ねると国会で追及できない」という今更それを言うかというもの。
実際は、何が違法であるかも明確に指摘が出来ない状態で、告発しても受理されない可能性が高く事実上の「幕引き」となることを回避するという事だろう。結局、違法性のないことを印象操作で騒ぎ立てデモは行うが、結果が見るのは怖いということだろう。
それではここで、結果を見ることから逃亡した面々の言い訳を見てみましょう。

時期尚早なんて言ってますが、そもそも不可能と分かっていた告発を実行されそうになってビビったのでしょう。裁判で争うわけでもなく、ただ告発状を提出するだけの簡単なお仕事。それなのに上限のない寄付金を集め始めた時点で大半の賛同者がドン引きしたことでしょう。

菅野完氏に正体をバラされる?

共同代表の田中正道氏が言う「菅野完氏より「商売の邪魔をされては困る」とのことで、事実と相反することをSNS等で発信され、妨害を受けた」とは、ツイッターに投稿された以下の内容だろう。

このメールが田中正道氏からだとすると「懲役行きたーい」とかアウトでしょうね。
この田中正道氏と行動を共にしていた福島瑞穂さんは大丈夫なのか?
4月16日、告発プロジェクトのデモで田中正道氏と並び立ち吠える姿が動画として残っていますが?

2017年4月16日 衆議院第二会館前
【福島みずほさん&山城ヒロジさんの電話対談】

これはお奨めです。

ご覧ください。

田中 遊梦さんの投稿 2017年4月15日

【引用方法】

引用は半分程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、動画での転載お断り

上記範囲外での利用料金

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。


KSL公式番組!時事問題・ニュース
通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス KSL-Live!ふわっち

柿沢未途野上幸恵街宣風景民進党・柿沢議員「亀戸の客は冷淡」小池パクリ「江東ファースト」

首相「維新は利用できるからいい」 側近に明かした本音:朝日新聞デジタル朝日新聞の捏造?「官邸から足立議員に質問指示」別人が原案を公開

KSL公式番組!時事問題・ニュース
通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス
KSL-Live!ふわっち



最近の記事

  1. 元日大講師が悪質タックル被害の父親を批判「選挙向けの売名行為、嘘泣き記者会見」→続きはメルマガで
  2. 矢野官房長「くそ野郎という感じで報道」を批判する野党は国会で「日本死ね!」と叫んだことをお忘れか?
  3. 玉木雄一郎がデマ「安倍晋三記念小学校として申請されてた」和田政宗議員に論破され有本香氏に呆れられる
  4. 籠池夫妻の長男「菅野完氏経由の保釈金ならお断り!安部政権を倒すために集めた金なら要りません」
  5. 悪質タックル被害選手父親が加害選手の減刑求める、プロフは「息子がきっかけで再開したアメフトに夢中」
  6. 朝日新聞の隠蔽発覚!朝日女性記者にセクハラしたのは朝日新聞の現論説委員でした!#MeToo勢は沈黙
  7. 山口二郎「日大の危機管理は安倍政権から学んでいる」安倍首相を「叩き斬ってやる」って言ってた口で何を
  8. 国民民主党「新しいロゴを発表しました」ゲオとTSUTAYAを丸パクリ疑惑浮上
  9. 検証!朝日新聞は愛媛県文書問題で「首相動静ー2月25日」のを消したのか?勘違いと悪質な改ざんが発端

人気記事






▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP