速報!鈴木まりこが小沢・山本太郎の自由党から立候補、ビジネス右翼だった?


昨年7月の参院選、日本のこころを大切にする党(現 日本のこころ)から東京選挙区で立候補し落選した鈴木まりこ氏が、思想も信条も全く異なる自由党から時期衆議院選挙に立候補することが判明した。

自由党の小沢一郎共同代表は元自民党であり保守の取り込みも理解できるが、山本太郎共同代表は保守とは真逆の主張をしている。山本太郎共同代表らが歩み寄るとは考えられず、鈴木まりこ氏側が歩調を合わせる形になるものと思われる。
国会議員にさえなれれば、思想信条もカメレオンのように変化させるというのか?前回参院選で日本のこころから立候補したのも保守を装った『ビジネス右翼』と批判されても仕方がない。

スポンサーリンク

男の名前を腕に掘るタイプ

正式に自由党への入党が発表された形跡はないが、街宣車まで用意し京都で『自由党』の幟を立てているので入党は間違いないだろう。


続報:続報!鈴木まりこ自由党移籍の狙いは療養中の谷垣禎一前幹事長か?

日本のこころは参院選の投開票日に党規約で支部長を解任し、党籍もないとのこと。

前回参院選の第一声

鈴木まりこ氏と言えばい淫夢新聞のジョークニュース『日本人客に糞尿を食べさせる…韓国のレストラン従業員逮捕』に釣られたツイッターで拡散したことが大問題となった。その際も「ヘイトサイト淫夢新聞を潰すためにやった」と、到底信用することが出来ない弁明を行い再炎上している。
参考:鈴木まりこ(ex.日本のこころを大切にする党)「私は淫夢新聞のヘイトデマが許せなかったから潰した」 たまげたなぁ・・・ – Togetterまとめ

今回の自由党入党の件でも批判は免れないが、ツイッターアカウントやホームページはどうするのだろうか?
ツイッターアカウント名は「@marikokoro556“kokoro”こころという文字列を使っている。ホームページのドメインは「marikokoro556.tokyo.jp」と、“kokoro”だけでなく“tokyo”東京選挙区を意味する文字列を使っている。
今となっては後悔しているのだろう。
まるで、男の名前を腕に彫るヤンキー女のようだ。
鈴木まりこの党遍歴

続報→続報!鈴木まりこ自由党移籍の狙いは療養中の谷垣禎一前幹事長か?

【引用方法】

引用は半分程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、差別的なコメントを集める目的での引用禁止、動画での転載お断り

上記範囲外での利用料金

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。


KSL公式番組!時事問題・ニュース
通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス KSL-Live!ふわっち

野間易通さんのツイート 改札入るときと出るときに、ひとことずつ駅員に文句を言おう。「失敗したミサイル実験でいちいち電車止めてんじゃねえよボケが」 https t.co 4HqlQKa3o4デマ「安倍が地下鉄止めた」しばき隊の野間さん「駅員に文句を言おう」

鈴木まりこの狙いは谷垣禎一か?続報!鈴木まりこ自由党移籍の狙いは療養中の谷垣禎一前幹事長か?

KSL公式番組!時事問題・ニュース

通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス
KSL-Live!ふわっち



最近の記事

  1. 告発!フジテレビ「グッディ!」が麻原死刑報道で捏造か?情報提供者「全く事実と異なる説明をされた」
  2. 山本太郎が暴行!内閣委員長の腕に掴みかかりマイクを損壊する暴挙、質疑では終始暴言パフォーマンス
  3. 社民党の増山麗奈と福島瑞穂参院選演説
  4. 【祝】ネットギークさんが左翼に転向!田中龍作が被災住民に成りすまし隠し撮りした写真を絶賛
  5. 菅直人、総理だった記憶を消去「安倍総理は東日本大震災の時も超党派で対処せず」その時の総理はお前だ!
  6. 朝日新聞「運動部のみんな、熱中症「もうダメだ」の勇気を」津田大介「夏の甲子園は朝日の主催やんか」
  7. 安倍のライバルw黒川敦彦「選挙運動に関わる会計帳簿」を記載していない模様!現在、必死に誤魔化し中
  8. 立憲民主党支部長「5日夜はパーリィのダブルヘッダー」真山勇一「災害時、野党に権限はないのでOK」
  9. 災害デマ「自衛隊が支援物資をコンビニに輸送し販売された」深刻な食糧・水不足は避難所以外で起きている
  10. 最悪の取材方法!田中龍作が被災地住民を装って避難所に潜入、訪問の安倍首相を待ち伏せして直撃する

人気記事






▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP