虫を野に放す理由とは何か?


LINEで送る
Pocket

kabutomushi
先日、このポータルの昆虫ニュースでも配信したニュース
“夏に採取したカブトムシやクワガタ。自然に帰すときのルールって?”(nikkansports.com)
http://housing.nikkansports.com/news/f-hs-tp0-20130906-2013090751463.html
※元はSUUMOジャーナルで配信された記事

スポンサーリンク

飼育した虫を野に放す理由など考えられない

記事全体の論調としては「最後まで責任を持って飼育するのがマナー」という一般的なものである。
しかし、どうしても違和感を感じる一文がある。
「採取したものの家庭の事情などにより飼育が難しい場合
この一文だ。
現実問題として考えてみたら、たかが夏休みに少数飼育する程度のクワガタ・カブトが飼えなくなる事情ってなんだろう?
百均でも買える昆虫ゼリーでしばらくは問題なく飼育できるので経済的事情は考えられない。
疾病などによる衛生面の問題なら誰かに引き取ってもらえばいい。

これらの選択肢を超える「事情」ってなんなんでしょう?
ちょっと考えてみても思い浮かばない・・・
無論、風習や宗教儀式である放生会でもない。

極論ですが、生き物を飼うにあったっての覚悟って・・・
最後は自分の手で〆る、殺すってことなんです。

虫を野に放す理由など、言い訳でしかない。
「自分は想定外な事に見舞われた」
「これを期に自然に返してあげよう」
自己中心的なエゴイズム、こんなところでしょう。

ミクロでは少数でもマクロでは多数

過去の記事でも書いたが、一度飼育した昆虫を野に放す行為については、原則的にNGです。この放虫については「同種同地域の昆虫を少数なら問題ない」という意見があります。
これも事実だと思います。
ただ、問題となるのは、その「少数」という状態を “いつ” “だれが” “どのように” 保つのか?ということ。

少しくらい、自分だけなら・・・
この、個々の「少数」という発想が、社会全体となると「多数」となることは明白。「少しだけ」と、飼育昆虫を野に放す人が、どの地域にどれだけ存在するかを把握することは困難である。
要するに、社会の個々人の行動を定量的に把握しコントロールできないということだ。ミクロでは少数でもマクロでは多数となることの怖さはここにある。
マクロを日本全体とまで視野をひろげなくとも、地域という単位でも軽視はできない。地域での捕獲数と販売数、飼育下での繁殖数などからして相当数の昆虫が家庭で飼育されていると考えられる。
夏に昆虫を飼育することが一般的な日本においては飼育者数も多く、個々人での放虫数が2匹か3匹かの僅かな差ですら、致命的な事態を招きかねない。
多数が放たれるとなると、生態系において処々の問題が生ずることは否定できないでしょう。

学術的に考察して、同種同地域の放虫なら問題なしと主張する方もおられるようだが、その視野には「虫」しかなく、社会に棲む「人間」という生き物の行動と脅威が見落とされているように思えてならない。

掲示板、まとめサイト転載歓迎ですが全文転載はご遠慮ください(全文の場合は冒頭と最後の2か所に出典リンク、引用URLはテキストではなくリンクで。動画での転載はお断りしています。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク

オークション取引に関するお願い

クワガタ・カブトはなぜ「余品」と呼ばれるのか?

関連記事

  1. 昆虫交尾図鑑著作権問題の「虫ナビ」が新たに証拠を捏造

    密輸由来のカブトムシを「合法輸入」とする画像の捏造が発覚した虫ナビ管理人。…

  2. 3年間育てたゾウカブトの幼虫が全部♀で羽化した時の気持ちがお前ら…

    二度とゾウカブトは飼いません・・・丸々三年間も育てたMegasoma gyas porioniギ…

  3. BE-KUWA(ビークワ)54号書評

    史上最低と酷評された52号、ギネス発表じゃなきゃヤバかった53号。もう土俵際としか言いようのない…

  4. 韓国の珍説「日本人が名付けた韓国在来種の学名は変えるべき」とか・…

    【萬物相】日本人が名付けた韓国在来種の学名Chosun Online | 朝鮮日報 ht…

  5. 菌床から出る水分を有難いと思ってるのはクワガタブリーダーだけ

    菌糸ボトルから出る水分は害悪菌糸ボトルでクワガタの幼虫を飼っていると、ボトルの側面や底部に水…

  6. 『疑惑』の疑惑、グラン×ビノ交雑実験の『疑惑』

    一部で信用してしまっている人がいるようなので書いておきます。『疑惑』と題する交雑実験ブログ…

  7. 犯罪者に飼育技術を教わるほど研究者はバカではない。

    写真:【海洋堂】 国立科学博物館 カプセルミュージアム ヤンバルテナガコガネ特定外来生物…

  8. 【ニュース】新種のクワガタムシ2新種+1新亜種【月刊むし2014…

    クワガタファン注目のニュースです。月刊 むし2014年08月号にクワガタムシの新種2種と新亜…




最新の記事

  1. イクラ不法所持の疑いで暴力団幹部を逮捕!「サケは盗んだがイクラは盗んでいない」と供述
  2. 長谷川豊が史上最悪の暴言「結婚しない男は殺せ!女の知的水準低いと子供を多く産む、計算できないから」
  3. 検証「雪見だいふく」に業務用や学校給食用は本当に存在するのか?
  4. 立憲民主党・福山哲郎、元AV女優・夏目ナナの経営するバーの代金を政治資金で支出していた!
  5. ネットギーク「TBSの加計報道は数字捏造、謝罪しろ」←現役学部生が降臨、ネットギークの間違いを指摘1
  6. 希望の党共同代表に玉木雄一郎氏「森友・加計問題調査チーム」は玉木氏の獣医師連盟献金問題をどう扱う?
  7. 福島瑞穂からのクイズ「国会前の朝鮮半島で戦争をするなの集会での挨拶です」正解者が出るとは思えない
  8. 【証拠写真】60億円詐欺で逮捕された一味、中国「レーニン学校」に寄付?放射能不安ビジネスでも逮捕 (2)
  9. 差別?暴言「韓国人留学生を全員生き埋めに」モリカケ追及団体代表が今治獣医学部の留学生受け入れを揶揄
  10. 兵頭正俊の炎上商法発覚「安倍政権下で日馬富士がビール瓶で殴った」意味不明→「続きは有料メルマガで」1

▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP