KSL-Live!

いろいろ読める、メディア業界21世紀枠


クワガタ・カブトはなぜ「余品」と呼ばれるのか?

      2015/05/02


LINEで送る
Pocket

yohin
「余品」
読み方は「よひん(余品)」または「あまりひん(余り品)」である。
この言葉、実はクワガタ・カブトのブリーダー独特の言葉なのです。
調べてみても99%以上がクワガタ・カブトのブリーダーであり、その他ではほとんど使われていません。

記事の続きは下部へ

スポンサーリンク

・「余品」は常用語ではない?
この「余品」という言葉の意味をしらべても、「余剰品」など生産関連の用語しか見当たらず、やはり一般的な言葉ではないことが分かる。
クワガタ・カブト系以外では仏教用語として同じ言葉がある。
日蓮の教えを示す『月水御書』に「余品は皆枝葉にて候なり」という一説があるようだ。
読みは「よひん」ではなく「よほん」
コトバンクhttp://kotobank.jp/によると、ここでの「品(ほん)」とは「仏典の中の編や章に当たるもの」らしい。
宗教には詳しくないのだが、やはり「その他」のような意味合いがあると思われるが、その他は「余」で、「品(ほん)」という言葉は仏典の中の編や章、または「位」を示す時にも用いられる特別な意味もあり、表記が同じだけで「よひん」とは意味は違う。

※筆者は日蓮を祖とする宗教、宗派とは関係ないため「大聖人」等の表記はあえて使用していません。

・なぜ「余品」と表記するのか?
一般的ではないうえ、生き物を扱うにあたり、一種タブー的な「余り」という字をなぜ、当てているのか?
それは「私はブリーダー」という主張なのかもしれない。
「あくまで自分は趣味の飼育であり、趣味の過程で増えた個体、即ち”余ってしまった個体”を販売しているのである」
という一種の弁明で「余品」と称して販売し、幼虫など想定外の数が採れてしまう場合は、まさしく「余品」であるという考えでしょう。
金銭目的の飼育と思われたくない、というポリシーはブリーダーとしては当然とも言えます。

もう一つの理由としては、ネット創世記において、ネットでの販売に関する法律が非営利に対して、どの程度適用されるのか不明点が多く、非営利の定義も周知されていませんでした。
本来は、ネットで販売をする時点で特定商取記法に基ずく表記(特商表記)を行い、金額によっては税務申告を行わなければならない。
しかし、個人で特商表記を行う場合は、事業所が存在しないため、自宅の住所や連絡先と個人名を記載しなければならない。これは怖い。
それらの法的縛りを回避するために「あくまで個人の消費の過程で不要となったもの」とするために、やむを得ず「余り品」と表記したという側面もある。
無論、「余品」と表記すればすべての関係法令を回避できるわけではありませんが。

※一部事業者が使う「余品」は製品開発の過程で試験的に飼育した個体を販売する場合に用いています。
※自己の運営するホームページ等に、余品であっても取引の場を常設する場合は特商表記が必要と思われます。

・違和感を感じながらも・・・
いずれにしても、言い訳ととられて仕方のない理由でもあります。
しかし、ブリーダーが「余品」という言葉を、好んで使っている訳では無いということも見えてきます。
金銭が絡む以上、責任をもって「商品」として扱うべきだいう意見ももっともでしょう。
生き物に携わる者たち、誰しもが「違和感」を感じながら使い続けて10年以上・・・
そろそろ別の呼称が登場しても良さそうですが、なかなかしっくりくる呼び方ってありませんね。
「余品」という言葉を痛烈に批判する方も少なからず存在しますが、税法、特定商取引法、モラルの問題をすべてクリアできてこそこの「余品」という言葉を正面から否定できるのでは?と私は考えます。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

関連記事とSNSボタンは下部へ

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

 - 昆虫・生物関連 ,

コメント

  1. ksl-live より:

    余品の由来や意味を考えてみた

  おすすめ記事

no image
放虫問題と標本

相変わらずYahoo知恵袋では、放虫する場所を尋ね …

犯罪者に飼育技術を教わるほど研究者はバカではない。

写真:【海洋堂】 国立科学博物館 カプセルミュージ …

哀川翔さんのギネス更新カブトムシはどれだけスゴイのか?

写真:国産かぶとむし成虫ペア @1,080円 俳優 …

no image
エタノールはカビに効かない

そもそもエタノールがカビを殺すには少なくとも数分間 …

no image
エコかエゴか?カブトムシを撒く大人たち

環境教育と情操教育はリンクする部分が多い。 「エコ …

【LEGO】レゴで作った昆虫が本物の標本にしか見えない

これ本当にレゴ? 遠目には本物の昆虫標本にしか見え …

「顔のないカブトムシ」は放射能による奇形ではない。

以下の動画をご覧いただきたい。 2014盛夏!フク …

no image
「美しすぎるカブトムシ図鑑」というグラビアがある

先日、本書の出版に関わった方からお話を伺う機会があ …

哀川翔さんには大変お世話になってます。昆虫業界への影響力公開!

監修 哀川翔 はじめてのカブトムシ飼育BOOK 哀 …

no image
外国産ハナムグリにまつわるデマ

外国産ハナムグリ解禁と言うデマは止まらないようだ。 …