【検証】一つの制作会社がテレビ局を乗っ取っている!と言うデマが流れた経緯


LINEで送る
Pocket

制作番組 株式会社 泉放送制作
写真:泉放送制作

日本のテレビ局が偏向報道を繰り返す理由を「日テレ・フジ・TBS・テレ朝の16番組以上を1つの制作会社が担当して偏向報道やりたい放題。日本は乗っ取られた」とする噂が、あらゆる場面で真実のように語られるようになっている。
これはデマである。デマが発生した経緯も判明している。
デマ→日テレ・フジ・TBS・テレ朝の16番組以上を1つの制作会社が担当して偏向報道やりたい放題。日本は乗っ取られた | netgeek

結論から言うと「泉放送制作一社で多番組は作れない」という事です。また、番組はテレビ局が作っており、そこに多くの制作会社が出入り業者のように関わるのが通例だそうだ。今回、デマを流された泉放送制作も、プロデューサー等の業務を請け負い制作には加わっているが、当然ながらテレビ局のプロデューサーも参加しており、強い権限を持って仕切っている。
参考:【偏向?】殆どの情報番組を1つの会社が?!デマはどっちだ?【そんなわけないw】#泉放送 #泉放送制作 – NAVER まとめ

上記のリンクでも紹介されているが、泉放送製作だけが複数の番組に参加しているわけではなく、同様の会社や多種多様な会社が複数入り乱れる形で番組は作られている。どんな業種でも同じことであるが、下請けや出入り業者がどんなに多くの仕事を請け負っても、発注者の意図に反することはできない。よって、今日の偏向報道はテレビ局と親会社の新聞社がメディアを支配し、都合の悪い政権は徹底的に叩くという体質にあり、下請けの制作会社がどうこうできるレベルではない。
このデマが流れた経緯も把握できたので記しておく。

スポンサーリンク

プロデューサーの「名前」から始まった

このデマは数年前に始まったサンデーモーニングのプロデューサー(当時ディレクター)叩きに端を発する。
※7/17 泉放送製作→サンデーモーニングに訂正

確認できるもので古いものは、2013年のTBS「サンデーモーニング」の特別番組『報道の日2013』の内容がネット上で批判を浴び、その中で番組ホームページに記載された「チーフディレクター:金富隆」と言う名前が話題になり、名前の特徴から出自などが揶揄される。後に判明するのだが名前の区切りは「金 富隆」ではなく「金富 隆」である。
報道の日2013 TBSテレビ

これ以降も、サンデーモーニングの偏向ぶりは毎週のように問題視され、金富プロデューサーが別番組でコメントした際の顔写真のキャプチャーが出回るようになり、名前や顔の特徴を揶揄されるようになる。
この流れが数年間続き、2017年6月19日に匿名掲示板「2ちゃんねる」にサンデーモーニングの出演者や制作会社を批判する投稿が行われる。関連する投稿は3件あり、同一人物による投稿だ。
安倍内閣支持率の急落、原因は老害が「加計」報道に騙されたせいだと判明wwwwwwwwwwwwww
出典:安倍内閣支持率の急落、原因は老害が「加計」報道に騙されたせいだと判明wwwwwwwwwwwwww

内閣支持率が、テレビを見ている時間が長い世代に影響されているというスレッドで、話の流れの中に3件のみ、同一人物によってこの話題が投稿され、感想コメントも数件のみだった。これを、まとめサイトが当日中に“ネタ”的にタイトルを付け直し拡散をした。(直後にスレッドが新たに立つ)
参考:【ねらー震撼】TBSひるおび、サンモニ、フジめざまし‥などなどぜんぶ1つの会社が制作してると判明!やり放題ワロタwwwwwwwwww | もえるあじあ(・∀・)

さらに、保守の会会長の松山昭彦氏が自身のブログで「反日」「在日」というキーワードを使い取り上げる。これを機に、保守層や中韓を批判する層に拡散されるようになる。
参考:えっ!反日テレビの制作は一つの会社が作っていた。各局は在日の比率をオープンにすべきだ。 – さくらの花びらの「日本人よ、誇りを持とう」 – Yahoo!ブログ

2ちゃんねるに投稿された、たった3件、しかも同一人物が投稿した内容が、僅か7時間で大きく変化して「泉放送制作がテレビ局を乗っ取っている!」と言う話になってしまったのだ。

そして翌日、悪名高い「netgeek」が独自情報であるかのように盗用し、民進党批判まで付け加えたことでSNSを中心に真実であるかのように伝播していく。ここまでたった24時間しか経過しておらず、ネットの噂の恐ろしさを証明する形となった。
参考:日テレ・フジ・TBS・テレ朝の16番組以上を1つの制作会社が担当して偏向報道やりたい放題。日本は乗っ取られた | netgeek

ネットギークはゴミです。コイツがネタをパクった時点で重要な情報もゴミと化す。
マスコミの偏向報道は根が深い、このようなデマで語れるほど単純ではないだろう。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

取材・調査費支援のお願い

スポンサーリンク

望月衣塑子さんのツイート #加戸 守行前愛媛県知事 が #国家戦略特区 WGで示した2枚の資料これ https t.co tWryLH8Upk 加戸氏は元文科省の役人で獣医学の専門家でない。資料もエボラ出血熱(MERS)を火星(MARS)と書き間違えているhttps t.co EatRh7uu8S官房長官に食い下がる東京新聞の望月衣塑子記者は読者の質問はすべて無視している

木村真豊中市議事務所前の歩道策に安倍辞めろ豊中市議が「安倍は辞めろ」国道脇歩道柵にプラカード無断設置、国道事務所の撤去要請も拒否

関連記事

  1. 日本共産党浅賀由香公職選挙法違反

    東京新聞が共産党の公選法違反をモザイク処理で報じる

    写真:東京新聞より東京新聞は6月2日付の記事で、日本共産党候補の公職選挙法違反の写真をモ…

  2. 選挙違反を取材も調査もせずに指摘したら自分が違反者になるかもよ

    さて、今日は2件の公職選挙法違反に関する取材・問い合わせを行いました。どちらも記事にはしませ…

  3. 毎日新聞逃亡中!モーニング編集長が毎日新聞のデマを公式に否定

  4. 高市早苗総務大臣国会答弁

    テレ朝の椿事件や民主の「電波止めるぞ!」で電波は止まったか?

    写真:高市早苗HPより高市早苗総務大臣が「放送局の電波停止」の可能性に言及したことが大き…

  5. ヘルメットをかぶって作業服を着た作業員が、走って工事現場へ向かう

    田中龍作「作業服姿で日焼けしたオッサン」などと宮古島住民を誹謗

    BLOGOSはいつまでこの男を放置しておくつもりか。昨年、長谷川豊が「透析患者を殺せ」という…

  6. 増山麗奈(社民)がデマで報道不信を煽る、3・11の反省なし

    反省も学習もしない人。それが増山麗奈(社民党)だ。地震発生時に避難や備えの判断をするために報…

  7. 岡山理大:新学部 今治に獣医学部、事業者は加計学園 来年4月開学へ今春着工 /愛媛 - 毎日新聞 (1)

    加計獣医学部、毎日新聞が「国の基準に照らすと優れた教育環境」と報…

    来春、学校法人加計学園が愛媛県今治市に新設する獣医学部に関し、連日マスコミは「加計学園問題」…

  8. 山下慶一郎(荒尾市長)

    新聞記者が市長へ「気が変わったら連絡を下さい」朝刊で未練伝える

    写真:荒尾市HP市長プロフィールよりなんだか切なくなるような記事を読んだ。西日本新聞…

コメント

  1. okemos より:

    デマの検証をしつつ、「日本の報道は偏向している」は確定事項のように扱ってんのね。

  2. tsukiji3 より:

    netgeekを扱き下ろしつつnaverを引用するという片手落ち感

  3. Louis より:

    「結論から言うと「泉放送制作一社で多番組は作れない」という事です。また、番組はテレビ局が作っており、そこに多くの制作会社が出入り業者のように関わるのが通例だそうだ」

  4. otokinoki より:

    “2ちゃんねるに投稿された、たった3件、しかも同一人物が投稿した内容が、僅か7時間で大きく変化して「泉放送制作がテレビ局を乗っ取っている!」と言う話になってしまったのだ。”

  5. kowyoshi より:

    netgeekは汚物だけど、このサイトも汚物なので殺しあって欲しい

  6. sophizm より:

    ”ネットギークはゴミです”:【検証】一つの制作会社がテレビ局を乗っ取っている!と言うデマが流れた経緯 | KSL-Live!

  7. m_shinzaki より:

    naverまとめも十分netgeekと同レベル(あるいはそれ以下)だと思うんですが、その辺いかがでしょうか

  8. sibukixxx より:

    事実がどうあれ他者を「ゴミ」扱いして信用得られると思ってんのかね




最新の記事

  1. 【捏造】どっちが雑魚なのか?「米山隆一が和田政宗の倍以上の得票」は野党支持者によるデマ!
  2. 日本人差別のアカウントをツイッター社は放置?意図的に凍結から除外しているとしか思えない
  3. 上西小百合議員がSPEEDメンバー入り?TBSビビットが世代差別で同じ括りに
  4. 福島瑞穂さん辺野古で機動隊に排除される→あっさり諦めて沖縄観光を満喫「シーサーかわええなぁ」
  5. 遂に捉えた!福島瑞穂が工作員に暗号を発信、瞬時に消されたがスクショに成功!

▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

PAGE TOP