フィリピンヒラタクワガタ


Wikis > 昆虫wiki > クワガタムシ > フィリピンヒラタクワガタ
LINEで送る
Pocket

種の概要|形態・外観的特徴|分布|生態|飼育方法|ブリード方法|その他|参考文献・サイト

種の概要


学名:Dorcus titanus imperialis Fujita, 2010
和名:フィリピンヒラタクワガタ

地域により変異があり、詳細な産地によって流通名が分けられている。
・ヒガシルソンヒラタ
※カタンドゥアネス島の個体のみテイオウオオヒラタとして扱われる
・ニシルソンヒラタ
・ネバービスカヤヒラタ
・マリンドックヒラタ
・サマールヒラタ

テイオウオオヒラタ(テイオウヒラタ)について
多くのウェブサイトやブログで、学名をDorcus titanus typhonとしているが、近年の亜種分類でフィリピン北部のものがフィリピンヒラタDorcus titanus imperialis Fujita, 2010 として記載され、テイオウヒラタもこれに含まれている。
ケソンなどを含め通称ヒガシルソンヒラタ全般が「テイオウ」として流通しているが、「テイオウ」の呼び名はカタンドゥアネス島産のみに限定して付けられた名前である。
以下は、既に休止してるサイトであるが、最初に「テイオウ」という通り名を付けた方の記述と思われる。

テイオウオオヒラタについて一言!
最近、よくテイオウオオヒラタでケソン産とかよく販売されているのをよく見かけるようになりましたが
テイオウと呼ばれるオオヒラタは、もともと巨大で極太だったとものにつけた和名の通り名で、テイオウと呼ばれるものは、カタンドゥアネス島産のみである。2000年7月につけられた最初の通り名である。詳しく言えば1999年11月下旬にカタンドゥアネス島で連続して100UPが採集され,2000年1月に持ち帰っている。
それを見た私は頭幅はスマトラ、体長はパラワンなみだったために、ティタヌスの王様と思われる大きさが採集されたために、通り名としてテイオウと命名したのである。
http://www.kbn.ne.jp/home/daikoku3/ibennto.html

形態・外観的特徴


野外サイズ♂mm~mm ♀mm~mm
飼育サイズ♂mm~mm ♀mm~mm

分布


フィリピン北部(ルソン島・カタンドゥアネス島・マリンドック島・シブヤン島・サマール島・レイテ島・ミンドロ島)
※ミンドロ島での分布は不明

生態


飼育方法


ブリード方法


その他


参考文献・サイト


BE-KUWA(ビー・クワ) No.44 2012年 08月号 [雑誌]

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

取材・調査費支援のお願い

スポンサーリンク

 

ヘラクレストゥクストラエンシスオオカブトムシ

スマトラヒラタクワガタ




最新の記事

  1. 遂に捉えた!福島瑞穂が工作員に暗号を発信、瞬時に消されたがスクショに成功!
  2. 有田芳生が小沢一郎を批判「国民の生活より自分の生活が第一、政治不信を深める役割りしか果たさない」
  3. 自民党より共産党政権を望む人が4%、二択なら共産主義も受け入れ?
  4. 速報!安倍総理に対する告発状が地検から突き返される、内容がデタラメ過ぎた模様
  5. 福島瑞穂が千鳥ヶ淵で大暴言!戦没者に対し「死者の人たちが地中から蘇り、力を合わせて共に戦う」

▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

PAGE TOP