奄美市、採集捕獲規制にマルバネ、シカクワ等が指定される


mushitori
奄美市で制定されている「奄美市希少野生動植物の保護に関する条例」に、2013年10月1日より条例に基づき特に保護を図る必要がある種として、奄美市指定希少野生動物22種と及び、奄美市指定希少野生植物35種が指定されました。

スポンサーリンク

奄美市ホームページ参照
http://www.city.amami.lg.jp/kankyo/machi/shizen/sekaisan/kisho.html

捕獲・採取等が禁止される指定種の中で昆虫類は以下11種
アマミキンモンフタオタマムシ(タマムシ科)
ヒメフチトリゲンゴロウ(ゲンゴロウ科)
フェリエベニボシカミキリ(カミキリムシ科)
ヨツオビハレギカミキリ(カミキリムシ科)
アマミマルバネクワガタ(クワガタムシ科)
アマミシカクワガタ(クワガタムシ科)
アマミミヤマクワガタ(クワガタムシ科)
マルダイコクコガネ(コガネムシ科)
ハネナガチョウトンボ(トンボ科)
アマミナガゴミムシ(オサムシ科)

※ウケジママルバネクワガタ(クワガタムシ科)はすでに鹿児島県の「鹿児島県希少野生動植物の保護に関する条例」で、捕獲・採取等が禁止されています。

規制による弊害と注意点
こういった規制に関しては賛否両論あるようです。
「捕獲・採取の規制に対して、周辺地域の開発等に関しては甘い」
「個体数の減少予測は、捕獲ではなく開発による減少では?」
「節度ある採集者が生息地から去り、マナーの悪かった者が密漁者として横行するだけ」
などなど、早速各所で意見が交わされているようです。

しかし、規制に反発するだけではなく、過去の事例を基に昆虫愛好家が襟を正さねばならないこともあるかと思います。
規制が始まると必ずと言っていいほど起こるのが、「価格高騰」「希少価値」などの煽りです。
「もう手に入らない」そう思えば一層欲しくなるのが、愛好家の性でしょう。
このマインドは、昆虫に限らず数多ある「収集」という文化では当然の反応であり、決して悪い事とは思いません。
しかし、トカラノコギリクワガタの時もそうでしたが、販売する側の露骨な煽りは客観的にみて良い事とは思えません。
過度に希少価値をアピールする事や、市場価値からかけ離れた価格設定に対しては、近年愛好家が冷ややかな目で見るようになり、一定の自浄作用もあるようでトカラノコギリクワガタも、販売者の煽りどうりに高騰することはありませんでした。

販売側に悪意がなくとも指摘される
煽り文句の意図がなくとも、愛好家として、その希少価値を明記するのも当然ではあります。
しかし、場合によっては県警や自治体から指摘を受け、削除要請が入る場合があります。
理屈としては、愛好家以外が表面上の希少価値、価格だけを見て密漁に走るケース、または違法と知らず乱獲するケースがあるという事です。
これが「犯罪の助長」として指摘を受けるケースは過去にも発生しています。
この指摘を受けやすいのは、煽り以前に違法採集の疑いがある出品です。
県警担当者は明言しませんが、違法の疑いがある出品削除の口実として「犯罪の助長」が使われているようにも思えます。

それ、本当に「欲しい」ですか?
前述、希少価値により「欲しい」と思うことは当然と書きましたが、そのマインドはある程度コントロールする事も必要でしょう。
いままで、さほど欲してなかった種を、規制が始まった途端に確保しようとする行為、それは格好の良い事とは言えません。
特に、活き虫のブリーダーは増えた虫を販売することを視野に入れる傾向にあるので、種ごとの価値(価格)には敏感なようです。
しかし、もとから欲してなかった種ですから、飼いさえしなければ経費もかかりません。
それを、規制がスタートした途端に「確保」して増やそうという行動はいかがなものでしょう。
一体、虫のなにを見ているの?
と、愛好家としての資質を疑われる行為ではないでしょうか?

取材・執筆のご支援をお願いします

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

保護される昆虫の取り扱いと見解

カブトムシはスイカ食っても下痢しませんよ、マイナビさん。




全文転載厳禁→引用ルール

最近の記事

  1. 共産党に大ブーメラン!麻生大臣を「ブタ」で擬人化するマンガを公開→批判受け削除、自民党の冊子より悪質な内容
  2. 【改憲・広島代理戦争】鈴木宗男の街宣中に自民・河井あんりがバッタリ!ムネオ節で「河井支持」呼び掛け改憲勢力が結集
  3. ブーメラン蓮舫「子供を産んだかどうかで女性を評価するな!」→有本香「女性候補者が◯児のママ、子育て経験を選挙の売りにしてるよね?」
  4. 新事実発覚!CBCテレビ報道部公式「報ステ富川アナ気持ち悪い」「ネトウヨが静かね。」←これにいいねしたヤツが和田政宗氏を中傷?
  5. CBCテレビ報道局が和田正宗氏への中傷投稿を釈明「ツイッター乗っ取られた」と言わんばかり「報道部員が投稿した形跡はない」
  6. CBC報道局ツイッターが和田政宗候補にクソリプ「ちょっと小突かれただけ、大げさというより売名行為」選挙活動中の暴行被害を揶揄
  7. 共産党の選挙カーが一般車に追突、女性2人が緊急搬送!共産党「候補者は乗車していません」←それは関係ない
  8. 【動画】東京新聞・望月記者がフェイクニュース「辺野古赤土投入」を事実として質問、官邸が再発防止要請
  9. 金平茂紀、朝日新聞のハンセン病家族訴訟の誤報に「この記事が控訴断念のひとつの要因でしょう」←大嘘、朝刊より先にNHKが「断念」と報道



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

PAGE TOP