韓国籍の男が日本人の大量虐殺を予告→女性の首を切りつけるヘイトクライムを実行

SNS

韓国籍の男が日本人に対する大量虐殺をツイッターで予告→女性の首を切りつけるヘイトクライムを実行

22日午前1時頃、東京都世田谷区のコンビニ前で、店を出た女性が首をナイフで切り付けられる事件が発生。警視庁世田谷署は韓国籍の自称プログラマー、金輝俊(キム・フィジュン)を現行犯で逮捕した。
金容疑者は「そんなことしていません」と容疑を否認しているが、本人と思われるツイッターには日本人に対する大量虐殺の予告が投稿されていることが判明した。


これはヘイトクライムでありテロである

犯行予告が投稿されたのは21時59分で、犯行の約3時間前である。
この人物は8月初旬にも繰り返し「イギリス/韓国連合軍で日本を滅ぼす」「宣戦布告」といった投稿を行っており、その投稿を引用する形で犯行予告を行っている。

これらは韓国人による日本人への無差別ヘイトクライムの予告であり、なぜこの投稿が今まで放置されていたのかは不明である。
先日も、ツイッター社が日本に対して侮蔑的な投稿を放置していることを当サイトでも報じたが、このようなテロが予告され実行に移された以上、ツイッター社も対応を考え直す必要を迫られるだろう。

関連:日本人差別のアカウントをツイッター社は放置?意図的に凍結から除外しているとしか思えない

皆様の支援が必要です KSL-Live!からのお願い

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細

【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

OFUSEで支援する

このサイトをフォローしよう